(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル『私の哲学の発展』(松下彰良・対訳)

My Philosophical Development, 1959

Back(前ページ) 第11章_イントロ累積索引 Next(次 ページ) Content s(総目次)
 

第11章 知識の理論 n.4

 第三: 「経験」という概念は、特に観念論哲学において過大に強調されてきたが、多くの形の経験論においても同様に過大に強調されてきた、と感じている。私は、知識論(theory of knowlede = epistemology 認識論)について考えはじめたとき、「経験」を強調するいかなる哲学者も、「経験」という語(言葉)で何を意味しているかを語っていない,ということがわかった(found に気づいた)。彼らはその語を、込められた意味(significance)は明白であるが定義不可能な語として受け入れたがっているように思われる。彼ら(経験主義者)は、経験されるもののみが存在することが知られうる(知ることができる)のであり、また存在することを知らないけれども存在するものがあると主張することは無意味である考える傾向がある。しかし、そういった見解(見方)は、知識に対して、あるいは少なくとも知識に類似したものに対して、あまりにも過大な(much too much)重要性を付与するものであると私は考える。またそういう見解を主張する人々は、そういう見解の全ての帰結(implications 含意及びその結果)を十分理解していないと私は考える。「全ての A は B である」とか「A の何かが存在する(?)」とかいう形の命題を、A のひとつの例も個別的に知ることなしに、我々は知りうるということ(の意味合い)を理解している哲学者はほとんどいないように思われる。しかし、小石の多い海岸にゆけば、そこには自分が見たり触れたりしたこともない多くの小石があることは確かであろう。実際、あらゆる人が(自らが)経験したことがない事物についての無数の命題を受けいれているが、人々が哲学的に思索し始めると(begin to philosophize)、人為的に(わざと)自ら馬鹿になることが必要だと考えているように思われる。経験を超えた知識をいかにしてわれわれは獲得するかを説明するには多くの困難があることを、私はただちに(at once)承認するが、しかしそういう知識を我々が持たない(持てない)という見解は、まったく支持できないものであると私は考える。

Chapter 11 The Theory of Knowledge, n.4

Third. I feel that the concept of 'experience' has been very much over-emphasized, especially in the Idealist philosophy, but also in many forms of empiricism. I found, when I began to think about theory of knowledge, that none of the philosophers who emphasize 'experience' tells us what they mean by the word. They seem willing to accept it as an indefinable of which the significance should be obvious. They tend to think that only what is experienced can be known to exist and that it is meaningless to assert that some things exist although we do not know them to exist. I think that this sort of view gives much too much importance to knowledge, or at any rate to something analogous to knowledge. I think also that those who profess such views have not realized all their implications. Few philosophers seem to understand that one may know a proposition of the form 'All A is B' or 'There are A's' without knowing any single A individually. If you are on a pebbly beach you may be quite sure that there are pebbles on the beach that you have not seen or touched. Everybody, in fact, accepts innumerable propositions about things not experienced, but when people begin to philosophize they seem to think it necessary to make themselves artificially stupid. I will admit at once that there are difficulties in explaining how we acquire knowledge that transcends experience, but I think the view that we have no such knowledge is utterly untenable.
(掲載日:2020.03.17/更新日: )