(本館)  (トップ)  (分館)

バートランド・ラッセルのポータルサイト


『ラッセル教育論』(B. Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 2(第2章) Index  Contents(目次)


第一部 教育の理想
 第2章 教育の目的(承前:OE02-030)


 中国の教育は、'安定'と'芸術'を生み出した。(しかし)'進歩'や'科学'は生み出さなかった。(注:もちろん、欧米に比較した場合であり、中国にはまったく科学が存在しなかったわけではない。参考:Joseph Needham,1900-1995 ジョセフ・ニーダムの『中国における科学と文明』)これは、多分、'懐疑主義'から予想される結果であると考えられるかもしれない。'情熱的な信念'は、'進歩'か'災害'かいずれかを生み出すが、'安定'を生み出さない。科学は、伝統的な信念を攻撃するときでさえ、科学自身の信念を持っており、'文学的な懐疑主義'の雰囲気の中ではめったに繁栄しない。近代の種々の発明によって一つになった(=孤立して生きていけない)'喧嘩っ早い'世界においては、国家の自己保存のためにはエネルギーが必要である。また、科学なしには、'民主主義'は不可能である。(たとえば)中国文明は、少数の教養人に限られており、ギリシア文明は、'奴隷制度'に基礎を置いていた。このような理由で、中国の伝統的な教育は、近代世界には適しておらず、中国人自身によって捨てられてしまった。18世紀の教養ある紳士たちは、ある点で中国の知識階級(文人)に似かよっていたが、同じ理由でいまや存在できなくなってしまった。

Chap. 2 The Aims of Education (OE02-030)

Chinese education produced stability and art; it failed to produce progress or science. Perhaps this may be taken as what is to be expected of scepticism. Passionate beliefs produce either progress or disaster, not stability. Science, even when it attacks traditional beliefs, has beliefs of its own, and can scarcely flourish in an atmosphere of literary scepticism. In a pugnacious world which has been unified by modern inventions, energy is needed for national self-preservation. And without science, democracy is impossible: the Chinese civilisation was confined to the small percentage of educated men, and the Greek civilisation was based on slavery. For these reasons, the traditional education of China is not suited to the modern world, and has been abandoned by the Chinese themselves. Cultivated eighteenth century gentlemen, who in some respects resembled Chinese literati, have become impossible for the same reasons.

(掲載日:2006.11.04 更新日:)