(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

『ラッセル自伝』AB23-140(松下彰良 訳)

次ページ 前ページ v.2,chap.3 (China) 目次 Contents (総目次)

第2巻第3章 中国・日本(承前


ラッセル英単語・熟語1500
 女性に対する日本人の態度は,いくらか洗練されていない(←原始的である)。京都(のホテル)で,私たち二人の蚊張(かや)に穴があいていたので,蚊のために夜半まで眠れなかった(注:神戸のトア・ホテルでのことと思われる。)。朝になって私はこのことについて不平を言った。次の夜,私の蚊帳は繕われていた。しかしドーラの蚊帳は繕われていなかった。翌朝,私がまた不平を言うと,ホテルの者がこう言った。「しかし,私たちは奥様の蚊帳も穴があいているとは思いませんでした。」
 ある時,私たち同様日本を旅行中の歴史家アイリーン・パワー(Eileen Power,1889-1940:英国の経済史家,中世研究者/右上写真)と一緒に郊外電車に乗っていたとき,席が一つも空いていなかった。しかし,ある日本人が親切にも席を立って自分の席を私に提供してくれた。私は席をドーラに譲った。すると別の日本人が自分の席を私のために空けてくれた。私はその席をアイリーン・パワーに譲った。ここにいたって,日本人たちは私の男らしくない行為にひどくむかむかして,あやうく騒ぎが持ち上がるところであった。
 私たちが会った中で本当に好ましく思った日本人は,唯一ミス・イトウ(注:伊藤野枝、1895-1923だけであった。彼女は若くて美しく,ある有名な無政府主義者(注:大杉栄, 1885-1923)と同棲しており,彼女には(大杉との間に息子が一人いた。ドーラは彼女にこう尋ねた。「当局があなたに何か危害を加えるんじゃないかと恐れていませんか?」 彼女は喉もとに手をあてそれを横にひいて(首をはねられるまねをしながら)言った。「遅かれ早かれ,当局は私たちを殺害するだろうことはわかっています。」 関東大震災の時,彼女がその無政府主義者と同棲している家に,その憲兵(注:甘粕正彦憲兵犬尉)がやって来た。そこに,彼と彼女と(甘粕大尉が2人の子供だと思った)小さな甥の3人がいるのを発見し,彼ら(憲兵隊)は3人に指名手配されていると言った。憲兵本部(注:原文では警察署 the police station と書いてあるが実際は憲兵本部)に3人は連れていかれ,別々の部屋に入れられ,その憲兵(甘粕大尉)によって絞め殺された。手を下した当人は,子供は,連行の途中うまく手なずけたので,始末するのに大した面倒はなかったと自慢した。彼ら(憲兵隊)は,たちまち国家的英雄に祭り上げられ,学校の児童たちは彼らを讃える作文を書かされた。

v.2,chap.3: China

The Japanese attitude towards women is somewhat primitive. In Kyoto we both had mosquito nets with holes in them, so that we were kept awake half the night by mosquitoes. I complained of this in the morning. Next evening my mosquito net was mended, but not Dora's. When I complained again the next day, they said: 'But we did not know it mattered about the lady.' Once, when we were in a suburban train with the historian Eileen Power, who was also travelling in Japan, no seats were available, but a Japanese kindly got up and offered his seat to me. I gave it to Dora. Another Japanese then offered me his seat. I gave this to Eileen Power. By this time the Japanese were so disgusted by my unmanly conduct that there was nearly a riot.
の画像 We met only one Japanese whom we really liked, a Miss Ito. She was young and beautiful, and lived with a well-known anarchist, by whom she had a son. Dora said to her: 'Are you not afraid that the authorities will do something to you?' She drew her hand across her throat, and said: 'I know they will do that sooner or later.' At the time of the earthquake, the police came to the house where she lived with the anarchist, and found him and her and a little nephew whom they believed to be the son, and informed them that they were wanted at the police station. When they arrived at the police station, the three were put in separate rooms and strangled by the police, who boasted that they had not had much trouble with the child, as they had managed to make friends with him on the way to the police station. The police in question became national heroes, and school children were set to write essays in their praise.
(掲載日:2009.03.13 /更新日:2011.9.29)