(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness (HA26-020)(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap. 15(Impersonal Interests)   Contents (総目次)
 第15章 非個人的な興味(私心のない興味) 承前

 この点において、男女間には大きな相違がある。男性は、全体的に見て、女性よりも仕事を忘れることがずっと容易である。'専業主婦'(←仕事が家庭内にあるような女性)の場合は、これは無理からぬことである。なぜなら、仕事が終わり会社を去るときに男性が場所を変えるように、家庭の主婦は、新しい気分になるために場所を変えることができないからである(注:'to help them to acquire a new mood':複数形の 'them' であることに注意。即ち男性ではなく、女性を指している )。しかし、私の勘違いでなければ、家庭の外に仕事を持っている女性、家庭で働いている女性とほぼ同様に、この点では、男性と異なっている。即ち、彼女たちは、自分にとって'実際的な重要性を持たない何事にも、興味を持つことは非常に難しいと感じている。'目的(意識)'が彼女たちの思考と活動を支配しているので、まったく責任を問われることのないある種の興味に夢中になることはめったにない。もちろん、例外があることは私も否定しない。しかし、いまは通例と思われるものについて話題にしている。たとえば、女子大では、女性教員は、男性が一人も同席していなければ、夕方になっても'仕事の話(大学の場合は専門の話)'をするが、男子の大学では、男性教員はそのようなことはしない。これは(←この特徴は)、女性たちには、男性たちよりもずっと'良心的'であるものの特徴のように見えるらしいが、長い目で見れば、それが彼女たちの仕事(研究・教育)の質を高めるとは思われない。それに、こうした特徴は、一種の狂信(主義)に導くこともまれでない、ある種の'物の見方の狭さ(視野の狭さ)'を生み出し易い。
 非個人的な興味(私心のない興味)は全て、'気晴らし'として重要であることはさておき、他にも様々な効用がある。まず第一に、こういう興味は、バランス感覚を保持することの手助けとなる。私たちは、自分たちの職業や、自分たちの仲間社会、自分たちの仕事の種類に非常にたやすく没頭するために、それらが人間活動全体の中のいかに小さな部分でしかないか、また、私たちの活動によって、世界中のいかに多くのものがまったく影響されないかということを、忘れてしまう。なぜ、そのようなことを覚えておかなければならないのか、とあなたは尋ねるかもしれない。答えは、いくつかある。まず第一に、必要な活動と両立可能な限り、できるだけ真実の世界像を持つことはよいことである。私たちは、それぞれ、この世に長いこと存在するわけではない。そこで、人間の短い生涯のうちに、この'不思議な惑星'と'この惑星が宇宙において占める位置'について、なんであれわかることは何でも知っておく必要がある。たとえ不完全なものであっても、知る機会があった場合それを無視することは、劇場へ行って(行ったにもかかわらず)芝居を見ないのと同じである。この世の中は、悲劇的、喜劇的、英雄的、奇怪な、あるいは不思議な事物でいっぱいであり、世界が提供するこの壮大なスペクタクルに興味を持てない人びとは、'人生が提供する特典'の一つをもらわずに済ませていることになる。
In this respect there is a great difference between men and women. Men on the whole find it very much easier to forget their work than women do. In the case of women whose work is in the home this is natural, since they do not have the change of place that a man has when he leaves the office to help them to acquire a new mood. But if I am not mistaken, women whose work is outside the home differ from men in this respect almost as much as those who work at home. They find it, that is to say, very difficult to be interested in anything that has for them no practical importance. Their purposes govern their thoughts and their activities, and they seldom become absorbed in some wholly irresponsible interest. I do not of course deny that exceptions exist, but I am speaking of what seems to me to be the usual rule. In a women's college, for example, the women teachers, if no man is present, talk shop in the evening, while in a men' s college the men do not. This characteristic appears to women as a higher degree of conscientiousness than that of men, but I do not think that in the long run it improves the quality of their work. And it tends to produce a certain narrowness of outlook leading not infrequently to a kind of fanaticism.

All impersonal interests, apart from their importance as relaxation, have various other uses. To begin with, they help a man to retain his sense of proportion. It is very easy to become so absorbed in our own pursuits, our own circle, our own type of work, that we forget how small a part this is of the total of human activity and how many things in the world are entirely unaffected by what we do. Why should one remember this? you may ask. There are several answers. In the first place, it is good to have as true a picture of the world as is compatible with necessary activities. Each of us is in the world for no very long time, and within the few years of his life has to acquire whatever he is to know of this strange planet and its place in the universe. To ignore our opportunities for knowledge, imperfect as they are, is like going to the theatre and not listening to the play. The world is full of things that are tragic or comic, heroic or bizarre or surprising, and those who fail to be interested in the spectacle that it offers are forgoing one of the privileges that life has to offer.

(掲載日:2006.07.16/更新日:2010.5.10)