(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』21-140(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.1 (The First War) 目次  Contents (総目次)

(第一章 第一次世界大戦)

 ロレンスは,大部分の人々が気がついていなかったが,妻の代弁者'であった。彼は雄弁であったが,妻(右写真)の方がアイデアを持っていた。彼女は,精神分析というものがまだ英国ではほとんど知られていなかった頃,毎年,夏のある期間,オーストリア人のフロイド主義者たちの居留地(コロニー)で,いつも過ごしていた。どのようにしてかよくわからないが(ともかくも),彼女は,後にムッソリーニやヒットラーによって展開された諸見解(思想)を,時代に先んじて摂取し,そうして,それらの思想を,言わば'血の意識'によって,ロレンスに伝えていた。ロレンスは,本質的には小心な人間であり,怒鳴り散らす(空威張り)によって,その小心さ(気弱さ)を隠そうとしていた。彼の妻は小心なところがなく,彼女による告発(糾弾)は,空威張りではなく,雷鳴の性質を有していた。彼女の翼の下にある時は,彼は比較的安全を感じていた。彼は,マルクスと同様,ドイツの貴族と結婚したことについて,俗物的な誇りを持っており,そうして,「チャタレイ夫人の恋人」の中で,妻を驚くほど飾り立てた。彼の思想は,飾らない現実主義の仮面をかぶった自己欺瞞の塊であった。彼の描写力は卓越していたが,彼の思想はいくら早く忘れされれるとして早すぎることはない(早く忘れ去られたほうがよい?)。
Lawrence, though most people did not realise it, was his wife's mouthpiece. He had the eloquence, but she had the ideas. She used to spend part of every summer in a colony of Austrian Freudians at a time when psycho-analysis was little known in England. Somehow, she imbibed prematurely the ideas afterwards developed by Mussolini and Hitler, and these ideas she transmitted to Lawrence, shall we say, by blood-consciousness. Lawrence was an essentially timid man who tried to conceal his timidity by bluster. His wife was not timid, and her denunciations have the character of thunder, not of bluster. Under her wing he felt comparatively safe. Like Marx, he had a snobbish pride in having married a German aristocrat, and in Lady Chatterley he dressed her up marvellously. His thought was a mass of self-deception masquerading as stark realism. His descriptive powers were remarkable, but his ideas cannot be too soon forgotten.
(掲載日:2006.05.01/更新日:2011.7.6)