(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(B. Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 2(第2章) Index  Contents(目次)
* 右上イラスト:第45回「ラッセルを読む会」案内状より

第一部 教育の理想
 第2章 教育の目的(承前:OE02-190)


 知的生活の本能的な基礎好奇心であり,その初歩的な形は動物の中に見いだされる。知性は機敏な好奇心を必要とする。しかし,それは特定の種類のものでなければならない。村の隣人が日が暮れてからカーテンごしに中をのぞきこむような好奇心は,まったく高い価値はない。よく見受けられる他人の噂話(ゴシップ)ヘの興味は,知識欲から出たものでなく,悪意によって鼓舞されたものである。(なぜなら,)誰も皆,他人の隠れた美徳については噂話しないが,隠れた悪徳についてのみ噂話をするからである。従って,たいていの噂話は事実ではないにもかかわらず,その真偽を検証するようなことはしないように注意が払われている。隣人の犯した罪は,宗教の慰めと同様,(噂話の種としては)とても心地よいものなので,私たちは立ち止まって,その証拠を詳しく吟味するようなことはしない。他方,正しい意味で「好奇心」と呼ばれているものは,純粋な知識欲によって鼓舞されるものである。この衝動は,そこそこ純粋な形で,見知らぬ部屋へつれて来られ,部屋の隅々や家具を1つづつ嗅ぎはじめるの中に働いているのを見て取ることができるだろう。それは,また,通常は閉まっている引き出しや食器棚の中を見られるようになっている時,強い興味を持つ子供の中にも見いだされる。動物,機械,雷雨,及び,あらゆる種類の手仕事が子供の好奇心をかき立てる。子供の旺盛な知識欲(知識に対する渇望)は,最も知的なおとなもしのぐ。この衝動は,年をとるにつれて弱くなり,ついには,おなじみでないものは嫌悪感を抱かせるだけで,もっとよく知りたいという欲望はまったく抱かなくなる。人々が,この国は没落しつつある(going to the dogs)とか,「いろんなことが,自分の若い頃とは違ってしまっている」などと言い出すのは,この段階である。遠い昔と同じでない(変わってしまった)のは,そのようなことを言い出す人の好奇心である。また,好奇心の死とともに,活発な知性も死んでしまったと結論を下してもよいだろう。
 しかし,好奇心は,幼年期を過ぎると強さ広さ(幅)も減少するが,のほうは長期間改善することも可能である。普遍命題(general proposition)に対する好奇心は,個々の事実に対する好奇心よりも,高度の知性を示すものである。おおざっぱに言うと,普遍性の度合いが高ければ高いほど,必要とする知性はますます大きくなる。(ただし,この法則(物差し)はあまり厳密にとられてはいけない。)個人的な利益とは結びつかない好奇心は,(たとえば)食べ物を獲得するチャンスと結びついた好奇心よりも,より高度な発達を示している。初めて入った部屋でニオイを嗅ぎまわる猫は,まったく私心のない科学探求者ではないが,多分,近くにネズミがいるかどうかも見つけ出したいと望んでいる。好奇心は私心のないときに最良となると言うのは,完全に正しくないかもしれない。むしろ,好奇心が最良なのは,他の利害との結びつきが直接的かつ明白ではなく,ある程度知性を働かせてはじめて発見できる場合である,と言ったほうがよいだろう。けれども,この点は,私たちが決着をつける必要はない。

Chap. 2 The Aims of Education (OE02-190)

The instinctive foundation of the intellectual life is curiosity, which is found among animals in its elementary forms. Intelligence demands an alert curiosity, but it must be of a certain kind. The sort that leads village neighbours to try to peer through curtains after dark has no very high value. The widespread interest in gossip is inspired, not by a love of knowledge but by malice: no one gossips about other people's secret virtues, but only about their secret vices. Accordingly most gossip is untrue, but care is taken not to verify it. Our neighbour's sins, like the consolations of religion, are so agreeable that we do not stop to scrutinize the evidence closely. Curiosity properly so-called, on the other hand, is inspired by a genuine love of knowledge, You may see this impulse in a moderately pure form, at work in a cat which has been brought to a strange room, and proceeds to smell every corner and every piece of furniture. You will see it also in children, who are passionately interested when a drawer or cupboard, usually closed, is open for their inspection. Animals, machines, thunderstorms, and all forms of manual work, arouse the curiosity of children, whose thirst for knowledge puts the most intelligent adults to shame. This impulse grows weaker with advancing years, until at last what is unfamiliar inspires only disgust, with no desire for a closer acquaintance. This is the stage at which people announce that the country is going to the dogs, and that 'things are not what they were in my young days'. The thing which is not the same as it was in that far-off time is the speaker's curiosity. And with the death of curiosity we may reckon that active intelligence, also, has died.
But although curiosity lessens in intensity and in extent after childhood, it may for a long time improve in quality. Curiosity about general propositions shows a higher level of intelligence than curiosity about particular facts; broadly speaking, the higher the order of generality, the greater is the intelligence involved. (This rule, however, must not be taken too strictly.) Curiosity dissociated from personal advantage shows a higher development than curiosity connected (say) with a chance of food. The cat that sniffs in a new room is not a wholly disinterested scientific inquirer, but probably also wants to find out whether there are mice about. Perhaps it is not quite correct to say that curiosity is best when it is disinterested, but rather that it is best when the connection with other interests is not direct and obvious, but discoverable only by means of a certain degree of intelligence. This point, however, it is not necessary for us to decide.

(掲載日:2007.03.10 更新日:)