(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(B. Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 2(第2章) Index  Contents(目次)
* 右上イラスト:第37回「ラッセルを読む会」案内状から.

第一部 教育の理想
 第2章 教育の目的(承前:OE02-160)


 我々のリストの3番目の性質(特質)としてあげた感受性,は,ある意味では,単に勇気を'矯正する'ものにすぎない。危険を感知することのできない人にとっては,勇敢な行為は容易であるが,そういった勇気は愚かである場合が多い。無知や怠慢(←忘れっぽさ)に基づく行動(様式)は,いかなるものも満足すべきものと見なすことはできない。なぜなら,最大限充分に知り理解することは,望ましいもの全てにとって,不可欠の要素だからである。しかし,感受性の認知的な側面は,知性のなかの項目(←'一頭')にはいる。私が(現在)使っている意味での感受性は,感情(的側面)に属する。純粋に理論的な定義では,多くの刺激がある人の中に多くの感情を生じさせれば,(それだけで)その人は情緒的に感受性に富む,ということになるだろう。しかし,このように広義にとった場合は,この性質は必ずしも善いものではない。感受性がよいものであるためには,情緒的な反応は,ある意味で,適切なものでなければならない。単に感受性が強いということだけが必要なのではない。私がいま考えている性質は,多くの事物によって,また正当な事物によって,愉快になったり不愉快になったりする性質である。正当な事物とは何かについて,説明を試みよう。大部分の子供が生後五ケ月頃に踏み出す第一歩は,'食べもの'とか'暖かさ'とかいう単なる感覚的な喜び越えて,社会的に認められるという喜びに進む(を体験する)ことである。この喜びは,生じるとすぐに,急速に発達する。なぜなら,子供は皆ほめられるのが好きであり,叱られるのが嫌いだからである。通常,よく思われたいという願いは,その人の一生を通じて支配的な動機の一つであり続ける。それは,確かに,善い行動を刺激するもの(刺激物)として,また貧欲な衝動を抑制するもの(刺激物)として,非常に価値がある。もし私たちが子供をほめるときにもっと賢ければ,この願いはますます貴重なものになるかもしれない。しかし,最も賞賛される英雄(松下注:日本でいえば織田信長,イギリスでいえばキャップテン・ドレイクやネルソン提督,フランスではナポレオン,といったところか)が,(これまでのように)最も多くの人間を殺した人物であるかぎりは,賞賛への愛好だけでは,善い人生にとって十分とは言えない。

Chap. 2 The Aims of Education (OE02-160)

Sensitiveness, the third quality in our list, is in a sense a corrective of mere courage. Courageous behaviour is easier for a man who fails to apprehend dangers, but such courage may often be foolish. We cannot regard as satisfactory any way of acting which is dependent upon ignorance or forgetfulness: the fullest possible knowledge and realisation are an essential part of what is desirable. The cognitive aspect, however, comes under the head of intelligence; sensitiveness, in the sense in which I am using the term, belongs to the emotions. A purely theoretical definition would be that a person is emotionally sensitive when many stimuli produce emotions in him; but taken thus broadly the quality is not necessarily a good one. If sensitiveness is to be good, the emotional reaction must be in some sense appropriate: mere intensity is not what is needed. The quality I have in mind is that of being affected pleasurably or the reverse by many things, and by the right things. What are the rights things, I shall try to explain. The first step, which most children take at the age of about five months, is to pass beyond mere pleasures of sensation, such as food and warmth, to the pleasure of social approbation. This pleasure, as soon as it has arisen, develops very rapidly; every child loves praise and hates blame. Usually the wish to be thought well of remains one of the dominant motives throughout life. It is certainly very valuable as a stimulus to pleasant behaviour, and as a restraint upon impulses of greed. If we were wiser in our admirations, it might be much more valuable. But so long as the most admired heroes are those who have killed the greatest number of people, love of admiration cannot alone be adequate to the good of life.

(掲載日:2007.02.12 更新日:)