9 ラッセル教育論/第12章 性教育(OE12-110)- Bertrand Russell のページ
(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 12(第12章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第12章 性教育(OE12-110)


 若い人たちには,子供を持つこと(作ること)はとても重大な問題であること,また,子供が健康で幸福になれるというかなりな見通しが立たないかぎり,子供を持ってはいけないということを理解するように導いてあげなければならない。伝統的な考え方によれば,結婚している場合は,たとえ子供のできるのが早すぎて母親の健康が損なわれても,たとえ子供が病気であったり精神的に異常であっても,あるいはたとえ子供が十分な食物にありつく見通しがまったくなくても,子供をもうけることとはつねに正当化できることであった。こういう見解は,現代では,人間性を恥ずかしめるものは全て神の栄光を高めると考えるような冷酷な独断論者が抱き続けているだけである。子供を愛する人たちや,無力なものを不幸な目にあわせることをよしとしない人びとは,このような残酷さを正当化するような無慈悲な独断に抵抗する。子供の権利と大切さに対する気配りは,そこに含まれる全てのことに対する気配りとともに,道徳教育の本質的な部分でなければならない。
 少女たちは,いつかは母親になるだろうということを予期することを教えられるべきであり,また,母親としての能力において有益な知識の初歩を身につけるべきである。もちろん,少年も少女も,生理学や衛生学についていくらか学ぶべきである。親としての愛情がなければ誰もよい親にはなれないことを,しかし親らしい愛情があったとしても多くの知識が必要であることを,明確に教えてあげなければならない。子供を取り扱うにあたって,知識を伴わない本能本能を伴わない知識と同様に不十分である。知的な女性は,知識の必要性をよく理解すればするほど,ますます母になることに心が惹かれるであろう。現在,高等教育を受けた女性においては,母親になると自分の知的な能力を発揮する余地がなくなると考えて,母親になることを軽蔑する者が少なくない。これは,大変不幸なことである。なぜなら,もしも彼女たちが母になりたいと思うようになれば,(知的な)彼女たちこそ最もよい母親になることができるからである。
(Pt.2 Education of Character)
Chap.12 Sex education (OE12-110)

Young people should be led to realize that it is a very serious matter to have a child, and that it should not be undertaken unless the child has a reasonable prospect of health and happiness. The traditional view was that, within marriage, it is always justifiable to have children, even if they come so fast that the mother's health is ruined, even if the children are diseased or insane, even if there is no prospect of their having enough to eat. This view is now only maintained by heartless dogmatists, who think that everything disgraceful to humanity redounds to the glory of God. People who care for children, or do not enjoy inflicting misery upon the helpless, rebel against the ruthless dogmas which justify this cruelty. A care for the rights and importance of children, with all that is implied, should be an essential part of moral education.
Girls should be taught to expect that one day they are likely to be mothers, and they should acquire some rudiments of the knowledge that may be useful to them in that capacity. Of course both boys and girls ought to learn something of physiology and something of hygiene. It should be made clear that no one can be a good parent without parental affection, but that even with parental affection a great deal of knowledge is required as well. Instinct without knowledge is as inadequate in dealing with children as knowledge without instinct. The more the necessity of knowledge is understood, the more intelligent women will feel attracted to motherhood. At present, many highly educated women despise it, thinking that it does not give scope for the exercise of their intellectual faculties ; this is a great misfortune, Since they are capable of being the best mothers, if their thoughts were turned in that direction.

(掲載日:2015.06.04/更新日: )