Portal Site for Russellian in Japan


「フェミニズムの危険性」(松下彰良・訳)
(1932.07.06)
Dangers of Femisism
フェミニズムとは

 この一文は,もっぱら男性向けに書いたものであり,女性の方々はどうか読まないでいただきたい(松下注:英国で女性の参政権が認められたのは1928年,因みにアメリカは1920年,のことである。ラッセルに親しんでいる方ならこのエッセイを読んで誤解するようなことはないだろうが,ラッセルは,早くから女性参政権運動を支援しており,最初の妻アリスも2番目の妻ドラも,その先頭に立って運動を行っている。右写真出典:R. Clark's Bertrand Russell and His World, 1981.)

 男性読者諸君,あなた方はほんとうに徹底したフェミニスト(女権拡張論者)に会った経験があるだろうか? その経験がない場合には,将来そのような経験をする可能性にそなえて心の準備を十分しておくのが賢明だろう。通常の平凡なフェミニストは,男女同権を主張することで満足するが,徹底したフェミニストは,今こそ女性は従来男性によって享受されてきた地位につくべきであり,逆に男性はこれまで女性が堪え忍んできた従属的地位につくべきである,といった考えを抱いている。こんな途方もないことが想像できるだろうか? しかしその正当づけの理由が,さらに途方もないものである。つまりそれは復響に根ざしている。

 最初の第一歩は,言葉の改革であるだろう。従来の『人間(男 man)一般と下等動物』という言い方の代りに,われわれは『人間(女 woman)一般と下等動物』と言え,と教えられなければならない。私は最近たまたま生徒の知識習得の驚くべき緩慢さについて,「普通の少年は,彼の教師の期待よりも履修内容の習得がずっと遅い」と書いたが,世の通常のフェミニストは,これに代えて多分,「普通の少年ないし少女は,彼ないし彼女の教師の期待よりも,履修内容の習得がずっと遅い」という言い方をするだろう。しかし極端なフェミニストならば,「普通の少女は,彼女の教師が彼女に期待するよりも,履修内容の習得がずっと遅い」と言う(にちがいない)。フランス語では,百人の女と一人の男の乳幼児を集合的に指示して言う場合(の人称代名詞)は,当然ながら,「彼ら」という男性複数形を使うが,しかし改革された言い方では,百人の男と一人の女の乳幼児を集合的に指示して言う場合は,必ず女性複数形を使わなければならない。
 この種の改革論者は,言葉の使用法から始めて,他の諸方策へと進むだろう。結婚にあたり男性は,女性の結婚前の姓(妻方の姓)を名乗り,自分の姓を捨て,したがって生まれた子供も当然ながら母方の姓を名のることになる。もしも何かの偶然で,男性が財産を相続する場合には,彼が身内の女性の誰かか,あるいは女性弁護士に財産の投資(の対象)について相談するよう,周囲は期待するだろう。なぜならば,男性は高い道徳的資質をもってはいるが,事務的な適性をほとんどもっていない(と考えられる)からである。
 かつて私はカントリー・ハウス(松下注:中野好之氏は『ラッセル,人生についての断章』で,「田舎の邸」と訳しておられるが,田舎にはあるが,貴族の大邸宅のことであるので,カタカナにしておいた方が誤解をまねかないだろう。)で,3人のきわめて聡明な若い女性と数人の若い男性と同宿した。(その時),前者(女性たち)が後者(男性たち)について,「もちろん彼らにはたいして論理性や推論能力もない。でも彼らは驚くべき直感力を持っている(直感が働く)」といっているのを 偶然耳にした。私が彼女らの意見(評決)を彼ら若い男性に報告したならば,彼らがこれを聞いて喜ぶかどうか,私は疑問に思う。しかし完全なフェミニスト支配体制のもとでは,彼らはこの評決を(男性に対する女性の)賛辞と受け取らなければならないだろう。何しろこの体制下では,男は世間的成功を得るためには,自分の社交的魅力に頼らざるをえず,その魅力は,いかにして巧みに女性を説得して,優越感を感じさせるかということにあるだろう。若い男性の場合,彼が成功するための最善の方法は,裕福な女性と結婚することであるだろうし,裕福な女性と結婚する最も簡単な方法は,最も裕福な女性でも容易に理解しうる平易なことがらの説明を(彼女に)求めることであるだろう。純真なふりをしているこの種の若者を見る他の男性たちは,その気になれば男はなんと抜目なく行動できることか,と皮肉なコメントをするだろう。
 男性は女性よりも細かいことに興味を持つ傾向があり,道徳的水準は高いかもしれないが,広い視野や冷静な判断力に欠けるきらいがあるという事実が,ひろく認識されるだろう。実際,男が(自分の)装身に費している時間の長さを考えれば,広い視野や判断力をどうやって持つことができるだろうか,と女性たちは尋ねるだろう。
 ところで幸いなことに現在まで,男性はこの種の屈辱的状況に置かれていない。もし女性たちがこのような目に遭ったとしても何が問題だろうか結局のところ,彼女らはそれに憤れているのだから・・・。
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

の画像
enlarge(拡大!)
This article is addressed to men only - women are requested not to read it.

Have you, Sir Reader, met a really thoroughgoing feminist? In case you have not, you may do well to fortify yourself against the possibility of such an encounter in the future. The ordinary everyday feminist is content to suggest that men and women should be equals, but the thoroughgoing feminist holds that women should have the position hitherto enjoyed by men and men should have the position hitherto endured by women. Can anything so monstrous be imagined? But the justification offered is still more monstrous: it is revenge.

The first step will be the reform of language. Instead of speaking of 'man and the lower animals' we shall be taught to speak of 'woman and the lower animals'. I had occasion recently to remark on the surprising slowness of pupils in learning, and I wrote: 'The ordinary boy learns his lesson much more slowly than his teacher expects him to do.' The everyday feminist would substitute : 'The ordinary boy or girl learns his or her lesson much more slowly than his or her teacher expects him or her to do.' But the thoroughgoing feminist substitutes: 'The ordinary girl learns her lesson much more slowly than her teacher expects her to do.' In French, if you wish to s peak collectively of a hundred women and one male infant, the 'they' that alludes to them is masculine, as is reasonable; but under the reformed system a collection of a hundred men and one female infant will be feminine.
From language these reformers will pass on to other measures. A man, on marrying, will lose his surname, adopting the maiden name of his wife, which will be that of their children. If, by some accident, a man inherits a fortune, he will be expected to consult female relatives or female lawyers as to its investment on the ground that men, in spite of their high moral qualities, seldom have much head for business.
I stayed once in a country house where there were three very clever young women and several young men. I overheard the former discussing the latter, and they were saying: 'Of course, they haven't much logic or power of reasoning, but they have marvellous intuition.' I doubt whether the young men would have been wholly pleased if I had reported this verdict to them; but in a thorough feminist regime they would have had to pretend that they regarded it as a compliment, for in such a regime men will have to rely for success upon their social charm, which will consist in skilfully persuading women to feel superior. The best way for a young man to get on will be to make a rich marriage, and the best way to make a rich marriage will be to ask for explanations of things so simple that even the richest women will be able to understand them. Other men, watching a young man pretending to be ingenuous, will make cynical comments about how shrewd he can be when he chooses.
It will become generally recognised that men have more interest in detail than women and higher moral standards, but that they are lacking in comprehensiveness and in the power of calm judgement. How, indeed, women will ask, could it be otherwise in view of the length of time they spend on personal adornment?
Meanwhile, fortunately, men escape these humiliations. What does it matter if women suffer them? After all, they are used to them.

★10月(前月)の言葉★格言集へ