(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness (HA22-060)(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap. 11(Zest)   Contents (総目次)
 今述べた教義(中庸の徳)への1つの制限として、ある種の行為は、そのために他のすべてを犠牲にすることが正当化されるくらい本質的に高貴なものであると考えられるということは、認められなければならない。'祖国を守る'ために命を失う人は、たとえそのために妻子が'一文無し'で残されたとしても、非難されない(注:if thereby his wife ... は、「もし・・・でも」ではなく、ここでは「たとえ・・・だとしても」という'譲歩'表現)何らかの偉大な科学的な発見や発明をしようと'実験に従事している人'は、家族に貧乏を耐えさせたとしても、その努力が最後の成功で報いられる(名誉を与えられる)ならば、後に非難されることはない。しかしながら、もしも彼が試みている発明や発見に成功しないと、世間は彼のことを'変わり者'だと言って(自分の家族を犠牲にしていることを)強く非難する。(しかし)それは、不公平であると思われる。なぜなら、そういう企てをする場合、だれも、前もって成功を確信することはできないからである(注:即ち、成功して誉められた人も、成功しない可能性だってあったはずであるため)。西暦最初の一千年の間、'聖なる生活'のために家族を見捨てた人は、称賛された。今日では、彼は家族のために多少の備えをすべきである、と考えられるだろうが。
 大食漢(暴飲暴食をする人)と健康的な食欲のある人との間には、常に深いところに根付いた'心理的な違い'があると、私は思う。1つの欲望が度を越し、他の全ての欲望を犠牲にする人は、通常、根深い'心配事(や悩み)'をかかえていて、'恐ろしいもの'から逃れようとしている人である。アルコール依存症の場合、これは明白である。人は、(いやなことを)忘れるために酒を飲む。生活の中に'恐ろしいもの'がなければ、彼らは、'しらふ(素面)'でいるよりも'酔っぱらっているほうがより快い'とは思わないだろう。伝説上の中国人が言ったように、「私は、飲むために飲むのではない。酔うために飲むのである。」 これは、あらゆる、度を越した、また偏った情熱に典型的な例である。求められているのは(→人が求めているものは)、'対象そのものにおける快楽'ではなく、'忘れること'である。しかし、忘却を求めるにしても、酔っぱらって(愚かな方法で)求めるのと、彼らの望ましい能力を使って求めるのとでは、非常に大きな違いがある。妻を亡くした悲しみに耐えるために中国語を独学したボローの友人は、忘却を求めていた。しかし、有害な結果をもたらさずそれどころか彼の知性と知識を向上させる活動の中に'忘却'を求めたのである。このような(害を及ぼさない)逃避の形に対しては、反対すべき点は何もない。(これに対し)飲酒やギャンブルや、その他'無益な興奮'などに忘却を求める人については、そうは言えない。確かに、どちらともいえない場合がある。人生に飽きて、飛行機に乗ったり山に登頂したりして無謀な危険を冒す人については、何と言うべきだろうか? もしも、彼の冒した危険が何か社会的な目的にかなうのであれば、私たちは彼を称賛するだろう。そうでない場合は、ギャンブラーや酔っぱらいよりは、ほんの少しだけ高く評価しなければならない(注:過大な評価を与えるべきではない)
https://www.animationlibrary.com/a-l/

As a limitation upon the doctrine that has just been set forth, it ought to be admitted that some performances are considered so essentially noble as to justify the sacrifice of everything else on their behalf. The man who loses his life in the defence of his country is not blamed if thereby his wife and children are left penniless. The man who is engaged in experiments with a view to some great scientific discovery or invention is not blamed afterwards for the poverty that he has made his family endure, provided that his efforts are crowned with ultimate success. If, however, he never succeeds in making the discovery or the invention that he was attempting, public opinion condemns him as a crank, which seems unfair, since no one in such an enterprise can be sure of success in advance. During the first millennium of the Christian era a man who abandoned his family for a saintly life was praised, though nowadays it would be held that he ought to make some provision for them.
I think there is always some deep seated psychological difference between the gormandiser and the man of healthy appetite. The man in whom one desire runs to excess at the expense of all others is usually a man with some deep seated trouble, who is seeking to escape from a spectre. In the case of the dipsomaniac this is obvious: men drink in order to forget. If they had no spectres in their lives, they would not find drunkenness more agreeable than sobriety. As the legendary Chinaman said: 'Me no drinkee for drinkee, me drinkee for drunkee.' This is typical of all excessive and one-sided passions. It is not pleasure in the object itself that is sought, but oblivion. There is, however, a very great difference according as oblivion is sought in a sottish manner or by the exercise of faculties in themselves desirable. Borrow's friend who taught himself Chinese in order to be able to endure the loss of his wife was seeking oblivion, but he sought it in an activity that had no harmful effects, but on the contrary improved his intelligence and his knowledge. Against such forms of escape there is nothing to be said. It is otherwise with the man who seeks oblivion in drinking or gambling or any other form of unprofitable excitement. There are, it is true, border-line cases. What should we say of the man who runs mad risks in aëroplanes or on mountain tops, because life has become irksome to him? If his risks serve any public object, we may admire him, but it not, we shall have to place him only slightly above the gambler and drunkard.

(掲載日:2006.03.18/更新日:2010.4.30)