(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 14(第14章) Index

Contents(目次)
第三部 知性の教育
 第14章 一般的原理(OE14-030)


 しかし,ここで私は,最初に直面しなければならない議論にぷつかる。子供の好奇心が病的あるいは倒錯的なときにはどうするのか? 子供が猥褻なことや,虐待に関する記事に興味を持っている場合はどうするのか? 子供が他人の行為を詮索することだけに興味を示すとすれ,どうするのか? このような形の好奇心(まで)を奨励すべきなのか? この問いに答えるにあたっては,一つの区別をしなければならない。最も強調すべき点は,私たちは,子供の好奇心がこういった方向にのみ向かうように振る舞ってはいけない,ということである。しかし,だからといって,そういう事柄を知りたがることを邪悪なこどだと子供に感じさせるべきだとか,子供をそういう知識から遠ざけておくように努めるべきだとか,ということにはならない。そういう(禁じられた事柄に関する)知識の魅力は,ほとんど常にと言ってよいほど,それが禁止されているからにほかならない。ある程度の事例においては,そういう知識の魅力は医学的な治療が必要な病的な精神状態と結びついている。しかし,禁止や道徳的な恐怖に訴えることは,いかなる場合においても正しい治療ではない。最もありふれた,また最も重要な事例として,猥褻(なものごと)に対する興味・関心をとりあげてみよう。性の知識も,他の知識と全然変わるところはない(特別のものではない)と考えている少年や少女に(とって),猥褻な物が存在するとは信じられない。みだらな絵(や写真)を手に入れた少年は,それを首尾よく手に入れた自分の腕前について,また、度胸のない仲間が見つけ出せなかったことを自分は知っていることについて,自慢する。もしも,彼が性について何もかもオープンに(隠さずに)上品に話してもらっていたならば,そういう絵(や写真)にはなんの興味も感じないだろう。それにもかかわらず,もしも,少年がそういう興味を持っていることがわかれば,こういう事柄に熟練した医者に治療してもらったほうがよいだろう。その治療は,まずその少年を勇気づけて,どんなにショッキングな考えであったとしても自由に口に出せるようにし,続いて,次第に専門的・科学的になっていく知識を大量に与え,ついには,この事柄全体に飽きて,興味・関心が消え失せてしまうようにするとよい。もうこれ以上知るべきことはなく,現に知っていることも面白いものではないと感じたとき,彼は治っているだろう。肝心な点は,性の知識そのものが悪いのではなく,一つの特定の事柄についていつまでも考え込む習慣が悪いのにすぎない,ということである。強迫観念(病的な執着)は,まず強引に注意をそらそうと努めることではなく,むしろ,その知識を過剰に与えることによって治すことができる。そのようにして,興味は病的ではなく,科学的なものにすることができる。即ち,そこまでできれば,性に対する興味・関心は,他のいろいろな興味・関心の中で正当な位置を占めるようになり,強迫観念ではなくなる。これこそ,狭く病的な好奇心を取り扱う正しい方法である,と私は確信している。禁止したり,道徳的な恐怖を与えたりすれば,ますます悪化させるだけである。
(Pt. 3: Intellectual education)
Chap.14 General principles (OE14-030)

But at this point I shall be met by an argument which must be faced at the outset. What if a boy's curiosity is morbid or perverted? What if he is interested in obscenity, or in accounts of tortures? What if he is only interested in prying into other people's doings? Are such forms of curiosity to be encouraged? In answering this question we must make a distinction. Most emphatically, we are not to behave so that the boy's curiosity shall continue to be limited to these directions. But it does not follow that we are to make him feel wicked for wishing to know about such things, or that we are to struggle to keep knowledge of them away from him. Almost always, the whole attraction of such knowledge consists in the fact that it is forbidden; in a certain number of cases it is connected with some pathological mental condition which needs medical treatment. But in no case is prohibition and moral horror the right treatment. As the commonest and most important case, let us take an interest in obscenity. I do not believe that such a thing could exist in a boy or girl to whom sex knowledge was just like any other knowledge. A boy who obtains possession of indecent pictures is proud of his skill in having done so, and of knowing what his less enterprising companions have failed to find out. If he had been told openly and decently all about sex, he would feel no interest in such pictures. If, nevertheless, a boy were found to have such an interest, I should have him treated by a doctor skilled in these matters. The treatment should begin by encouraging him to utter freely even his most shocking thoughts, and should continue with a flood of further information, growing gradually more technical and scientific, until the whole matter bored him to extinction. When he felt that there was nothing more to know, and that what he did know was uninteresting, he would be cured. The important point is that the knowledge in itself is not bad, but only the habit of brooding on one particular topic. An obsession is not cured, at first, by violent efforts to distract attention, but rather by a plethora of the subject. Through this the interest can be made scientific instead of morbid ; and when that has been achieved, it takes its legitimate place among other interests, and ceases to be an obsession. This, I am convinced, is the right way to deal with a narrow and morbid curiosity. Prohibition and moral horror can only make it worse.

(掲載日:2015.06.17/更新日: )