(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(B. Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Next  Chap. 1(第1章) Index  Contents(目次)


第一部 教育の理想
 第1章 近代教育理論の前提条件(承前:OE01-120)


 'アーノルド博士'の誤りとは正反対の誤りがある。それは,博士の誤りよりはずっと破壊的ではないが,科学的に見ればやはり誤りであるものである。(即ち)子供は生まれつき高潔であり,'年長者の悪徳'を見てはじめて堕落するという信念である。こういった見方は,伝統的にルソー(Jean-Jacques Rousseau, 1712-1778:フランスの思想家)に結びつけられている。ひょっとすると,ルソーも理論上はそのような見解を持っていたかもしれない。しかし,『エミール』を読めば,生徒がエミールの体系(エミールに書かれた思想体系)が生み出そうとしている'模範的人間'(paragon)になるまでには,大量の道徳的訓練が必要であったことがわかる。実際は,子供たちは,生まれつき'善く'も'悪く'もない。子供たちは,'反射'(条件反射神経)とわずかの本能だけをもって生まれる。環境の働きにより,これらから--健全なものにも,病的なものにもなりうる--'習慣'が形成される。そのいずれになるかは,主に母親や乳母の知恵にかかっており,子供の性質は,当初は,ほとんど信じられないくらい'順応性'がある。大多数の子供の中には,'善良な市民'となる'素質'(原材料)とともに'犯罪者'になる'素質'(原材料)もある。'科学的な心理学'は,平日に'むち'を打ち,日曜日にお説教を子供に聞かせることは,徳を生み出すための理想的な技術とはならない,ということを示している。しかしだからといって,徳を生み出す(子供を有徳にする)という目的を達する技術はまったくない,ということにはならない。'昔の教育者は子供を虐待することに喜びを見出した'というサミュエル・バトラー(Samuel Butler, 1835-1902:『エレホン(Erewhon)』が有名)の見方に抵抗することは困難である。そうでないとしたら,教育者たちがこれまで,いかにして非常に長い期間,無益な苦痛を子供たちに加え続けることができたのか,理解しがたい。健康な子供を幸福にすることはむずかしくない。また,大部分の子供は,適切に心身の世話がなされれば,健康になるだろう。幼児期の幸福(幼年期に幸福であること)は,最良のタイプの人間を作り出すためには,必須である(注:右上イラスト参照)アーノルド博士が「道徳的な悪」の一形態とみなした'習慣的怠惰'(怠けぐせ)は,教育とは知る価値のあることを教えることだということを子供たちに感じさせることができれば,子供たちの'怠けぐせ'もなくなるだろう。(ラッセル注:多分,アーノルド博士の生徒の多くは,'アデノイド'に罹っていたのかも知れない。'アデノイド'は怠けぐせの原因になるが,医者だったら'むち打ち'という処方箋は書かないであろう。)しかし,もし授けられる知識が価値のないもので,その知識を授ける人々が残酷な暴君のように見えるならば,子供たちは,当然のこと,'チェーホフの子猫'のように振舞うだろう。歩いたり話したりしようとする努力において示されているように,'正常な子供'が皆持っている'学びたいという自発的な願望’が,教育の'推進力'とならなければならない。この推進力を'むち'に代替させたことは,現代の大きな進歩の一つである。

Chap. 1 Postulates of Modern Educational Theory(OE01-120)

There is an opposite error to Dr. Arnold's, far less pernicious, but still scientifically an error, and that is the belief that children are naturally virtuous, and are only corrupted by the spectacle of their elders' vices. This view is traditionally associated with Rousseau; perhaps he held it in the abstract, but when one reads Emile one finds that the pupil stood in need of much moral training before he became the paragon that the system was designed to produce. The fact is that children are not naturally either 'good' or 'bad'. They are born with only reflexes and a few instincts; out of these, by the action of the environment, habits are produced, which may be either healthy or morbid. Which they are to be depends chiefly upon the wisdom of mothers or nurses, the child's nature being, at first, almost incredibly malleable. In the immense majority of children there is the raw material of a good citizen, and also the raw material of a criminal. Scientific psychology shows that flogging on weekdays and sermons on Sundays do not constitute the ideal technique for the production of virtue'. But it is not to be inferred that there is no technique for this purpose. It is difficult to resist Samuel Butler's view that the educators of former times took a pleasure in torturing children; otherwise it is hard to see how they can have persisted so long in inflicting useless misery. It is not difficult to make a healthy child happy, and most children will be healthy if their minds and bodies are properly tended. Happiness in childhood is absolutely necessary to the production of the best type of human being. Habitual idleness, which Dr Arnold regarded as a form of 'moral evil', will not exist if the child is made to feel that its education is teaching it something worth knowing.(* Probably many of Dr Arnold's pupils suffered from adenoids, for which no medical man would prescribe flogging, although they cause habitual idleness.) But if the knowledge imparted is worthless, and those who impart it appear as cruel tyrants, the child will naturally behave like Chehov's kitten. The spontaneous wish to learn, which every normal child possesses, as shown in its efforts to walk and talk, should be the driving-force in education. The substitution of this driving-force for the rod is one of the great advances of our time.

(掲載日:2006.10.11 更新日:)