(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



ラッセル「幸福に至る道」n.3 (松下彰良・訳)

The road to happiness (1952)

前ページ(Forward) 次ページ(Forward)

 幸福の物質的条件、即ち,健康と十分な収入を持ちながら、それにもかかわらずひどく不幸な人が多数いる。これは,特に,アメリカにおいてみられる(真実である)。このような場合においては、あたかも誤りはいかに生きるべきかについての誤った意見(理論)にあるに違いないかのように思われる。ある意味で、いかに生きるべきかに関するいかなる理論も誤っているといってよいであろう。我々は、実際そうである以上に、人間は動物と異なっていると想像する。(注:みすず書房版の中村訳では「我々は,我々同士が違っているように、動物と違っていると想像する」と誤訳している。/'than we are'は「現実にそうである以上に」)動物は衝動に従って生き、外的条件が具合よい限り幸福である。あなたが猫を飼っているとしたら、その猫は、食物と暖かさと、夜時々(外を)徘徊する(遊び回る)機会があれば、生活を楽しむことであろう。(注:みすず書房版の中村訳では「夜時々瓦にのぼる機会とがあれば」と訳している。/もちろん「瓦の上で遊ぶこと」も含まれるが、'on the tiles' はここではもっと一般的に「夜時々遊び回る(徘徊する)」の意味であろう。) 人間に必要なものは、猫が必要なものよりも複雑であるが、(人間も)やはりその本能にその基礎をもっている。文明社会、特に英語を話す社会においては、このことはあまりにも忘れられがちである。人々はある種の一つの最重要の目標を自分に課し、その助けとならないあらゆる衝動を抑制する(ものである)。実業家(businessman)は金持になることを非常に熱望し、その目的のために、健康及び個人的な愛情を犠牲にする。ついにその人が金持ちになると、他の人に自分の気高い例を真似るように勧めること(勧める楽しみ)を除いて,まったく楽しみは残されていない(のである)。多くの裕福な婦人たちは、彼女たちに文学や芸術に対する自発的な喜びを生まれながらに与えられていないのにもかかわらず、教養があるように思われたいと決意し、流行の新刊書について、適切なことを言うことを学ぶことに退屈な時間を費す。彼女たちには、書物は(人間に)喜びを与えるために書かれるのであり、ほこりっぼい俗物主義のための機会を与えるために書かれるのではない、ということは,彼女立ちには思い浮かばない(のである)。

There are a great many people who have the material conditions of happiness, i.e. health and a sufficient income, and who, nevertheless, are profoundly unhappy. This is especially true in America. In such cases it would seem as if the fault must lie with a wrong theory as to how to live. In one sense we may say that any theory as to how to live is wrong. We imagine ourselves more different from the animals than we are. Animals live on impulse, and are happy as long as external conditions are favorable. If you have a cat, it will enjoy life if it has food and warmth and opportunities for an occasional night on the tiles. Your needs are more complex than those of your cat, but they still have their basis in instinct. In civilized societies, especially in English-speaking societies, this is too apt to be forgotten. People propose to themselves some one paramount objective, and restrain all impulses that do not minister to it. A businessman may be so anxious to grow rich that to this end he sacrifices health and the private affections. When at last he has become rich, no pleasure remains to him except harrying other people by exhortations to imitate his noble example. Many rich ladies, although nature has not endowed them with any spontaneous pleasure in literature or art, decide to be thought cultured, and spend boring hours learning the right thing to say about fashionable new books. It does not occur to them that books are written to give delight, not to afford opportunities for a dusty snobbism.
(掲載日:2015.02.25/更新日:)