バートランド・ラッセルの名言・警句( Bertrand Russell Quotes )

 幸福な人生は驚くほど善い人生と同じである。職業的な道徳家はこれまで自己否定を重視しすぎてきた。そして、重視しすぎることによって強調すべきところを間違えてきた。意識的な自己否定は人を自己に没入させ、自分が犠牲にしたものをまざまざと意識させる。その結果、自己否定はしばしばその当面の目的を達成しないばかりか、必ずといってよいほど究極の目的も達成しない。必要なのは自己否定ではなく −自分の美徳の追求に没頭している人なら意識的な自己否定によってのみ実行できるような行為を、自発的かつ自然に可能とするように− 興味を外へ向けることである。

The happy life is to an extraordinary extent the same as the good life. Professional moralists have made too much of self-denial, and in so doing have put the emphasis in the wrong place. Conscious self-denial leaves a man self-absorbed and vividly aware of what he has sacrificed; in consequence it fails often of its immediate object and almost always of its ultimate purpose. What is needed is not self-denial, but that kind of direction of interest outward which will lead spontaneously and naturally to the same acts that a person absorbed in the pursuit of his own virtue could only perform by means of conscious self-denial.
 出典: The Conquest of Happiness, 1930, chap. 17: Th Happy Man.
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/HA28-030.HTM

 <寸言>
 自分の気持ちにこだわり,「自分の」美徳の追求に没頭している人(某首相や某知事や某市長など)は自分にだけでなく周囲にも被害を及ぼすことが往々にしてあるということ。