(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Hapiness), chap.10(Is happiness still possible?) 累積版  Contents (総目次)
 私は,前の段落で,私が言うところの,'事物に対する友好的な興味・関心'についても言及した。こういう言い方は,多分,こじつけ(無理強い)と思われるかもしれない。(すなわち)'事物'に好意を感じることなどできない,と言われるかもしれない。それにもかわらず,地質学者が岩石に対し,考古学者が廃墟に対し抱く興味・関心には,(人間同士の)好意に類似しているものがあり,こういう興味・関心こそ,他人(←個人)や社会に対する我々の態度の一要素でなければならない。'事物'に対して,友好的というよりもむしろ敵対的な興味・関心を持つこともあり得る。ある人は,蜘蛛が大嫌いで,蜘蛛のあまりいないところに住みたいという理由で,蜘蛛の生息地に関する事実を集めるかもしれない。この種の敵対的な興味は,地質学者が岩石から得るのと同じような満足を与えてくれないだろう。人間以外の'事物'に対する興味は,'日常的な幸福の要因'としては,我々の同胞である人間に対する友好的な態度ほど価値あるものではないかもしれないが,それにもかかわらず,非常に重要である。世界は広大であり,我々自身の力には限界がある。もしも,私たちの幸福のすべてがまったく個人的な環境と結びついているのであれば,人生に与えられる以上のものを人生に求めないということは困難である(→どうしても求めることになりやすい)そして,あまりに多くを求めることは,入手可能なものよりも少ないものしか得られない(→得られるものも得られなくなる)一番確実な方法である。たとえば,'トレント公会議'や,'星の生命史'などに純粋な興味を持つことで,心配ごとを忘れることのできる人は,'非人間的な世界への旅(小旅行)'から戻ってきたときに,自分の心配ごとを最善の方法で処理することができる 'ある種の落着きと穏やかさ’を獲得している(身につけている)ことに気づくだろう。そうしてその間,たとえ束の間であっても,純粋な幸福を味わったことだろう。
 幸福の秘訣は,こうである。あなたの興味・関心をできるかぎり幅広くしなさい。そうして,あなたの興味・関心をひく'事物'や人に対する反応を敵意あるものではなく,できるかぎり友好的なものにしなさい,と。
 以上,幸福になる可能性について,予備的な概観を行なったが,以下の章では,(これらについて)詳述するとともに,'不幸の心理的な原因からのがれる方法'についても示唆することにしよう。


I spoke also in the last paragraph of what I call a friendly interest in things. This phrase may perhaps seem forced; it may be said that it is impossible to feel friendly to things. Nevertheless, there is something analogous to friendliness in the kind of interest that a geologist takes in rocks, or an archaeologist in ruins, and this interest ought to be an element in our attitude to individuals or societies. It is possible to have an interest in things which is hostile rather than friendly. A man might collect facts concerning the habitats of spiders because he hated spiders and wished to live where they were few. This kind of interest would not afford the same satisfaction as the geologist derives from his rocks. An interest in impersonal things, though perhaps less valuable as an ingredient in everyday happiness than a friendly attitude towards our fellow creatures, is nevertheless very important. The world is vast and our own powers are limited. If all our happiness is bound up entirely in our personal circumstances it is difficult not to demand of life more than it has to give. And to demand too much is the surest way of getting even less than is possible. The man who can forget his worries by means of a genuine interest in, say, the Council of Trent, or the life history of stars, will find that, when he returns from his excursion into the impersonal world, he has acquired a poise and calm which enable him to deal with his worries in the best way, and he will in the meantime have experienced a genuine even if temporary happiness.
The secret of happiness is this: let your interests be as wide as possible, and let your reactions to the things and persons that interest you be as far as possible friendly rather than hostile.
This preliminary survey of the possibilities of happiness will be expanded in subsequent chapters, together with suggestions as to ways of escaping from psychological sources of misery.
* 下写真は,アンドロメダ大星雲

(掲載日:2006.01.27/更新日:2010.4.28)