(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part I(Causes of Unhappiness), Chap.5:Fatigue   Contents(総目次へ)
[昔の満員電車*電車の混雑について寺田寅彦「電車と風呂」


 疲労には多くの種類があるが、あるものは幸福にとって、ほかの疲労よりもずっと深刻な邪魔になる。純粋に肉体的な疲労は、過度でなければ、どちらかと言えば幸福の原因になる傾向がある。そういった疲労は、熟睡と旺盛な食欲をもたらし、休日に可能となる快楽に熱意を与える。しかし、疲労が過度な場合は、かなり深刻な害悪となる。最も進んだ社会は別として、全体としてみれば、小作農民の女性は、過度の労働のために疲れはて、30歳でふけてしまう。産業革命初期の子供たちは、発育を妨げられ、幼いうちに過労で命を奪われることが多かった。産業主義(化)が始まったばかりの中国や日本(=1930年当時)では、まだ同様な事態が起こっているし、また、ある程度アメリカ南部の諸州でも起こっている。肉体労働は、ある限度を越えて行なわれるときにはひどい拷問となるが、そうした労働は、人生を耐えがたいものとするほど、しばしば行なわれてきた。しかし、現代世界の最も進んだ地域では、肉体的疲労は、産業の条件の改善によって最小限のものとなっている。
 今日、最も進歩した社会において最も深刻な疲労は、神経疲労である。奇妙なことに、この種の疲労は裕福な人間の間でいちばん目立っており、賃金労働者(=日雇いあるいは短期雇用の労働者)の間では、ビジネスマンや頭脳労働者の場合よりもはるかにその傾向が少ない。
 現代生活において神経疲労から逃れることは、大変難しいことである。まず最初に、都会で働く人は、勤務時間中ずっと、そして通勤時間中(←職場と家庭の間に費やされる時間)はさらにより多く、騒音にさらされる。そういう騒音の大部分は、確かに、意識的には聞かないようにできるようになるが、しかし彼はそれによって疲労が少なくなることはなく、(それどころか)騒音を聞かないようにと意識下で(無意識に)努力をするために、よりいっそう消耗する。もうひとつ別の、気づかないうちに疲労をもたらすものは、見知らぬ他人がいつもそばにいることである他の動物の場合と同様、人間の自然な本能として、味方としてふるまうべきか、敵としてふるまうべきかを決めるため、自分と同じ種に属する見知らぬすべての者を吟味しようとする。ラッシュアワーに地下鉄で通勤する人びとは、この(見知らぬ人間を吟味しようとする)本能を抑圧しなければならない。この本能を抑圧する結果、彼らは、こうして心ならずも接触させられる見知らぬ人たちに対して、一般的かつ広範な憤りを感じるようになる。それから、朝、電車に急いで乗ろうとする結果、消化不良になる。そこで、会社に到着し、一日の仕事が始まるころには、黒い洋服で身をつつんだ労働者は、すでに神経をすりへらし、人類なんてやっかいなものと思いがちになる。彼の雇い主も、同じ気分でやってきて、非雇用者の憂鬱な気分を振り払うようなことは何もしない。解雇される恐れから、仕方なくうやうやしくふるまうが、このような不自然な行動は、神経の緊張をつのらせるだけである。もしも、一週に一度、被雇用者が雇用者の鼻をつまむことを許されるか、他の方法で雇用者のことをどう思っているかを示すことを許されるならば、被雇用者の神経の緊張は緩和されるだろう。しかし、自分もまた心配ごとをかかえている雇用者にとっては、これでは事態は改善されない。被雇用者解雇を恐れているように、雇用者破産を恐れている(←・・・にとって「解雇」に対応するものは、・・・にとっての「破産」である。)。中にはこのような破産の恐れなど全然ないような大物もいるが、そのような高い地位につくためには、一般的に言って、長年にわたって精力的な闘いを続けなければならなかったし、その間、世界各地の出来事について積極的に注意を払い続ける必要があったし、またいつも競争相手の陰謀を挫かなければならなかった。こういった努力の結果、十分な成功を得た時には、すでに神経はまいっており、心配ぐせがついてしまっているため、心配する必要がなくなっても、心配する習慣を振り払うことができなくなってしまっている。確かに、世の中には金持ちの子弟たちがいるが、概して彼らは、金持ちに生まれなかったら苦しんだ可能性のある心配事と同じような心配ごとを、自分で首尾良く作りあげている。賭けやギャンブルをやり、父親の不興を買い、享楽のために睡眠を切りつめ、体を衰弱させる。いよいよ腰を落ち着けようとする頃には、父親が以前そうであったように、幸福を享受することができなくなってしまっている。
 自発的であれそうでないにせよ、自ら選んだにせよ必要に迫られたにせよ、現代人の大部分は、神経をすりへらす生活を送っている。そして、いつも疲れすぎている状態にあるため、アルコールの助けなしでは楽しむことができなくなっている。
* From Free animation library
http://www.animationlibrary.com/a-l/

Fatigue is of many sorts, some of which are a much graver obstacle to happiness than others. Purely physical fatigue, provided it is not excessive, tends if anything to be a cause of happiness; it leads to sound sleep and a good appetite, and gives zest to the pleasures that are possible on holidays. But when it is excessive it becomes a very grave evil. Peasant women in all but the most advanced communities are old at thirty, worn out with excessive toil. Children in the early days of industrialism were stunted in their growth and frequently killed by overwork in early years. The same thing still happens in China and Japan, where industrialism is new; to some extent also in the Southern States of America. Physical labour carried beyond a certain point is atrocious torture, and it has very frequently been carried so far as to make life all but unbearable. In the most advanced parts of the modern world, however, physical fatigue has been much minimised through the inprovement of industrial conditions.
The kind of fatigue that is most serious in the present day in advanced communities is nervous fatigue. This kind, oddly enough, is most pronounced among the well-to-do, and tends to be much less among wage-earners than it is among business men and brain-workers.
To escape from nervous fatigue in modern life is a very difficult thing. In the first place, all through working hours, and still more in the time spent between work and home, the urban worker is exposed to noise, most of which, it is true, he learns not to hear consciously, but which none the less wears him out, all the more owing to the subconscious effort involved in not hearing it. Another thing which causes fatigue without our being aware of it is the constant presence of strangers. The natural instinct of man, as of other animals, is to investigate every stranger of his species, with a view to deciding whether to behave to him in a friendly or hostile manner. This instinct has to be inhibited by those who travel in the underground in the rush-hour, and the result of inhibiting it is that they feel a general diffused rage against all the strangers with whom they are brought into this involuntary contact. Then there is the hurry to catch the morning train, with the resulting dyspepsia. Consequently, by the time the office is reached and the day's work begins, the black-coated worker already has frayed nerves and a tendency to view the human race as a nuisance. His employer, arriving in the same mood, does nothing to dissipate it in the employee. Fear of the sack compels respectful behaviour, but this unnatural conduct only adds to the nervous strain. If once a week employees were allowed to pull the employer's nose and otherwise indicate what they thought of him, the nervous tension for them would be relieved, but for the employer, who also has his troubles, this would not mend matters. What the fear of dismissal is to the employee, the fear of bankruptcy is to the employer. Some, it is true, are big enough to be above this fear, but to reach a great position of this kind they have generally had to pass through years of strenuous struggle, during which they had to be actively aware of events in all parts of the world and constantly foiling the machinations of their competitors. The result of all this is that when sound success comes a man is already a nervous wreck, so accustomed to anxiety that he cannot shake off the habit of it when the need for it is past. There are, it is true, rich men's sons, but they generally succeed in manufacturing for themselves anxieties as similar as possible to those that they would have suffered if they had not been born rich. By betting and gambling, they incur the displeasure of their fathers; by cutting short their sleep for the sake of their amusements, they debilitate their physique; and by the time they settle down, they have become as incapable of happiness as their fathers were before them. Voluntarily or involuntarily, of choice or of necessity, most moderns lead a nerve-racking life, and are continually too tired to be capable of enjoyment without the help of alcohol.