(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル「上品な人々」n.4 (松下彰良・訳)

Nice People, 1930

前ページ(Forward) 次ページ(Forward)


 一般的に,「上品」な人々は,世界(世の中)の警備(安全を守る仕事/警備や国防)は,雇用人(注:金で雇った人間)にまかせる。なぜなら,そういった仕事は,「上品」な人が手をつけようとはしないものだと感じているからである。けれども,代理者(他人)にまかせようとしない部門が一つある。それは陰口(backbiting)と醜聞(scandal)の部門である(注:上品な人は表立って下品なことは言わないが,裏ではいっぱい好んで言う,といったニュアンス))。人々は,弁舌力(話力)によって「上品さ」の階層の中に位置づけることができる(注:ランキングできる)。もしAがBに敵対的に話し,BがAに敵対的に話す場合,彼らが住んでいる社会によって,通常,両者のうち一人は公的義務(責務)を果たしており,他の一方は悪意によってそうしている,ということで同意される(同意にいたる)のである。公的な義務をh果たしているほうが,二人のうちで「上品」なほうである(ということになる)(注:その社会の偏見や先入観と一致するほうが正しいとされる)。このようにして,例えば,小学校の女校長は助手の女教師(助教)よりも「上品」であり,学校理事会の委員である婦人は,両者(注:女校長と助手の女教師)よりも「上品」であるということになる。うまく方向づけられたうわさ話(注:title-tattle 噂話,くだらない話)は,その犠牲者の男女の先生の生計を容易に失わせることにもなりかねず,この極端な結果が達成されない時でさえ,ある人を浮浪人にさせるかもしれない。それゆえ,それは善(善行)のための偉大な力であり,それをふるうのは「上品」な人々であることを,我々は感謝すべきである(注:言うまでもなく皮肉です)。


In general, nice people leave the policing of the world to hirelings because they feel the work to be not such as a person who is nice would wish to undertake. There is, however, one department which they do not delegate -- namely, the department of backbiting and scandal. People can be placed in a hierarchy of niceness by the power of their tongues. If A talks against B, and B talks against A, it will generally be agreed by the society in which they live that one of them is exercising a public duty, while the other is actuated by spite; the one who is exercising the public duty is the one who is the nicer of the two. Thus, for example, a headmistress in a school is nicer than an assistant mistress, but a lady who is on the school board is nicer than either. Well-directed tittle-tattle may easily cause its victim to lose his or her livelihood, and even when this extreme result is not achieved, it may turn a person into a pariah. It is, therefore, a great force for good, and we ought to be thankful that it is the nice people who wield it.

(掲載日:2015.10.16/更新日:)