(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 8(第8章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第8章 正直(誠実)であること(OE08-040)


 もし子供に嘘を言うのを学ばせるべきでないならば,もちろん,おとなも子供に対して厳しく正直であることが絶対に必要である。嘘をつくのは罪だと教えながら,自分は嘘をつくのを子供に知られた親は,当然,道徳的な権威をすっかり失ってしまう。子供に対して本当のことを言うという考え方は,まったく新しいものである。前の世代は,ほとんど誰もそんなことはしなかった。イブ(注:アダムの妻エバ)が,息子のカインとアベルに向かって,リンゴのことで本当のことを言ったかは,大いに疑わしい。即ち,彼女はきっと,自分のためにならないものは決して食べたことはない,と息子たちに言っただろうと確信する。昔の親の正しい(とされた)態度は,人間的な情念によって左右されず,常に純粋な理性に従って行動するオリュンポスの神々であるかのように振る舞うことであった。子供を叱るときも,怒ってというよりも,むしろ悲しんで叱った。どんなに叱ったとしても,彼らは「不機嫌な」ことはなく,子供たちのためを思って話しかけているのであった。親たちは,子供たちには驚くほど洞察力があることを悟っていなかった。子供たちは,インチキをするためのまじめくさった政治的理由を全て理解しているわけではなく,誤魔化しを直截かつ単純に軽蔑するのである。あなた(親)が気づいていない自分の嫉妬(心)や妬みは,子供の目にはあきらかであり,これらの情念の対象(相手)の邪悪さについて,あなた(親)がどれだけ道徳的なお話をしたとしても,子供はそれら全てを割り引いて考えるであろう。決して完全無欠な超人であるようなふりをしてはならない。子供はあなたの言うことを信じないだろうし,そのような態度をとったとしても,あなたをより好きになることはないだろう。私は,ごく幼いころ,私をとりまいていたヴィクトリア朝時代の誤魔化しと偽善を見抜いており,もし将来子供を持ったら,私に対してなされているような誤りを繰り返さないと誓ったことを,生き生きと覚えている。いま私は,力の及ぶかぎり,この誓いを守っている。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 8 Truthfulness (OE08-040)

Rigid truthfulness in adults towards children is, of course, absolutely indispensable if children are not to learn lying. Parents who teach that lying is a sin, and who nevertheless are known to lie by their children, naturally lose all moral authority. The idea of speaking the truth to children is entirely novel ; hardly anybody did it before the present generation. I greatly doubt whether Eve told Cain and Abel the truth about apples ; I am convinced that she told them she had never eaten anything that wasn't good for her. It used to be the thing for parents to represent themselves as Olympians, immune from human passions, and always actuated by pure reason. When they reproached the children they did it more in sorrow than in anger ; however they might scold, they were not "cross", but talking to the children for their good. Parents did not realize that children are astonishingly clear-sighted : they do not understand all the solemn political reasons for humbug, but despise it straightforwardly and simply. Jealousies and envies, of which you are unconscious, will be evident to your child, who will discount all your fine moral talk about the wickedness of the objects of these passions. Never pretend to be faultless and inhuman ; the child will not believe you, and would not like you any the better if he did. I remember vividly how, at a very early age, I saw through the Victorian humbug and hypocrisy with which I was surrounded, and vowed that, if I ever had children, I would not repeat the mistakes that were being made with me. To the best of my ability I am keeping this vow.

(掲載日:2015.04.17/更新日: )