(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 3(第3章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第3章 生後第一年(OE03-060)


 しかし,大人の与える楽しみは,一定の限度内にとどめるべきであるが,一方,赤ん坊が自分で(独力で)楽しむことができることは,最大限奨励すべきである。生まれ落ちた瞬間から,赤ん坊は,けったり,筋肉を使ったりする機会を持たなければならない。私たちの祖先が,なぜこんなに長い間,おくるみ(注:赤ん坊を包む長い布)を着せる習慣に固執してきたのか,ほとんど想像がつかない。このことは,親の愛情でさえ,怠惰にうち勝つことが難しい(=親も赤ん坊にかかりっきりになれない/休息をとりたい)ことを示している。というのは,赤ん坊の手足が自由になれば,ますます目が離せなくなるからである。幼児は,目の焦点を合わせられるようになるやいなや,動くもの,特に、風の中でゆらゆらするものを見て喜ぶ。しかし,目に見えるものをつかむことを学習するまでは,赤ん坊に可能な楽しみの数は多くない。その後は(物をつかむことを学習すれば),楽しみの数がどんどん増えていく。当分の間,ものをつかむ練習だけで,目をさましている多くの時間,幸福が十分確保される。ガラガラを喜ぶのもこの時期である。これより少し前に,手足の指が自由に動かせるようになる。初めのうち,足の指の動きはまったく反射的であるが,やがて赤ん坊は,足の指を自分の意志で動かせることを発見する。これは,外国を征服した帝国主義者の喜びをすべて与えてくれる。足の指は,もはや他人の体ではなく,自我の中に組み込まれるようになる。これから先は,赤ん坊は,手の届くところに適当な物があるかぎり,かずかずの楽しみを見つけ出せるはずである。そして,赤ん坊の楽しみは,大部分,まさに赤ん坊の教育に必要なものであるだろう。−もちろん,ころんだり,ピンを飲みこんだり,その他の怪我をするようなことがあってはならないことは,言うまでもない。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 3: The first year (OE03-050)

But while the amusements which grown-up people provide should be kept within certain limits, those which the infant can enjoy for itself should be encouraged to the utmost. From the first, it should have opportunities to kick and practise its muscles. How our ancestors can have so long persisted in the practice of swaddling-clothes is almost inconceivable ; it shows that even parental affection has difficulty in overcoming laziness, since the infant whose limbs are free needs more attention. As soon as the child can focus, it finds pleasure in watching moving objects, especial1y things that wave in the wind. But the number of possible amusements is small, until the child has learned to grasp objects that it sees. Then, immediately, there is an enormous accession of pleasure. For some time, the exercise of grasping is enough to secure the happiness of many waking hours. Pleasure in a rattle also comes at this stage. Slightly earlier is the conquest of the toes and fingers. At first, the movement of the toes is purely reflex ; then the baby discovers that they can be moved at will. This gives all the pleasure of an imperialist conquering a foreign country.: the toes cease to be alien bodies and become incorporated in the ego. From this time onward, the child should be able to find many amusements, provided suitable objects are within his reach. And a child's amusements, for the most part, will be just what its education requires - provided, of course, that it is not allowed to tumble, or to swallow pins, or otherwise injure itself.

(掲載日:2015.02.25/更新日: )