(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


overhear (v)【偶然耳にする,ふと耳にする】
I stayed once in a country house where there were three very clever young women and several young men. I overheard the former discussing the latter, and they were saying: 'Of course, they haven't much logic or power of reasoning, but they have marvellous intuition.'
[かつて私はたまたまカントリー・ハウス(松下注:田舎にある貴族の邸宅)で,3人のきわめて聡明な若い女性と数人の若い男性と同宿した。(その時)たまたま,前者(女性たち)が後者(男性たち)について,「もちろん彼らにはたいして論理性や推論能力もない。でも彼らは驚くべき直感力を持っている(直感が働く)」といっているのを偶然耳にした。
 出典:ラッセル『アメリカン・エッセイ集』の中の「フェミニズムの危険性」]

Gradually I discovered that he had no real wish to make the world better, but only to indulge in eloquent soliloquy about how bad it was. If anybody overheard the soliloquies, so much the better, but they were designed at most to produce a little faithful band of disciples who could sit in the deserts of New Mexico and feel holy.
[彼(D. H. ロレンス)は世の中をよりよくしたいとは実際にはまったく望んではおらず,ただ単に世の中がいかに悪いかについて雄弁に独白することにふけっているにすぎない,ということがしだいにわかってきた。もし誰かがその独白(独り言)を立ち聞きすれば(偶然耳にすれば),その分だけましではあるが(聞いてもらえるだけよいだろうが),それらの独白は,せいぜい(米国の)ニュー・メキシコ州の砂漠に坐って,聖人気分にひたることのできる一握りの忠実な信徒をつくり出すことを意図したものであった. (注:妻フリーダは敵国ドイツの人間であり,迫害を受けたために,ロレンス夫妻は1919年に英国を離れ,以後,欧州各地・オーストラリア・メキシコ・米国ニュー・メキシコなどに長期滞在した。)
 出典:ラッセル『自伝』第2巻第1章「第一次世界大戦」]

I overheard some cruel remarks about my husband in the cafe.
[私は喫茶店で自分の夫のひどい悪口をふと耳にした。
 出典:『新版完全征服 データベース5500 合格 英単語・熟語』p.285]

We talked quietly so as not to be overheard. / I overheard him say he was going to France.
[ 出典:Oxford Advanced Learners Dictionary, 8th ed.]