(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Hapiness), chap.10(Is happiness still possible?) 累積版へ  Contents (総目次)
 主義・主張を信じることは,多くの人びとにとって,'幸福の源泉'である。私は,圧政下の国々の革命家,社会主義者,及び国家主義者などについてのみ考えているのではなく,多くのもっと'ささやかな'信念についても,念頭にいれている。私の知人で,イギリス人はイスラエルの失われた十支族(十部族)であると信じていた人たちは,ほとんど例外なく幸福であったし,一方,イギリス人は唯一のエフライムマナセの支族であると信じていた人たちの場合は,その至福感(精神的な喜び)には際限がなかった。(だが)私は,読者がこういった信条を信ずべきであると示唆しようとしているのではない。なぜなら,私には誤っていると思われる信念に基づいた幸福を,私は擁護することはできないからである。同様な理由で,私は読者をせきたてて,人間は'木の実'だけを食べて生きるべきだ,と信じさせることはできない。ただし,私が観察したかぎりでは,この信念は例外なく完全な幸福を保証してくれるようではあるが。しかし,まったく狂信的ではない主義・主張を見つけることは容易であるし,また,そのような主義・主張に心からの関心を寄せている人びとは,余暇時間にすることがある(←与えられている)だけでなく,'人生は空しい'という感情への完全な解毒剤を与えられる。
 (真偽良否の)よくわからない主義・主張への献身とそれほど違わないのは,趣味への熱中である。現存の数学者の中で最も著名な一人は,自分の時間を'数学'と'切手収集'の2つに当分している。数学の研究が行き詰まったとき,多分,切手収集が慰めになるのだろうと,私は想像する。切手収集でいやせる悲しみは,'数の理論の命題を証明する困難さ'だけではないし,また,収集可能なものは切手のみではない。古い陶器(old china: 小文字であることに注意),嗅ぎたばこ入れ,ローマのコイン,矢じり,石器などに思いをめぐらすとき,どれほどの広大な'陶酔の世界'が目の前に開けてくるか,考えてみるといい。確かに,私たちの中の多くは,'優秀'すぎて,このような'単純な楽しみ'には満足しない。私たちは皆,このような楽しみは子供のときに経験しているが,どういうわけか,おとなにとっては価値がないと見なしている。これは,完全なまちがいである。他人に害を及ぼさない楽しみは,いかなるものであれ,評価される(尊重される)べきである。私はと言えば,私は川を'収集'している。即ち,私はヴォルガ(川)を下り,揚子江(Yangtse:正しくは,「長江」)をさかのぼったことに喜びを見いだし,アマゾン河やオリノコ川をまだ見たことがないのを大変残念に思っている。こうした感情は単純なものであるが,私はそれを恥ずかしいとは思っていない。あるいは,また,野球ファンの熱狂的な喜びを考えてみるとよい。彼は,新聞をむさぼるように読み,(実況中継をしている)ラジオから最大限のスリルを得る。私は,アメリカの代表的な文学者に初めて会ったときのことを覚えている。私は彼の著作(作品)から,この人は'メランコリー状態'にあると想像していた。しかし,そのとき,野球の最も決定的な結果がラジオから偶然流れてきた。彼は,私も,文学も,その他この世の生活の悲しみをすべて忘れ,そうして,ひいきの球団が勝利を得たとき,喜びのあまり歓声をあげた。この出来事以降,私は彼の作品の登場人物たちの不幸に憂鬱にならずに読むことができるようになった。
 けれども,(一時的な)流行追求や趣味は,多くの場合,多分大部分,根本的な幸福の源泉ではなく,現実からの逃避のための手段になっている。即ち,直視するには大きすぎる苦痛を当面の間忘れるための手段になっている。根本的な幸福は,ほかの何にもまして,(間)や事物に対する'友好的'な関心とも言うべきものに依存しているのである。
Belief in a cause is a source of happiness to large numbers of people. I am not thinking only of revolutionaries, socialists, nationalists in oppressed countries, and such; I am thinking also of many humbler kinds of belief. The men I have known who believed that the English were the lost ten tribes were almost invariably happy, while as for those who believed that the English were only the tribes of Ephraim and Manasseh, their bliss knew no bounds. I am not suggesting that the reader should adopt this creed, since I cannot advocate any happiness based upon what seem to me to be false beliefs. For the same reason I cannot urge the reader to believe that men should live exclusively upon nuts, although, so far as my observation goes, this belief invariably ensures perfect happiness. But it is easy to find some cause which is in no degree fantastic, and those whose interest in any such cause is genuine are provided with an occupation for their leisure hours and a complete antidote to the feeling that life is empty.
Not so very far removed from the devotion to obscure causes is absorption in a hobby. One of the most eminent of living mathematicians divides his time equally between mathematics and stamp-collecting. I imagine that the latter affords consolation at the moments when he can make no progress with the former. The difficulty of proving propositions in the theory of numbers is not the only sorrow that stamp-collecting can cure, nor are stamps the only things that can be collected. Consider what a vast field of ecstasy opens before the imagination when one thinks of old china, snuff-boxes, Roman coins, arrow-heads, and flint implements. It is true that many of us are too 'superior' for these simple pleasures. We have all experienced them in boyhood, but have thought them, for some reason, unworthy of a grown man. This is a complete mistake; any pleasure that does no harm to other people is to be valued. For my part, I collect rivers: I derive pleasure from having gone down the Volga and up the Yangtse, and regret very much having never seen the Amazon or the Orinoco. Simple as these emotions are, I am not ashamed of them. Or consider again the passionate joy of the baseball fan: he turns to his newspaper with avidity, and the radio affords him the keenest thrills. I remember meeting for the first time one of the leading literary men of America, a man whom I had supposed from his books to be filled with melancholy. But it so happened that at that moment the most crucial baseball results were coming through on the radio; he forgot me, literature, and all the other sorrows of our sublunary life, and yelled with joy as his favourites achieved victory. Ever since this incident I have been able to read his books without feeling depressed by the misfortunes of his characters.
Fads and hobbies, however, are in many cases, perhaps most, not a source of fundamental happiness, but a means of escape from reality, of forgetting for the moment some pain too difficult to be faced. Fundamental happiness depends more than anything else upon what may be called a friendly interest in persons and things.
* 下イラスト出典:第34回「ラッセルを読む会」案内状より

(掲載日:2006.01.09/更新日:2010.4.26)