(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル『教育論』(B. Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 1(第1章) Index  Contents(目次)
* 家庭から始まるモンテッソーリ

第一部 教育の理想
 第1章 近代教育理論の前提条件(承前:OE01-090)


 しかし,近代の教育家は,ただ単に'しつけ'(躾)(訓練や規律)を避けているわけではない。新しい方法で'しつけ'を確保しているのである。この問題に関して,新しい方法を学んだことのない人びとは,誤った考えをいだきやすい。私は,ずっとモンテッソーリ夫人は躾をなしで済ましている(不要としている)と理解していたので,夫人が部屋いっぱいの子供たちをどのように扱っているのか不思議に思っていた。彼女の方法(モンテッソーリ方式)についての彼女自身の説明を読むことによって,私は,彼女の方法においてもやはり,'しつけ'が重要な位置を占めていること,'しつけ'をなしですまそうとする試みはまったくないことがわかった。自分の3歳の息子(注:1921年生まれの長男の John Russell)をモンテッソーリ式学校に入れ,午前中をそこで過ごさせることによって,私は,息子がたちまち,以前よりも'しつけ'の良い人間になり,よろこんで黙って校則に従っていることがわかった。しかし,息子には,外部から強制されたという感情はまったくなかった。校則は,ゲームのルールのようなものであり,'楽しみ'を得る手段として守られた(服従された)のである。古い考え方では,子供は,どうしても勉強したがらないものであり,怖がらせることによってのみ勉強を強制できるというものであった。(しかし)これは,まったく'教育技術の不足'によるものであることがわかってきた。学習すべきこと−−たとえば,読み書き−−を適切ないくつかの段階に分割することによって,すべての段階を,普通の子供にとって受け入れやすいものにすることが可能である。また,子供たちが自分の好きなことをしているときには,もちろん,外部から'しつけ'をする理由(必要性)はまったくない。2,3の簡単な規則−−(たとえば)他の子の邪魔をしてはいけない;一度に一種類より多くの器具を持ってはいけないとか−−は,子供たちにも容易に理解され,もっともなことだと思われるので,子供たちに規則を守らせることにまったく困難はない。このようにして,子供は,'自制心'を身につける。'自制心'は,一部は良い習慣から,一部は何らかの最終の利益を手に入れるためには衝動を抑えたほうがよい場合もあるということを具体的な事例の中で理解することから形成される。このような'自制心'は,ゲームの中では容易に身につくことは,これまでずっと誰もが理解してきた。しかし,'知識の獲得'も,ゲームの場合と同じ'動機'を働らかせられるほど'興味深いもの'にできると想像した人は誰もいなかった。私たちは,今や,それが可能であることを理解している。それは,'幼児教育'だけではなく,あらゆる段階で行なわれるようになるだろう。私は,それが容易なことだと,装うつもりはない。'しつけ'かかわる'教育上の発見'には'天才'が必要であった,その発見を適用する教師たちは'天才'を必要としない。彼ら教師たちに必要なのは,'適切な訓練'とともに決して並みはずれていない程度の'同情'と'忍耐'だけである。基本的な理念(考え方)は単純である。(即ち,)正しい'しつけ'は,外部からの強制にあるのではなく,望ましくない活動よりも,望ましい活動へ'自発的'に向かう'心の習慣'にある,ということである。驚くべきことは,この理念を教育において具体化する技術的な方法を発見することに大きな成功を収めたことである。この点で,モンテッソーリ夫人は最高の称賛に値する。

http://www.animationlibrary.com/a-l/

Chap. 1 Postulates of Modern Educational Theory(OE01-090)

But the modern educationist does not simply eschew discipline; he secures it by new methods. On this subject, those who have not studied the new methods are apt to have mistaken ideas. I had always understood that Madame Montessori dispensed with discipline, and I had wondered how she managed a roomful of children. On reading her own account of her methods, I found that discipline still held an important place, and that there was no attempt to dispense with it. On sending my little boy of three to spend his mornings in a Montessori school, I found that he quickly became a more disciplined human being, and that he cheerfully acquiesced in the rules of the school. But he had no feeling whatever of external compulsion: the rules were like the rules of a game, and were obeyed as a means of enjoyment. The old idea was that children could not possibly wish to learn, and could only be compelled to learn by terror. It has been found that this was entirely due to lack of skill in pedagogy. By dividing what has to be learnt - for instance, reading and writing - into suitable stages, every stage can be made agreeable to the average child. And when children are doing what they like, there is, of course, no reason for external discipline. A few simple rules - no child must interfere with another child, no child must have more than one sort of apparatus at a time - are easily apprehended, and felt to be reasonable, so that there is no difficulty in getting them observed. The child thus acquires self-discipline, which consists partly of good habits, partly of the realisation, in concrete instances, that it is sometimes worth while to resist an impulse for the sake of some ultimate gain. Everybody has always known that it is easy to obtain this self-discipline in games, but no one had supposed that the acquisition of knowledge could be made sufficiently interesting to bring the same motives into operation. We now know that this is possible, and it will come to be done, not only in the education of infants, but at all stages. I do not pretend that it is easy. The pedagogical discoveries involved have required genius, but the teachers who are to apply them do not require genius. They require only the right sort of training, together with a degree of sympathy and patience which is by no means unusual. The fundamental idea is simple: that the right discipline consists, not in external compulsion, but in habits of mind which lead spontaneously to desirable rather than undesirable activities. What is astonishing is the great success in finding technical methods of embodying this idea in education. For this, Madame Montessori deserves the highest praise.

(掲載日:2006.09.24 更新日:)