(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part I(Causes of Unhappiness), Chap.7:The sense of sin   Contents(総目次へ)
 ここでの問題は、本書のこれまでの諸章で我々が直面したものと同様のものである。すなわち、'潜在意識'(←無意識)に働きかけて、私たちの意識的な考えを支配している合理的な信念に、強制的に注目させること(問題)である。人は、あるときはあるものを信じ、別のときは別のものを信じるというように、気分によって、意見を左右されてはならない。罪の意識は、特に、疲労、病気、飲酒、その他の原因によって、意識的な意志が弱められたときに、顕著になってくる。こういうときに人が感じることは(飲酒による場合は別として)より高次の自我からの啓示であると(世間では)考えられている。「悪魔も病気になると、聖者になりたがる」といったしだいである。しかし、弱っているときのほうが、元気なときよりもより洞察力(見識)が与えられると考えるのは、馬鹿げている(不合理である)。弱っているときには、幼児的な暗示(や連想)に抵抗しがたくなるが、しかし、最大の能力を保有しているときの大人の信念よりも、幼児的な暗示のほうが望ましい、と考えるべき理由はまったくない。逆に、元気のよいときに全理性で熟考の上で人間が信じることは、あらゆる場合において、彼にとって何を信じたほうがよいかということについての基準となるべきものである。適切なテクニックを用いるならば、'潜在意識'(←無意識)の幼児的な暗示を克服することはもちろんのこと、'潜在意識'(←無意識)の内容を変えることさえ、十分可能である。自らの理性が悪くないと告げる行為について、あなたが後悔を感じはじめるようなときには、いつでも、後悔の感情の原因を調べ、その不合理性について、細部においてまで確信をもつべきである。あなたが幼児の時、乳母や母親から受けた印象と十分に競えるくらい強烈な印象を、あなたの'潜在意識'に与えられるように、あなたの意識的な信念を生き生きと強力にしなさい。合理的なときと不合理なときとが交替する状態に甘んじてはいけない。不合理は尊敬しないし、不合理に支配されもしないという決意をもって、不合理をしっかりと調査しなさい。不合理が、'愚かな考えや感情'を、あなたの意識に無理に押しつけようとするときはいつでも、これらを根こそぎ引き抜き、十分調べ、拒否しなさい。半ば理性によって、半ば幼児的な愚かさによって動揺させられるような、'優柔不断な人間'であり続けてはいけない。あなたの幼少時代を支配した人たちの思い出に対する'不敬'を恐れてはならない。当時あなたは、弱く愚かだったので、彼ら(彼女ら)は強く賢く見えた。弱くも愚かでもない現在、彼らの見かけ上の強さと賢さを点検し、彼らが、あなたがいまだに習慣の力で払っている尊敬に値するかどうか考えてみることは、あなたの務めである。伝統的に子供たちに与えられてきている道徳教育によって、世の中がその分だけ良くなっているかどうか、真剣に自問してみなさい。'伝統的な意味で'有徳な人の性質の中に、まぎれもない迷信がいかに多く入りこんでいるか、考えてみなさい。そして、あらゆる種類の想像上の道徳的な危険は、信じがたいほど愚かな禁止事項によって防御されているのに、'大人がさらされている現実の道徳的な危険'については、ほとんど何も言及されていないこと(事実)について、熟考しなさい。普通の人が誘われる真に有害な行為とは、どのようなものだろうか。法律によって処罰されないビジネス上の狡猪な行為、使用人に対する苛酷さ、妻や子に対する虐待、競争相手に対する悪意、政治闘争における残忍さなど、これらは、尊敬できる、また尊敬されている市民の間に普通に見られる真に有害な罪である。これらの罪によって、人は身近の人びとに不幸をまき散らし、文明破壊に手を貸している。しかし、これらの罪は、彼が病気になったときに、自分は神の加護を受けるいっさいの権利を失った追放者である、と考えさせるようなものではない。これらは、悪夢の中で、'母親が咎めるような眼差し'を彼に注いでいる幻影を彼に見させるようなものではない。人間(←彼)の意識下の道徳は、なぜ、このように理性から分離してしまったのであろうか。それは、彼(→人間)の幼少期の世話をした人たちの信じていた道徳が愚かなものであり、その道徳は、社会に対する個人の義務の研究に由来するものではなかったからであり、その道徳は、不合理なタブーの古くさい残り物(残滓)から成り立っていたからであり、また、その道徳は、その中に、滅亡しつつあったローマ帝国を苦しめた、精神的な病に由来する'病的な要素'を含んでいたからである。我々の名目だけの道徳は、僧侶たちと精神的に奴隷化された女性たちによって公式化されてきた。世界の正常な生活において正常な役割を果たすべき人たちは、いまこそ、この病的なナンセンスに対して反逆することを学んでよい時期である。

* 下イラスト:From: The Good Citizen's Alphabet, 1953.
 

The problem here is the same as has confronted us in earlier chapters, namely that of compelling the unconscious to take note of the rational beliefs that govern our conscious thought. Men must not allow themselves to be swayed by their moods, believing one thing at one moment and another at another. The sense of sin is especially prominent at moments when the conscious will is weakened by fatigue, by illness, by drink, or by any other cause. What a man feels at these moments (unless caused by drink) is supposed to be a revelation from his higher self. 'The devil was sick, the devil a saint would be.' But it is absurd to suppose that moments of weakness give more insight than moments of strength. In moments of weakness it is difficult to resist infantile suggestions, but there is no reason whatsoever for regarding such suggestions as preferable to the belief of the adult man when in full possession of his faculties. On the contrary, what a man deliberately believes with his whole reason when he is vigorous ought to be to him the norm as to what he had better believe at all times. It is quite possible to overcome infantile suggestions of the unconscious, and even to change the contents of the unconscious, by employing the right kind of technique. Whenever you begin to feel remorse for an act which your reason tells you is not wicked, examine the causes of your feeling of remorse, and convince yourself in detail of their absurdity. Let your conscious beliefs be so vivid and emphatic that they make an impression upon your unconscious strong enough to cope with the impressions made by your nurse or your mother when you were an infant. Do not be content with an alternation between moments of rationality and moments of irrationality. Look into the irrationality closely, with a determination not to respect it, and not to let it dominate you. Whenever it thrusts foolish thoughts or feelings into your consciousness, pull them up by the roots, examine them, and reject them. Do not allow yourself to remain a vacillating creature, swayed half by reason and half by infantile folly. Do not be afraid of irreverence towards the memory of those who controlled your childhood. They seemed to you then strong and wise because you were weak and foolish; now that you are neither, it is your business to examine their apparent strength and wisdom, to consider whether they deserve that reverence that from force of habit you still bestow upon them. Ask yourself seriously whether the world is the better for the moral teaching traditionally given to the young. Consider how much of unadulterated superstition goes into the make-up of the conventionally virtuous man, and reflect that, while all kinds of imaginary moral dangers were guarded against by incredibly foolish prohibitions, the real moral dangers to which an adult is exposed were practically unmentioned. What are the really harmful acts to which the average man is tempted? Sharp practice in business of the sort not punished by law, harshness towards employees, cruelty towards wife and children, malevolence towards competitors, ferocity in political conflicts - these are the really harmful sins that are common among respectable and respected citizens. By means of these sins a man spreads misery in his immediate circle and does his bit towards destroying civilisation. Yet these are not the things that make him, when he is ill, regard himself as an outcast who has forfeited all claim to divine favour. These are not the things that cause him nightmares to see visions of his mother bending reproachful glances upon him. Why is his subconscious morality thus divorced from reason? Because the ethic believed in by those who had charge of his infancy was silly; because it was not derived from any study of the individual's duty to the community; because it was made up of old scraps of irrational taboos; and because it contained within itself elements of morbidness derived from the spiritual sickness that troubled the dying Roman Empire. Our nominal morality has been formulated by priests and mentally enslaved women. It is time that men who have to take a normal part in the normal life of the world learned to rebel against this sickly nonsense.
下のイラスト:第54回「ラッセルを読む会」案内状より

(掲載日:2005.07.30/更新日:2010.4.1)