(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル『教育論』(松下彰良・訳)
Bertrand Russell On Education, 1926

次ページ(Forward) 前ページ(Back)  Chap. 1(第1章)イントロ累積版  Contents(目次)
* ジョン・ロック及び,ジョン・ロックの『人間悟性論』について

第一部 教育の理想
 第1章 近代教育理論の前提条件


 以前書かれた最良の教育論(のいくつか)を読んだだけでも,教育理論に起こったある種の変化に気づく。十九世紀以前の,教育理論の偉大な改革者を二人あげるとすれば,ロック(John Locke, 1632-1704:イギリスの哲学者)ルソー(Jean-Jacques Rousseau, 1712-1778:フランスの思想家)であった。両者ともその名声に値した。なぜかと言えば,両者とも,執筆時に広まっていた(教育に関する)多くの誤謬を拒否したからである。しかし,両者とも,近代の大部分の教育家が行ったほど,自分たちの考え方を推し進めなかった。たとえば,両者とも,'自由主義'と'民主主義'に導いた傾向に属している。しかし,それにもかかわらず,両者とも,一人の人間の全ての時間がささげられるような,'貴族の少年(息子)の教育'しか考察していない。そのような方式(教育法)の結果がいかに優れていたとしても,近代的な物の見方をする人であれば,誰もそのような方式について,真剣に考察しないだろう。なぜなら,すべての子供におとなの個人教師が一人ずつ専念することなど,算術的に不可能だからである。それゆえ,そのようなシステム(やり方)は,特権階級によってのみ採用可能なものであり,'公平な世界'では存在不可能であろう。近代人は,実際には自分の子供のために特別な便宜を求めるかもしれないが,教育の理論的な問題は,すべての子供たち--少なくとそれによって利益を得るだけの能力のある全ての子供たち--が享受できるような教育方法によらないかぎり解決されない,と考えている。私は,'裕福な人びと'は,現在の世の中で全ての人に開かれてはいないような'教育の機会'は今この場で放棄すべきだ,と言おうとしているのではない。そのようなことをすれば,'公平さ'のために文明を犠牲にすることになるだろう。私が言いたいのは,将来私たちが作り出すことを目指すべき教育制度は,現存する最良の教育のための'機会'をすべての少年少女に与えるものである,ということである。'理想的な教育制度'は,たとえその理想がただちに実現できないとしても,>民主的なものでなければならない。このことは,今日では,かなり一般的に承認されるだろうと,思われる。この意味で,私はつねに民主主義を視野に入れておきたい。(そうすれば,)私がどのようなことを主唱(擁護)したとしても,それは普遍的でありうるだろう。ただし,個人のほうも,よりよいものを手に入れるだけの知性と機会があるのであれば,わが子を,とかくするうちに,'平凡なものに付きまとう害悪'の犠牲者にするべきではない。このような非常に弱められた(希釈化された)民主主義の原理でさえも,ロックやルソーの教育論には欠けている。ルソーは,貴族主義に不信を抱いていたが,その不信が教育に関してどのような意味あいを持っているか,まったく理解(認識)しなかった。
Chap. 1 Postulates of Modern Educational Theory

In reading even the best treatises on education written in former times, one becomes aware of certain changes that have come over educational theory. The two great reformers of educational theory before the nineteenth century were Locke and Rousseau. Both deserved their reputation, for both repudiated many errors which were widespread when they wrote. But neither went as far in his own direction as almost all modern educationists go. Both, for example, belong to the tendency which led to liberalism and democracy; yet both consider only the education of an aristocratic boy, to which one man's whole time is devoted. However excellent might be the results of such a system, no man with a modern outlook would give it serious consideration, because it is arithmetically impossible for every child to absorb the whole time of an adult tutor. The system is therefore one which can only be employed by a privileged caste; in a just world, its existence would be impossible. The modern man, though he may seek special advantages for his own children in practice, does not consider the theoretical problem solved except by some method of education which could be open to all, or at least to all whose capacities render them capable of profiting by it. I do not mean that the well-to-do should, here and now, forgo educational opportunities which, in the existing world, are not open to all. To do that would be to sacrifice civilisation to justice. What I do mean is that the educational system we must aim at producing in the future is one which gives to every boy and girl an opportunity for the best that exists. The ideal system of education must be democratic, although that ideal is not immediately attainable. This, I think, would, nowadays, be pretty generally conceded. In this sense, I shall keep democracy in view. Whatever I shall advocate will be capable of being universal, though the individual should not meantime sacrifice his children to the badness of what is common, if he has the intelligence and the opportunity to secure something better. Even this very attenuated form of democratic principle is absent from the treatises of Locke and Rousseau. Although the latter was a disbeliever in aristocracy, he never perceived the implications of his disbelief where education was concerned.

(掲載日:2006.08.23 更新日:)