(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル教育論』(松下彰良・訳)

Bertrand Russell On Education, 1926

前ページ(Back)  次ページ(Forward) 第1章 Index Contents(目次)

第一部 教育の理想_第1章_近代教育理論の前提条件(承前:OE01-100)

>  教育方法における変化は,(キリスト教の)'原罪'に対する信仰の衰退から,これまでずっと非常に大きな影響を受けてきている。現在ではほとんど消滅してしまっているが,伝統的な考え方によれば,私たちは皆,「'神罰'の子」(Children of Wrath)として,邪悪に満ちた性質を持って生まれてきている。即ち,私たちのなかに何か善いものが生ずることが可能になるには,私たちは,「神の'恩寵'の子」(Children of Grace)にならなければならず,その過程は,頻繁に'せっかん'することによって大いに加速(促進)される,というものである。この理論が私たちの父や祖父たちの教育にどれほど大きな'影響'を与えたか,大部分の現代人は,ほとんど信じることはできない。(ウェストミンスター寺院の)スタンレー主席司祭(Arthur Penrhyn Stanley, 1815-1881)の著になるアーノルド博士(Thomas Arnold, 1795-1842:一時期ラグビー校の校長)の生涯に関する伝記からの2つの引用は,彼ら(の考え方)がまちがっていることを明らかにするであろう。スタンレー主席司祭は,(子供の時)アーノルド博士のお気に入りの生徒であった。また,彼は,『トム・ブラウンの学校生活』に登場する品行方正なアーサー少年その人である。スタンレーは,私(←筆者)のいとこであり,私は子供の時,ウエストミンスター寺院を案内してもらったことがある。アーノルド博士は,英国(←わが国)のパブリック・スクール−−パブリックスクールは英国の栄光の一つとみなされている−−の偉大な改革者であり,パブリック・スクールは,いまだに大部分,博士の唱えた原理に従って管理運営されている。それゆえ,アーノルド博士を論じることは,遠い過去に属する事柄を扱うのではなく,上流階級のイギリス人の人格形成において今日まで力のある事柄を扱うことになる。アーノルド博士は,'鞭打ち'を減らし,それを年少の生徒に対してだけ保持し,しかも−−博土の伝記作家によれば−−「'嘘','飲酒','習慣的怠惰'などの'道徳的違反'」に限定して適用した。しかし,あるリベラルな新聞が,'鞭打ち'は品位を落とす処罰であり,全面的に廃止すべきであると主張すると,博士は驚くほど憤慨し,紙上(同じ新聞紙上?/あるいは in print は,「印刷物で」という意味?)で次のように答えた。
 私は,この文章(主張)がどのような感情の表れなのか,よくわかっている。それは,'個人の独立(自律+自立)'という,あの'高慢な'考えから出たものであり,そのような思想は合理的でもキリスト教的でもなく,本質的に'野蛮なもの'である。それは,かつて'騎士道時代'のあらゆる害悪とともにヨーロッパにやってきて,今また,ジャコバン主義の害悪とともに,我々を脅かしている。・・・。罪や過失は品位を落とすものだという真に男らしい感覚をほとんど見いだすことのできない時代においては,'体罰'(personal は「身体の」/personal punishment 身体的罰)は品位を落とすものだ,という'非現実的な'考えを奨励するような知恵がどこにあるだろうか>(どこにもないはずだ)(そのような知恵を誰がもっているだろうか)(注:この一文は,わかりにくいが,次のような意味合いだろうか:'品位とは何か'ということを理解していない連中が,体罰は'品位を落とす'行為であると主張している。それは矛盾であり(そのような人には言う資格がなく),知恵のない連中が知恵があるかのごとく振舞っている,といった皮肉か!?)。青年の無上の飾りであり,高潔な成人の無上の約束であるところの,人間精神の素朴さ,分別,謙遜さに対し,このような(体罰は人間の品位を落とすという)考え以上の偽り,反逆があるだろうか。
 博士の弟子たちに教えられた生徒たち(支配者である英国人)が,インドの原住民が「心の謙虚さ」に欠けたときには,彼らに対し鞭を使うのがよいと信じているのは,むりからぬことである。

Chap. 1 Postulates of Modern Educational Theory(OE01-100)


Kindle series
The change in educational methods has been very much influenced by the decay of the belief in original sin. The traditional view, now nearly extinct, was that we are all born Children of Wrath, with a nature full of wickedness; before there can be any good in us we have to become Children of Grace, a process much accelerated by frequent castigation. Most moderns can hardly believe how much this theory influenced the education of our fathers and grandfathers. Two quotations from the life of Dr Arnold by Dean Stanley will show that they are mistaken. Dean Stanley was Dr Arnold's favourite pupil, the good boy Arthur in Tom Brown's School Days. He was a cousin of the present writer, who was shown over Westminster Abbey by him as a boy. Dr Arnold was the great reformer of our public schools which are viewed as one of the glories of England, and are still conducted largely according to his principles. In discussing Dr Arnold, therefore, we are dealing, not with something belonging to the remote past, but with something which to this day is efficacious in moulding upper-class Englishmen. Dr Arnold diminished flogging, retaining it only for the younger boys, and confining it, so his biographer tells us, to 'moral offences, such as lying, drinking, and habitual idleness'. But when a liberal journal suggested that flogging was a degrading punishment, which ought to be abolished altogether, he was amazingly indignant. He replied in print:
'I know well of what feeling this is the expression; it originates in that proud notion of personal independence which is neither reasonable nor Christian, but essentially barbarian. It visited Europe with all the curses of the age of chivalry, and is threatening us now with those of Jacobinism . . . At an age when it is almost impossible to find a true manly sense of the degradation of guilt or faults, where is the wisdom of encouraging a fantastic sense of the degradation of personal correction? What can be more false, or more adverse to the simplicity, sobriety and humbleness of mind, which are the best ornament of youth, and the best promise of a noble manhood.'
The pupils of his disciples, not unnaturally, believe in flogging natives of India when they are deficient in 'humbleness of mind'.

(掲載日:2006.09.24 更新日:)