(本館) (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Marriage and Morals, 1929

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』(松下彰良・訳)

第十二章 試験結婚 n.6

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第十二章 イントロ累積索引 Contents(総目次)

 第十二章 試験結婚 n.6


 にもかかわらず,リンゼー判事の提案は,アメリカの至るところで,あらゆる中年の人々やあらゆる新聞から,嫌悪(と恐怖)の怒りの声とともに迎えられた。たとえば,次のようなことが言われた,彼(判事)は家庭の神聖さを攻撃している。すぐには子供をもうけるつもりのない結婚を大目に見ることで,彼は公認された色欲の水門を開いている;彼は婚外の性関係の広がりを(広範に広まっていると)とても誇張している;アメリカ人女性の女性らしさ(性において潔癖であること)を中傷している;それに,大部分のビジネスマンは30歳ないし35歳まで,機嫌よく禁欲し続けている。
 このようなことが全て言われてきているが,私は,そういうことを言った人びとの中で,それを本気で信じている者は一部である(一部にすぎない),と考えたい(try to think)。私は,リンゼー判事に対する数多くの罵り尻言葉(invectives)を耳にしたが,決定的とみなされる議論は二つであるという印象を受けて(米国を?)去った(came way with the impression)。第一は,リンゼー判事の提案は,キリストによって許しを得られないもの(認められないもの)であったであろうということ,第二は,この提案は,アメリカの聖職者の(なかで)比較的リベラルな者によってさえも是認されなかった,ということである。この議論のうち,二番目のほうがより重要で,実際正しいと考えられると思われた。前者(一番目)はまったく仮定の問題であり,実証することができないからである。私は,リンゼー判事の提案は,人間の幸福を減らすものであることを証明するようなふりをする議論さえ,誰かが展開するのを聞いたことがない。彼の提案は人間の幸福を減らすものであるかどうかという考察は(this consideration),実際,伝統的な道徳を擁護する人々からは,まったく重要でないもの(注:検討に値しないつまらないもの)と考えられている,と結論せざるをえない。

Chapter XII: Trial Marriage, n.6

Nevertheless, Judge Lindsey's proposals were received with a howl of horror by all middle-aged persons and all newspapers throughout the length and breadth of America. It was said that he was attacking the sanctity of the home; it was said that in tolerating marriages not intended to lead at once to children he was opening the floodgates to legalized lust ; it was said that he enormously exaggerated the prevalence of extra-marital sexual relations, that he was slandering pure American womanhood, and that most business men remained cheerfully continent up to the age of thirty or thirty-five. All these things were said, and I try to think that among those who said them were some who believed them. I listened to many invectives against Judge Lindsey, but I came away with the impression that the arguments which were regarded as decisive were two. First, that Judge Lindsey's proposals would not have been approved by Christ; and second, that they were not approved by even the more liberal of American divines. The second of these arguments appeared to be considered the more weighty, and indeed rightly, since the other is purely hypothetical, and incapable of being substantiated. I never heard any person advance any argument even pretending to show that Judge Lindsey's proposals would diminish human happiness. This consideration, indeed, I was forced to conclude, is thought wholly unimportant by those who uphold traditional morality.

(掲載日:2016.10.11/更新日: )