(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 3(第3章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第3章 生後第一年(OE03-050)


 前に見たように,新生児(赤ん坊)は,習慣を(まだ)身につけておらず,反射作用と本能だけが備わっている。したがって,新生児の世界は「事物」から成り立っていないことになる。認識できるためには,経験をくりかえすことが必要であり,「事物」の概念が生ずるためには,認識(すること)が必要である。小児用ベッドの感触,母親の乳房(または哺乳瓶)の感触と臭い,母親や乳母の話し声などが,すぐに親しいものに感じられるようになる。母親や小児用ベッドがはっきり見えるようになるのは,もう少しあとである。なぜなら,新生児は,ものの形をはっきりと見えるように目の焦点を合わせる方法を知らないからである。触覚,視覚,嗅覚及び聴覚が同時に働き,事物の常識的な観念に合体し(を作り),その事物の一つの表れを見ると別の表れを期待するようになるのは,連想による習慣の形成を通して徐々に行なわれるにすぎない。その段階になっても,しばらくの間は,人と物との違いについての感情はほとんど存在しない。半分は母乳,半分は哺乳びんで育てられた赤ん坊は,しばらくの間は,母親と哺乳瓶に対して同じような感情を抱くであろう。こういった期間中は,教育は純粋に身体的な手段によらなければならない。赤ん坊の快楽は, − 主として食べ物と暖かさのように − 身体的なものであり,苦痛もまた,身体的なものである。行動の習慣は,快楽と結びついているものを求め,苦痛と結びついているものを避けるという行為を通して,形成される。赤ん坊が泣くのは,一部は苦痛と結びついた反射作用であり,一部は快楽を求めて行なわれる行為である。最初のうちは,むろん,前者のみである。しかし,赤ん坊が本当に苦痛を感じている場合は,可能であれば,その苦痛を取り除いてやらなければならないので,泣くことが快い結果と結びつくようになることは不可避である。それゆえ,間もなく,赤ん坊は,身体の苦痛を感じるからではなく,快楽が欲しいために泣くようになる。これこそが,赤ん坊の知性の最初の勝利の一つである。しかし,赤ん坊がいくら努力したとしても,実際に苦痛を感じているときと同じような泣き声をあげることはできない。母親の注意深い耳は,この違いを聞きわける。そこで,母親がもし賢ければ,身体的な苦痛の表現ではない泣き声は無視するだろう。赤ん坊をゆすってあやしたり,歌を歌ってきかせたりして楽しませるのは,容易なことだし,愉快でもある。しかし,赤ん坊は,驚くほど早く,そういった楽しみをしだいに多く要求するようになる。そして,その楽しみはやがて,必要な睡眠を妨げることになり,しかも,(赤ん坊の場合は)食事の時間を除いて,睡眠には,ほとんどまる一日をあてなければならないのである。以上の教訓の中には,厳しすぎると思われるものがあるかもしれない。だが,それらが幼児の健康と幸福に資することは,経験の教えるところである。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 3: The first year (OE03-050)

The new-born infant, as we observed before, has no habits, but only reflexes and instincts. It follows that his world is not composed of " objects ". Recurrent experiences are necessary for recognition, and recognition is necessary before the conception of an "object" can arise. The feel of the cot, the feel and smell of the mother's breast (or the bottle), and the mother's or nurse's voice will soon come to feel familiar. The visual appearance of the mother or the cot comes somewhat later, because the new-born child does not know how to focus so as to see shapes distinctly. It is only gradually, through the formation of habits by association, that touch and sight and smell and hearing come together and coalesce in the common-sense notion of an object, of which one manifestation leads to the expectation of another. Even then, for a time, there is hardly any feeling of the difference between persons and things ; a baby which is partly breast-fed and partly bottle-fed will, for a time, have similar feelings towards mother and bottle. During all this time, education must be by purely physical means. Its pleasures are physical-chiefly food and warmth-and its pains also are physical. Habits of behaviour arise through seeking what is associated with pleasure and avoiding what is associated with pain. A child's crying is partly a reflex connected with pain, partly an act performed in the pursuit of pleasure. At first, of course, it is only the former. But since any real pain that the child may be suffering must, if possible, be removed, it is inevitable that crying should come to be associated with pleasant consequences. The child therefore soon begins to cry because it desires a pleasure, not because it feels a physical pain ; this is one of its first triumphs of intelligence. But try as it may, it cannot give quite the same cry as when it is in actual pain. The attentive ear of the mother knows the difference, and if she is wise she will ignore the cry that is not an expression of physical pain. It is easy and agreeable to amuse an infant by dandling it or singing to it. But it learns with amazing rapidity to demand more and more of such amusements, which soon interfere with necessary sleep - and sleep ought to occupy almost all the day except meal-times. Some of these precepts may seem harsh, but experience shows that they make for the child's health and happiness.

(掲載日:2015.02.23/更新日: )