(本館) (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Marriage and Morals, 1929

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』(松下彰良・訳)

第二十章 人間の価値の中の性の位置 n.5

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第二十章 イントロ累積索引 Contents(総目次)

第二十章 人間の価値の中の性の位置 n.5

 私は,食物についてと同様,についても道徳や自制はまったくなくてよい,と言っている(示唆しようとしている)のではない。食物については,(我々には)3種類の拘束がある。法律による拘束(restraints 束縛;抑制するもの)作法による拘束健康による拘束である。我々は,食物を盗んだり,共同の食事(at a common meal 会食)で一人前以上取ったり,病気になるような仕方で食べたりするのは,良くないことだと考えている。に関する場合も,同様の拘束(束縛/抑制)が不可欠であるが,性に関する場合は,拘束(束縛/抑制)はずっと複雑で,はるかに多くの自制が必要とされる。さらに,一人の人間が他人を所有することは許されないので,盗みに似ているのは不貞ではなく,強姦であり,これは,明らかに法律で禁じられなければならない。健康に関して起こる問題は,ほとんどまったく性病にかかわるものであるが,この問題は,既に売春に関連して触れている。職業的売春を減らすことは,医学を別とすれば,この害悪に対処する最善の方法であることは明白であり,また,職業的売春を減らすことは,最近若い人たちの間に育ちつつある,より大きな(性的)自由によるのが最も効果的である。

Chapter XX: The Place of Sex among Human Values, n.5

I am not suggesting that there should be no morality and no self-restraint in regard to sex, any more than in regard to food. In regard to food we have restraints of three kinds, those of law, those of manners, and those of health. We regard it as wrong to steal food, to take more than our share at a common meal, and to eat in ways that are likely to make us ill. Restraints of a similar kind are essential where sex is concerned, but in this case they are much more complex and involve much more self-control. Moreover, since one human being ought not to have property in another, the analogue of stealing is not adultery, but rape, which obviously must be forbidden by law. The questions that arise in regard to health are concerned almost entirely with venereal disease, a subject which we have already touched upon in connection with prostitution. Clearly, the diminution of professional prostitution is the best way, apart from medicine, of dealing with this evil, and diminution of professional prostitution can be best effected by that greater freedom among young people which has been growing up in recent years.

(掲載日:2017.01.31 /更新日: )