9 ラッセル教育論/第12章 性教育(OE12-010)- Bertrand Russell のページ
(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 12(第12章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第12章 性教育(OE12-010)


 性の問題は,非常に多くの迷信やタブーに取り囲まれているので,私は,恐る恐るこの問題をとりあげる。これまで私の述べた原理原則を受け入れてくれた読者も,その原理原則が性の領域に適用されるときは疑義をさしはさむかもしれない(可能性がある)と私は恐れている。即ち,読者は,恐怖を持たないことや,自由が子供のためによいということは,進んで認めてくれたかもしれないが,それでも(それにもかかわらず)性に関する分野では,奴隷的服従と恐怖を押しつけることを望んでいるかもしれない。私は,自分が健全だと信じている原理原則にそのような制限をつけることはできない。そこで,人間の性格(人格)を作りあげる他の衝動を扱ったのとまったく同様に,性を扱うことにしたい。
 タブーであるということとまったく関係なく,性が特有(特別)なものである点が一つある。それは,この本能が(他の本能と比べて)遅れて成熟するということである。精神分析学者(精神分析医)たちが指摘したように(ただし,かなりの誇張があるが),確かに,性本能は幼年期に見られないわけではない。しかし,幼児における性本能の現れは,おとなの生活に現れる場合とは異なっており,その強さもずっと弱く,男の子がおとなのように性本能を満足させることは肉体的に不可能である。思春期は,(現代においても)重大な情緒的な危機であり続けており,(それまでの情緒教育中心から)知識教育の真ん中に投げこまれ、教育者にいろいろな難問を差し出すところの種々の混乱を引き起こす。こういう問題の多くについて,私は(本書において)論じるつもりはない。即ち,私が(本書で)考察しようとするのは,主に思春期以前になすべき事柄である。教育上の改革が,とりわけ幼年期初期に最も必要とされるのは,まさにこの点(思春期以前になすべき事柄)に関してである。私は,多くの細部の個別事項についてフロイト主義者と意見を異にしているが,性にかかわる事柄で幼い子供の取り扱い方が間違えば,大きくなってから,いろいろな神経障害を引き起こすということを指摘した点で,彼らはとても貴重な寄与をしたと考えている彼らの仕事は,この点で既に広範囲にわたって有益な結果をもたらしているが,まだ克服しなければならない非常に多くの偏見が残っている。もちろん,子供たちを生後一年間は,大部分,まったく無教育な女性の手に委ねておくという慣行のために −−こういう女性たちは,猥褻罪で告訴されないために学識者がやむなく長々と(わかりにくい言葉で)述べている事柄を知っているとは思えないし,それ以上にそれらの事柄を信じることなど期待できないために−− その困難は非常に増しているのである。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 12 Sex education

The subject of sex is so surrounded by superstitions and taboos that I approach it with trepidation. I fear lest those readers who have hitherto accepted my principles may suspect them when they are applied in this sphere; they may have admitted readily enough that fearlessness and freedom are good for a child, and yet desire where sex is concerned to impose slavery and terror. I cannot so limit principles which I believe to be sound, and I shall treat sex exactly as I have treated the other impulses which make up a human character.
There is one respect in which, quite independently of taboos, sex is peculiar, and that is the late ripening of the instinct. It is true, as the psycho-analysts have pointed out (though with considerable exaggeration), that the instinct is not absent in childhood. But its childish manifestations are different from those of adult life, and its strength is much less, and it is physically impossible for a boy to indulge it in the adult manner. Puberty remains an important emotional crisis, thrust into the middle of intellectual education, and causing disturbances which raise difficult problems for the educator. Many of these problems I shall not attempt to discuss; it is chiefly what should be done before puberty that I propose to consider. It is in this respect that educational reform is most needed, especially in very early childhood. Although I disagree with the Freudians in many particulars, I think they have done a very valuable service in pointing out the nervous disorders produced in later life by wrong handling of young children in matters connected with sex. Their work has already produced widespread beneficial results in this respect, but there is still a mass of prejudice to be overcome. The difficulty is, of course, greatly increased by the practice of leaving children, during their first years, largely in the hands of totally uneducated women, who cannot be expected to know, still less to believe, what has been said by learned men in the long words necessary to escape prosecution for obscenity.

(掲載日:2015.05.27/更新日: )