(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB23-080(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.3 (China) 目次  Contents (総目次)

(第2巻第3章 中国)(承前)

 (当時の)中国は,動乱の中にあった(という事実)にもかかわらず,ヨーロッパと比べると,哲学者のような'平静さ'に満たされている国のように,私たち(ラッセルとドーラ)には思われた。一週間に一度,英国から郵便が届いたが,それらの英国から届く手紙や新聞は,突然開かれた溶鉱炉の扉から吹き出る猛火の熱のように,一陣の狂気を私たちに吹き込むように感じられた(注:あくまでも,中国の「哲学者のような達観した'平静さ'」との比較で)。私たちは日曜日に働かなければならなかったので,月曜日に休みをとることを習慣とし,通常,終日,天壇(注:中国にある世界遺産の1つで,明清代の皇帝が天に対して祭祀を行った宗教的な場所(祭壇)/YouTube 動画:天壇公園で過ごした。それは私がかつて幸運にも見ることのできた最も美しい建造物であった。私たちはいつも,ほとんどものを言わず,ゆったりと平和にひたりながら,冬の日差しを浴びて坐っていた。そうして,私たち自身のとり乱した欧州大陸の狂気と激情に対して,平静かつ穏やかに立ち向かう心の準備を整えてからいつも天檀を後にした。また別の時には,北京の城門の上をよく散歩した。特にはっきりと記憶しているのは,ある夜,日没とともに散歩に出かけ,満月が上っている間中,歩きつづけた時のことである。
 中国人はユーモアのセンスを持っており(あるいは持っていたと言ったほうがよいかもしれないが),それは私にとって非常に相性のよいものであった。恐らく,共産主義は中国人のユーモアのセンスを抹殺してしまったであろうが,私が中国にいた時は,彼らは絶えず私に,中国の古典に出て来る人物を思いおこさせてくれた。ある暑い日,二人の肥った中年の実業家が,ある非常に有名な半ば朽ちたパゴダ(注:仏塔)を見に,自動車で田舎に出かけようと,私を誘ってくれた。私たちがそこに到着すると,私は螺旋階段を上っていった。彼らも後からついて来ると思っていたが,塔のてっぺんに上りきってから見下ろすと,彼らはまだ地上に立っていた。なぜ上って来なかったのか理由を尋ねたところ,彼らは驚くほど厳粛な面持ちでこう答えた。
「私たちは上ろうと思っていました。しかし,上っていくべきかどうか議論しました。。賛成反対の両側から,多くの重要な論点(議論)が出されました。しかし,ついに,私たちの態度を決定した論点(議論)が出されました。つまり,このパゴダはいつ崩れるかわからない状態ですので,もし崩れた場合,この哲学者がどのようにして死んだか目撃証言することのできる者がいることは良いことだろう,と私たちは思いました。」
 彼らが本当に言おうとしたことは,その日は暑くて,自分たちは肥っているので登りたくない,ということであった。

 多くの中国人は,洗練されたユーモアをもっており,そのユーモアは,他の人たちが意味を理解し得ない時により一層その冗談を楽しむことで成り立っていた。私が北京を離れようとしていた時,私の友だちのある中国人が,長い古典の文章の一節を,非常に小さな表面に極めて細密に手彫りしたものをくれた。また彼は,同じ文章を,この上なくすばらしい能筆で(達筆で)書き上げたものもくれた。それにはどういうことが書いてあるのかと尋ねると,彼は,「英国に戻られたら Giles 教授(Herbert Allen Giles, 1845-1935: 英国の外交官,中国研究者。Thomas Wade を継いで,ケンブリッジ大学教授)にお聞きください」と応えた。私は彼のアドバイスに従い Giles 教授に尋ねたところ,それは「魔法使いの導き」,つまり,'魔法使い'は,意見をもとめて相談に来る顧客に,魔法を教えないで,ただ彼らの好きなようにすれば良いと言うだけだ,という意味だということがわかった。私は,当面している直接の困難な政治問題に関して助言を求めて来た中国人に助言を与えることをいつも断わっていたので,それを彼が風刺して私をからかったのであった。

v.2,chap.3: China

In spite of the fact that China was in a ferment, it appeared to us, as compared with Europe, to be a country filled with philosophic calm. Once a week the mail would arrive from England, and the letters and newspapers that came from there seemed to breathe upon us a hot blast of insanity like the fiery heat that comes from a furnace door suddenly opened. As we had to work on Sundays, we made a practice of taking a holiday on Mondays, and we usually spent the whole day in the Temple of Heaven , the most beautiful building that it has ever been my good fortune to see. We would sit in the winter sunshine saying little, gradually absorbing peace, and would come away prepared to face the madness and passion of our own distracted continent with poise and calm. At other times, we used to walk on the walls of Peking. I remember with particular vividness a walk one evening starting at sunset and continuing through the rise of the full moon.

The Chinese have (or had) a sense of humour which I found very congenial. Perhaps communism has killed it, but when I was there they constantly reminded me of the people in their ancient books. One hot day two fat middle-aged business men invited me to motor into the country to see a certain very famous half-ruined pagoda. When we reached it, I climbed the spiral staircase, expecting them to follow, but on arriving at the top I saw them still on the ground. I asked why they had not come up, and with portentous gravity they replied:
'We thought of coming up, and debated whether we should do so. Many weighty arguments were advanced on both sides, but at last there was one which decided us. The pagoda might crumble at any moment, and we felt that, if it did, it would be well there should be those who could bear witness as to how the philosopher died.'
What they meant was that it was hot and they were fat.

Many Chinese have that refinement of humour which consists in enjoying a joke more when the other person cannot see it. As I was leaving Peking a Chinese friend gave me a long classical passage microscopically engraved by hand on a very small surface; he also gave me the same passage written out in exquisite calligraphy. When I asked what it said, he replied: 'Ask Professor Giles when you get home' I took his advice, and found that it was 'The Consultation of the Wizard', in which the wizard merely advises his clients to do whatever they like. He was poking fun at me because I always refused to give advice to the Chinese as to their immediate political difficulties.
(掲載日:2009.02.11 /更新日:2011.9.19)