(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル『私の哲学の発展』(松下彰良・対訳)

My Philosophical Development, 1959

Back(前ページ) 第3章_イントロ累積索引 Next(次ページ) 

Contents(総目次)
 

第3章 最初の努力 n.1

 私は15歳の時哲学的問題について考え始めた。その時から、3年後にケンブリッジ大学に行くまでの間、私はただひとりで(孤独に),全く素人風に考え続けた。というのは、トリニティ学寮(注:ケンブリッジ大学の学寮の一つ/「学」寮は単なる「寮」施設ではなく,住み込みで勉強するところ)に入る前の最後の数ケ月間にJ. S. ミルの『論理学』を読むまでは、哲学書をまったく読まなかったからである。私の時間の大部分は数学に費やされ、そうして数学が私の哲学的思索の試みを大いに支配したが,私の思索(思考)を駆動した(駆り立てた)感情的推進力は主として宗教の根本的なドグマ(教義/教理)についての疑問であった。私が自分の神学上の(いろいろな)疑問(疑い)に注意を払ったのは、それまで宗教慰め(comfort 精神的心地よさ)を見出していたためだけでなく、それらの疑問(疑い)を人に打ち明けたら(if I revealed them)、(それを聞いた)人々に苦痛を与え、またそれらの人々の嘲笑を招くであろうと感じたためであった。そうして,それゆえに,私はとても孤立し、孤独になった。私は自分の16歳の誕生日の直前及び直後に、人に知られないようにギリシャ文字と表音式綴り法(phonetic spelling)とを使って、自分が信ずることと信じないこと書き記した。以下は,そういった内省(reflections 熟考,省察)のなかからいくつか抜粋したものである。
1888年3月3日
 私は(これから/今から)私の興味を引くいくつかの主題(subjects テーマ)、特に宗教に関する主題について書くことにする。私は,(私をとりまく)様々な環境(事情)の結果として、自分がその中で育てられてきた宗教のまさにその基礎について吟味しようとするに至った(至っている) 私は今私の興味をひく或る種の問題、特に宗教の問題について書くことにする。さまざまな事情の結果、私は自分がその中で育てられてきた宗教の基礎そのものを吟味しょうとするにいたった。ある点においては、私の達した結論は以前の自分の信条を確証する結果となったが、他の点については、家族にショックを与えると思われるだけでなく、自分自身に多くの苦痛を与えたところの結論に、抗しがたいほどに(irresistibly)導かれた。私はごくわずかの事柄においてしか確実な結論に達しなかったが、私の意見は、確信がない場合でさえも、いくらかのことに関してはほとんど確信に近いものである。私は自分がほとんど不死を信じないことを家族に語る勇気を持っていない。

Chapter 3: First Efforts, n.1

I began thinking about philosophical questions at the age of fifteen. From then until I went to Cambridge, three years later, my thinking was solitary and completely amateurish, since I read no philosophical books, until I read Mill's Logic in the last months before going to Trinity. Most of my time was taken up by mathematics, and mathematics largely dominated my attempts at philosophical thinking, but the emotional drive which caused my thinking was mainly doubt as to the fundamental dogmas of religion. I minded my theological doubts, not only because I had found comfort in religion, but also because I felt that these doubts, if I revealed them, would cause pain and bring ridicule, and I therefore became very isolated and solitary. Just before and just after my sixteenth birthday, I wrote down my beliefs and unbeliefs, using Greek letters and phonetic spelling for purposes of concealment. The following are some extracts from these reflections.
Eighteen eighty-eight. March three
I shall write about some subjects, especially religious ones, which now interest me. I have, in consequence of a variety of circumstances, come to look into the very foundations of the religion in which I have been brought up. On some points my conclusions have been to confirm my former creed, while on others I have been irresistibly led to such conclusions as would not only shock my people, but have given me much pain. I have arrived at certainty in few things, but my opinions, even where not convictions, are on some things nearly such. I have not the courage to tell my people that I scarcely believe in immortality. . . .
(掲載日:2019.05.09/更新日: )