(本館トップページ)  (初心者トップページ)  (分館トップページ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』16-10(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第6章(プリンキピア・マテマティカ)目次  総目次
* 右上写真(ホワイトヘッド夫人)出典:R. Clark's Bertrand Russell and His World, 1981.


 『プリンキピア・マテマティカ』を執筆している全期間を通して,私とホワイトヘッド夫妻との関係は,困難かつ複雑なものであった。ホワイトヘッドは,世間には,穏和で,理性的で,思慮分別のある人間だと思われていた。しかし彼をよく知るようになると(知るようになった人には),それは'見かけ'だけにすぎないとわかった。強い自制心をもった多くの人と同様に,彼はほとんど正気とは思えないようないろいろな衝動に悩まされた。彼は,彼女(Evelyn:右写真)と出会う前は,カトリック教会の信徒になろうと決心していたが,彼女に恋をし,最後の瞬間に,教会に入るのをかろうじてとり止めた。彼はいつも金が足りないという恐れにつきまとわれていた。彼はそれを合理的な方法で解決しようとしないで,自分には金銭的に余裕があると自分自身に思いこませる期待のもと,向こう見ずにお金を使った。彼は,よくぶつぶつ言いながら,自分自身に対し不当な叱責の言葉を言い,ホワイトヘッド夫人や彼女の使用人たちを怯えさせていた。彼は,時々,n何日も完全に沈黙をし,家の誰に対しても一言もしゃべらなかった。ホワイトヘッド夫人は,夫は発狂するのではないかとの恐怖に絶えずとりつかれていた。いまふり返ってみると,彼女は夫の発狂の危険を過大視していたように思われる,というのは,彼女は物の見方が,かなり感傷的に(メロドラマ風に)なる傾向があったからである。しかし,ホワイトヘッドが発狂する危険性は,彼女が思っていたほど大きくはないとしても,確かに現実に存在していた。彼女は私に,夫のことについて最大限率直に語った。そうして,(いつのまにか)彼を発狂させないように,彼女と密接な連携のもと,努力している自分に気づいた。何が起ころうと,彼の仕事は決して衰えることはなかった。しかし,周囲の人には,ホワイトヘッドは人間が耐えることができると思われる以上の'強い自制心'を働かせており,またいつでも(過労で)倒れる可能性がある,と思われた。ホワイトヘッド夫人はいつも,夫がケンブリッジの小売商人たちに支払わないといけない高額の請求書を急増させていることを発見したが,それを言うことによって彼を狂気に駆り立てるかも知れないという怖れから,彼女は夫に,彼らに支払うだけの金がないことを言う勇気がなかった。私はいつも,必要なお金を内々で彼女に手渡していた。ホワイトヘッドを欺くことはとてもいやなことであり,彼がもしこのことを知ったならばきっと耐え難い恥辱だと思ったであろう。しかし,彼の家族は支えてあげなければならないし,「プリンキピア・マテマティカ」は書き上げなければならず,これらの目的を達成するためには,これ以外の方法はないように思われた。私は,資本というかたちでできることはすべて行い,また時には人に借りてまでそうした。目的が手段を正当化した,と思う(思いたい)1952年になるまで,私はこのことを誰にも話したことがなかった(注:ホワイトヘッドは,1947年12月30日に亡くなっているので,その約5年後に語ったことになる。)
Throughout the whole time of the writing of Principia Mathematica, my relations with the Whiteheads were difficult and complex. Whitehead appeared to the world calm, reasonable, and judicious, but when one came to know him well one discovered that this was only a facade. Like many people possessed of great self-control, he suffered from impulses which were scarcely sane. Before he met Mrs Whitehead he had made up his mind to join the Catholic Church, and was only turned aside at the last minute by falling in love with her. He was obsessed by fear of lack of money and he did not meet this fear in a reasonable way, but by spending recklessly in the hope of persuading himself that he could afford to do so. He used to frighten Mrs Whitehead and her servants by mutterings in which he addressed injurious objurgations to himself. At times he would be completely silent for some days, saying nothing whatever to anybody in the house. Mrs Whitehead was in perpetual fear that he would go mad. I thinks in retrospect, that she exaggerated the danger, for she tended to be melodramatic in her outlook. But the danger was certainly real, even if not as great as she believed. She spoke of him to me with the utmost frankness, and I found myself in an alliance with her to keep him sane. Whatever happened his work never flagged, but one felt that he was exerting more self-control than a human being could be expected to stand and that at any moment a break-down was possible. Mrs Whitehead was always discovering that he had run up large bills with Cambridge tradesmen, and she did not dare to tell him that there was no money to pay them for fear of driving him over the edge. I used to supply the wherewithal surreptitiously. It was hateful to deceive Whitehead, who would have found the humiliation unbearable if he had known of it. But there was his family to be supported and Principia Mathematica to be written, and there seemed no other way by which these objects could be achieved. I contributed all that I could realise in the way of capital, and even that partly by borrowing. I hope the end justified the means. Until 1952 I never mentioned this to anyone.



(掲載日:2005.12.05/更新日:2011.5.3)