(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』21-260(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.1 (The First War) 目次へ  Contents (総目次へ)
* (資料)英国の軍隊階級/内閣役職対照表

(第一章 第一次世界大戦)(承前)


 A Map of South Wales: From ©Google Map, 2006.

 まことに奇妙なことに,軍需産業の労働者たちが平和主義者である傾向があった。私は南ウェールズ(松下注:カーディフなど)の軍需産業の労働者たちに対して何度か演説をしたが,それらの演説は刑事によってすべて不正確に報告され,それが原因で,いかなる禁止地域にも私は入ってはいけないという命令を陸軍省The War Officeから出させる結果となった。(ラッセル原注:p.300に収録してある,私と陸軍省のコッカリル大将との会見に関する私の声明を参照) それらの禁止地域は,スパイによって侵入されないように特に望まれる場所であった。それらのなかには全ての海岸線が含まれていた。抗議の結果,陸軍省は私をドイツのスパイだと思っているわけではないと発表したが,それにもかかわらず,私がドイツの潜水艦に信号を送るかもしれないという恐れから,私は海の近くに行くことを一切許されなかった。その命令が出された当日,私はサセックス州のボシャムBosham −−その時,私はエリオット夫妻(T. S. Eliot 夫妻)と一緒にボシャムに滞在していた。−− からロンドンに行っていた(上京していた)。私は,自分の(洋服用)ブラシや櫛や歯ブラシをエリオット夫妻に(ロンドンまで)持ってきてきてもらわなければならなかった。なぜかというと,私が自分で取ってくるのを政府が反対したからである。政府側からのこういった種々のご挨拶(=仕打ち)がなければ,−−私の平和主義者としての活動は,まったく無益だと思いはじめていたので,−−多分,平和活動は投げ出していただろう。しかしながら,政府の側はそうではない(私の平和活動は効果がない)とは考えていないことがわかったので,そんなことをしても無益だと考えた自分の方が間違っているかもしれないと思い,活動を続けた。私がなんらか善いことをしているのどうかという問題は別にして,平和活動をやめる動機は平和活動の結果を私が恐れたからであると(世間に)思われるかもしれない時(時期)に,活動を止めることはできなかった。
A Photo of Bosham: From ©Google Satellite, 2006.

Munition workers, oddly enough, tended to be pacifists. My speeches to munition workers in South Wales, all of which were inaccurately reported by detectives, caused the War Office to issue an order that I should not be allowed in any prohibited area.(See my statement concerning my meeting with General Cockerill of the War Office on page 300) The prohibited areas were those into which it was particularly desired that no spies should penetrate. They included the whole sea-coast. Representations induced the War Office to state that they did not suppose me to be a German spy, but nevertheless I was not allowed to go anywhere near the sea for fear I should signal to the submarines. At the moment when the order was issued I had gone up to London for the day from Bosham in Sussex, where I was staying with the Eliots. I had to get them to bring up my brush and comb and tooth-brush, because the Government objected to my fetching them myself. But for these various compliments on the part of the Government, I should have thrown up pacifist work, as I had become persuaded that it was entirely futile. Perceiving, however, that the Govermnent thought otherwise,.I supposed I might be mistaken, and continued. Apart from the question whether I was doing any good, I could not well stop when fear of consequences might have seemed to be my motive.
(掲載日:2006.09.13 更新日:2011.7.24)