(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

 

ラッセル「ジョン・スチュアート・ミル」n.16 (松下彰良・訳)

John Stuart Mill, 1955.

前ページ(Back 次ページ(Forward)

 V(続き)

 しかし,オーストラリアの開拓者の生活は,共産国の小作人と比べれば,天国の恵みを受けた生活であり,共産国の小作人はツァー(ロシア皇帝)によって支配された最悪の時代よりも,さらに完全な農奴となっている。彼は土地を所有せず,彼自身の労働の産物に対して何の権利もなく,当局はただ生存を維持するに足りるものだけを与えるにすぎず,少し不平を言うだけで,彼は強制労働収容所に入れられてしまう(注:ラッセルはスターリンによる恐怖政治時代のことを言っている。1,000万人以上が強制収容所に送られて亡くなったと言われている)全体主義国家は組織化の終わり(最終状態)であり,用心しないとあらゆる発達した国々がそこに向っていっていると気づくような目標である。社会主義者たちは,これまで資本家に帰属していた権力が国家に帰属するようになれば,恩恵を与えるものとなると考えた。国家が民主主義的である限り,ある程度までは、これは事実である。共産主義者たちは,不幸にして,この但し書き(条件)を忘れていた。経済力を少数者が支配する国家に移管させることによって,彼らは,より恐ろしく,より広汎で,同時に、これまで歴史上に存在したものよりも綿密な、圧政装置を生み出した(のである)。私はこれがロシア革命を起こした人たちの意図だとは思わないが,それは彼らの行動の結果であった。彼らが、自由の必要性や専制的権力の不可避的な悪を理解できなかったために,この結果が生まれたのである。
But the life of the Australian pioneer is one of heavenly bliss when compared with that of the peasant in Communist countries, who has become more completely a serf than he was in the worst days of the Czardom. He owns no land, he has no right to the produce of his own labor, the authorities permit him only a bare subsistence, and any complaint may land him in a forced-labor camp. The totalitarian State is the last term of organization, the goal toward which, if we are not careful, we shall find all developed countries tending. Socialists have thought that the power hitherto vested in capitalists would become beneficent if vested in the State. To some degree this is true, so long as the State is democratic. Communists, unfortunately, forgot this proviso. By transferring economic power to an oligarchic State, they produced an engine of tyranny more dreadful, more vast, and at the same time more minute than any that had existed in previous history. I do not think this was the intention of those who made the Russian Revolution, but it was the effect of their actions. Their actions had this effect because they failed to realize the need of liberty and the inevitable evils of despotic power.

(掲載日:2015.12.28/更新日:)