(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 結婚論 第19章
恋愛を毒するもの(松下彰良 訳)

Marriage and Morals, 1929, by Bertrand Russell

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第十九章 イントロ索引 Contents(総目次)

第十九章 性と個人の福祉 n.10

 全てこういうやり方で,幼年時代から,思春期青年期を経て,結婚にいたるまで,我々は古い道徳恋愛(love ここでは男女間の愛情)を毒する(損なう)のを許してきており,それは,恋愛を憂鬱,恐怖,相互の誤解,悔恨,精神的緊張で満たし,(古い道徳は)性の肉体的衝動理想的な恋愛の精神的な衝動との二つの領域に分離し(separate into),前者を獣的に後者を不毛のものにしてしまった。人生をこのように送る(生きる)べきではない。動物的な性質と精神的な性質は,せめぎ合う(闘う)べきではない。どちらにも,他方と両立できないものはないし,どちらも,他方と結びつかないことには完全に実を結ぶことはできない。男女の恋愛は,最上のかたちにおいては,自由かつ恐れを知らないものであり,肉体と精神が等しい割合で混じり合ったものである。肉体的基礎があるので理想化(しすぎること)を恐れず,肉体的基礎が(恋愛の)理想化を妨げはしないかと肉体的基礎(があること)を恐れることもない。恋愛は,大地に深く根ざすものであるべきであるが,は空に向かって広がっている樹木(木)であるべきである。しかし,恋愛(男女間の愛情)は,タブー迷信的な恐怖で,また,非難の言葉恐ろしい沈黙で囲い込まれているかぎり,成長し、繁栄することはできない。男女愛(恋愛)と親子愛は,我々の情緒生活における二つの中心的な事実である。因習的な道徳は,一方の愛情(男女愛)を卑しめながら,他方の愛情(親子愛)を賛美するふりをしてきたが,実際は,親の子供に寄せる愛は,親同士の愛を卑しめたために損なわれてきたのである。喜びと相互実現の結実である子供は,いまよりも,もっと健康でたくましく,もっと自然と調和し,もっと単純で,率直で,動物的な(野性的な),それでいて,もっと利己的でなく実り多い方法で,愛することができるのである。これに対し,飢えて,欠乏状態にあり,あせっている親(たち)は,無力な子供に手をのばし,ちょっぴりでもいい,自分たちが結婚生活で得ることができなかった栄養分を求めること(だけが)(現在)可能である。そして,そうすることによって, 子供の心をゆがめ,次の世代に対して同じ苦労の基礎を置いているのである。
 恋愛(男女間の愛情)を恐れることは,生を恐れることであり,生を恐れる人びとは,すでに死んだも同然である。

Chapter XIX: Sex and Individual Well-being, n.10

In all these ways, from childhood through adolescence and youth, and on into marriage, the older morality has been allowed to poison love, filling it with gloom, fear, mutual misunderstanding, remorse, and nervous strain, separating into two regions the bodily impulse of sex and the spiritual impulse of ideal love, making the one beastly and the other sterile. It is not so that life should be lived. The animal and the spiritual natures should not be at war. There is nothing in either that is incompatible with the other, and neither can reach its full fruition except in union with the other. The love of man and woman at its best is free and fearless, compounded of body and mind in equal proportions; not dreading to idealize because there is a physical basis, not dreading the physical basis lest it should interfere with the idealization. Love should be a tree whose roots are deep in the earth, but whose branches extend into heaven. But love cannot grow and nourish while it is hedged about with taboos and superstitious terrors, with words of reprobation and silences of horror. The love of man and woman and the love of parents and children are the two central facts in our emotional life. While degrading the one, conventional morality has pretended to exalt the other, but in fact the love of parents for children has suffered through the degradation of the love of parents for each other. Children who are the fruit of joy and mutual fulfilment can be loved in a way more healthy and robust, more in accordance with the ways of nature, more simple, direct, and animal, and yet more unselfish and fruitful, than is possible to parents starved, hungry, and eager, reaching out to the helpless young for some fragments of the nutriment that has been denied them in marriage, and in so doing, warping infant minds and laying the foundation of the same troubles for the next generation. To fear love is to fear life, and those who fear life are already three parts dead.
(掲載日:2017.01.25 /更新日: )