(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル『結婚論』(松下彰良・訳)

Marriage and Morals, 1929, by Bertrand Russell

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第十六章 イントロ累積索引 Contents(総目次)

 第十六章 離婚 n.11

 離婚が望ましいとされる根拠は二種類ある。精神異常アルコール中毒(アルコール依存症)犯罪のような,配偶者の一方の欠陥によるものがある。また,夫と妻の関係に基づくものもある。どちらの側にも責任がなくて(ないにもかかわらず)夫婦がいっしょに仲よく暮らせないこともあるし,あるいは,何か非常に大きな犠牲を払わずには暮らせないこともあるかもしれない。(夫婦)それぞれが重要な仕事を持っていて,その仕事のために,別々の場所で暮らさなければならないこともあるかもしれない。相手が別に嫌いではないが,一方が(配偶者以外の)他の人を深く愛するようになって,結婚耐えがたい絆(束縛)と感じられるようになるかもしれない。そういう場合は,法的矯正(legal redress 法律による是正や補償)がなければ,必ず憎悪が湧いてくる。事実,そういう場合は,誰でも知っているように,殺人に導く可能性さえ十分にある。性格の不一致のため,または,配偶者の一方が誰か(配偶者以外の)他の人に圧倒的な情熱を抱いているために結婚が破綻するような場合には,現在のように,相手に非難を浴びせることを決意すべきではない(だろう)。
 それゆえ,そういうすべての場合におけるこれ以上ない最上の離婚の根拠は,夫婦両者の合意である。両者の合意以外の根拠が必要なのは,配偶者の一方の何らかの明確な欠陥のために結婚生活が破綻した場合に限るべきである。

Chapter XVI: Divorce, n.11

The grounds which may make divorce desirable are of two kinds. There are those due to the defects of one partner, such as insanity, dipsomania, and crime ; and there are those based upon the relations of the husband and wife. It may happen that, without blame to either party, it is impossible for a married couple to live together amicably, or without some very grave sacrifice. It may happen that each has important work to do, and that the work requires that they should live in different places. It may happen that one of them, without disliking the other, becomes deeply attached to some other person, so deeply as to feel the marriage an intolerable tie. In that case, if there is no legal redress, hatred is sure to spring up. Indeed, such cases, as everyone knows, are quite capable of leading to murder. Where a marriage breaks down owing to incompatibility or to an overwhelming passion on the part of one partner for some other person, there should not be, as there is at present, a determination to attach blame. For this reason, much the best ground of divorce in all such cases is mutual consent. Grounds other than mutual consent ought only to be required where the marriage has failed through some definite defect in one partner.
(掲載日:2016.12.06/更新日: )