(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』15-14(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第5章(初婚)累積版  総目次


 私たちは,次に,ブリン・マー・カレッジBryn Mawr:米国ペンシルベニヤ州東南部にある有名な女子大学)に行き,ボンド・トーマスの姉で,ブリン・マーの学長をしていたカレイ・トーマス(Martha Carey Thomas, 1857-1935。1894-1922の間,第2代学長/右写真)のところに滞在した。彼女は,家族全員からほとんど畏敬の念をもって扱われていた。彼女は,莫大なエネルギーを持っており,実業家の効率性を持って実行した(教養を高めるための)鍛練(?)についての信念及び男性に対する深い軽蔑感を抱いていた。私が最初に彼女に会ったのは,フライディズ・ヒルにおいてであるが,彼女がフライデイズ・ヒルに到着する前に,(アリスの兄の)ローガンは私に,「カレイに会う'心の準備'をしなさい」と言った。この言葉は,彼女(カレイ・トーマス)に対するパーサル家の人々の態度を表していた。けれども,彼女はごく容易にショックを受けやすかったので,私は彼女についてまじめに考えることはまったくできなかった。彼女は,学問的な主題について書こうとする人は,その主題に関する文献をよく読むべきであるという全く賞賛すべき見解を抱いていた。そこで私は,重々しく,非ユークリッド幾何学における進歩のことごとくは,それ以前の文献をまったく無視してなされたものであり,また,無視したからこど進歩したものであると,彼女に告げた。この発言のせいで,ずっと後まで,彼女は私を単なる'道化者'(ひょうきん者)と見なすことになった。けれども,さまざまの出来事が,彼女に対する私の見方が当たっている(誤っていない)ことを証明してくれた。たとえば,一度パリで,私たちが彼女を'レグロン'L'Aiglon/訳注:Edmond Rostand エドモン・ロスタン, 1868-1917 作の芝居で,L'Aiglon は,フランス語で「鷲」を意味し,ナポレオンII世を暗示している)を見につれていったことがあるが,彼女の言動から,1830年にフランス革命があったことを彼女が知らなかったことを,私は発見した。私は,ごくかいつまんでフランスの歴史を彼女に説明したが,それから2,3日後に,彼女は,自分の秘書がフランス史のハンドブックを欲しがっていると私に言い,私に1冊推薦してほしいと依頼してきた。けれども,彼女は,ブリン・マーにおいては,(ギリシアのオリンポス山の)主神ゼウスのような存在であり,彼女の面前では,誰もが身震いした。彼女は,友人のミス・グウィン(Mary Gwinn 1861-194?, ブリン・マー・カレッジ英文学教授)と一緒に暮らしていたが,ミス・グウィンはほとんどの面で彼女と正反対であった。ミス・グウィンは,意志力が非常に弱く,温和で,怠惰な性格であったが,文学に対する狭いけれども本物の感覚をもっていた。彼女ら2人は,ずっと若い頃から友達であり,博土号をとるために一緒にドイツに行ったが,取得できたのはカレイだけであった。私たち夫婦が彼女たちのところに滞在した時は,2人の友情には,少しひびが入っていた。ミス・グウィンは,2週間ごとに3日間ずつ家族のところに帰宅するのを習慣としていたが,彼女が2週間ごとに出発すると同時に,ミス・ギャレットという別の女性が到着し,ミス・グウィンが戻ると同時にいつも,ミス・ギャレットはカレイのもとを去っていった。その間,ミス・グウィンは,ブリン・モア大学で教師をしていたホッダーという名のとても聡明な青年と恋におちていた(参考:Alfred and Mary Gwinn Hodder Papers。このことはカレイを激怒させ,毎晩,私たちが寝ようとする頃,連続して何時間も,隣りの部屋で,ミス・グウィンをがみがみ叱りつける怒声がいつも聞こえてきた。ホッダーには妻子がいたが,彼と何人かの女子学生たちとの恋愛の噂が流れていた。けれども,こうした障害にもかかわらず,ミス・グウィンは,ついには彼と結婚した。彼女は,ホッダーがブリン・マーでもっていた妻は彼の法律上の正式な妻ではないということを明確にするための儀式をとり行なうことをある高教会派(教会の権威・支配・儀式を重んずる英国国教会の一派)の牧師に強く主張した。なぜなら,当の牧師が離婚した人々を結婚させることを拒否したからである。ホッダーは,すでに離婚したと言い立てていたが,ミス・グウィンの行動は,事実はそうでなかったことを示していた。結婚後すぐに彼は,あまりにも騒々しい生活で消耗し,亡くなった。彼は非常に聡明な知性をもっており,女性がいないところでは,大変興味深い話をすることができた。
の画像
拡大する!(enlarge)
We went next to Bryn Mawr to stay with the President, Carey Thomas, sister of Bond Thomas. She was a lady who was treated almost with awe by all the family. She had immense energy, a belief in culture which she carried out with a business man's efficiency, and a profound contempt for the male sex. The first time I met her, which was at Friday's Hill, Logan said to me before her arrival: 'Prepare to meet thy Carey.' This expressed the family attitude. I was never able myself, however, to take her quite seriously, because she was so easily shocked. She had the wholly admirable view that a person who intends to write on an academic subject should first read up the literature, so I gravely informed her that all the advances in non-Euclidean geometry had been made in ignorance of the previous literature, and even because of that ignorance. This caused her ever afterwards to regard me as a mere farceur. Various incidents, however, confirmed me in my view of her. For instarice, once in Paris we took her to see 'L'Aiglon', and I found from her remarks that she did not know there had been a Revolurion in France in 1830. I gave her a little sketch of French history, and a few days later she told me that her secretary desired a handbook of French history, and asked me to recommend one. However, at Bryn Mawr she was Zeus, and everybody trembled before her. She lived with a friend, Miss Gwinn, who was in most respects the opposite of her. Miss Gwinn had very little will-power, was soft and lazy, but had a genuine though narrow feeling for literature. They had been friends from early youth, and had gone together to Germany to get the Ph.D degree, which, however, only Carey had succeeded in getting. At the time that we stayed with them, their friendship had become a little ragged. Miss Gwinn used to go home to her family for three days in every fortnight, and at the exact moment of her departure each fortnight, another lady, named Miss Garrett, used to arrive, to depart again at the exact moment of Miss Gwinn's return. Miss Gwinn, meantime, had fallen in love with a very brilliant young man, named Hodder, who was teaching at Bryn Mawr. This roused Carey to fury, and every night, as we were going to bed, we used to hear her angry voice scolding Miss Gwinn in the next room for hours together. Hodder had a wife and child, and was said to have affairs with the girls at the College. In spite of all these obstacles, however, Miss Gwinn finally married him. She insisted upon getting a very High Church clergyman to perform the ceremony, thereby making it clear that the wife whom he had had at Bryn Mawr was not his legal wife, since the clergyman in question refused to marry divorced persons. Hodder had given out that there had been a divorce, but Miss Gwinn's action showed that this had not been the case. He died soon after their marriage, worn out with riotous living. He had a very brilliant mind, and in the absence of women could talk very interestingly.
(掲載日:2005.10.07 更新日:2011.4.7)