(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 私の哲学の発展
16-23 物理学の解釈に数理論理学の方法を適用

My Philosophical Development, 1959, by Bertrand Russell

Back(前ページ) 第16章_イントロ累積索引 Next(次 ページ) Content s(総目次)

第16章 「非論証的推論語」n.23


ラッセル英単語・熟語1500
 私は、物理学の解釈に数理論理学の方法を適用したということで、これまで大いに批判されてきた。しかし、この問題に関しては、私はまったく後悔していない。この分野で何が可能であるかを最初私に示したのはホワイトヘッドであった。 数理物理学は、点で構成される空間、瞬間で構成される時間、及び点的粒子(punctual particles)で構成される物質を取り扱う(work with)。現代の数理物理学者は誰もそういったものが自然の中に存在するとは考えない(想定しない)。しかし、数学者が好む滑らかな特性を持たない(性質を欠いた)ごちゃごちゃの(無秩序)の集合が与えられれば、それらのものを要素とする構造を作り出し、その構造に、数学者にとって好都合な諸特性を持たせることは可能である。 数理物理学が無益な遊戯以上のものであるのは、これ(上記のこと)が可能だからである。そうして、そういう構造をいかにして作り出すかを示すのは数理論理学である。そういった理由で、数理論理学は常識と科学との間の橋を建設するための必須の道具なのである。

Chapter 16: Non-Demonstrative Inference , n.23

I have been much criticized for applying the methods of mathematical logic to the interpretation of physics, but, in this matter, I am wholly unrepentant. It was Whitehead who first showed me what was possible in this field. Mathematical physics works with a space composed of points, a time composed of instants and a matter composed of punctual particles. No modem mathematical physicist supposes that there are such things in nature. But it is possible, given a higgledy-piggledy collection of things destitute of the smooth properties that mathematicians like, to make structures composed of these things and having the properties which are convenient to the mathematician. It is because this is possible that mathematical physics is more than an idle amusement. And it is mathematical logic which shows how such structures are to be made. For this reason, mathematical logic is an essential tool in constructing the bridge between sense and science of which I spoke above.
(掲載日:2022.04.28/更新日: )