(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

back Next  Part I(Causes of Unhappiness), Chap.4:Boredom and Excitement   Contents(総目次へ)
* 興奮の追求の例:格闘技♪政治運動(右翼):(左翼)/お祭り)
* 第一次世界大戦勃発に驚喜する群衆
* 左下イラスト出典:B. Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953.


 私たちは,先祖ほど退屈していないが,しかし,先祖よりもより退屈を恐れている私たちは,退屈は人間の生れつきの運命(←当たりくじ)ではなく,十分精力的に興奮を追求することで避けられるということを知るにいたった,というか,むしろ信じている。
 今日,(未婚の)若い女性たちは,自分で働いて生活費をかせいでいる。その主な理由は,働いて生活費を得ることによって,夜(アフター・ファイブ)は興奮を求めることができ,また,彼女らの祖母が耐えなければならなかった「一家団欒のひととき」から逃れることができるからである。町に住める人はみな町に住んでいる。アメリカでは,町に住めない人びとは,自家用車か,少なくともオートバイを持っており,それらに乗って映画を見にゆく。また,もちろん家にはラジオが置いてある。(松下注:本書は1929年に出版されたものであり事例が古いため,具体例は現代に置き換えて読んでください。/町→大都市,ラジオ→テレビその他の家電)若い男女は,昔よりもずっと障害なく容易にデートができるし,どのメイド(お手伝いさん)も,ジェーン・オースティン(Jane Austin,1775-1817/ジェーン・オースティン・センター)の小説のヒロインだったら,小説全体を通して経験し続けただろうと思われるような興奮を,少なくとも週に一回は期待する。
 社会的な階層が上がるにつれて,興奮の追求はますます激しくなる。余裕がある人びとは,絶えずあちこち動き回り,彼らは行くところ陽気に振る舞い(←陽気さを運び),ダンスをし,酒を飲む。だが,どういうわけか,新しい場所ではいつも,これらをもっと楽しもうと期待している。生活のために働かなければならない人びとは,勤務時間中,どうしてもそれなりに退屈をおぼえるが,働く必要がないだけのお金のある人びとは,まったく退屈しない生活を理想として思い描いている。それは,高潔な理想であり,私としては全然けなすつもりはないが,他の理想と同様,理想主義者が考えているよりも達成は困難だろうと思われる。結局,前の晩が楽しければ楽しいほど,それに比例して,翌朝は退屈になる。中年がくるだろうし,そればかりでなく,多分老年さえくるだろう。人は20歳のころ,30歳で(実質的には)人生は終わると考えている。
 58歳の私は,もはや,そういう考え方をすることはできない。おそらく,生命力という資本を経済的資本のように消費するのは賢明ではないだろう。おそらく,ある程度の退屈という要素は,人生に不可欠の成分(構成要素)なのだろう。退屈から逃れたいという願いは自然なものである。事実,あらゆる民族は,機会があればこの願いをさらけ出している。未開人が初めて白人の手を借りて(←白人の手から)酒を味わったとき,ついに幾時代にもわたる退屈からのがれる道を発見した。そうして,政府が干渉した場合を除いて,彼らは飲み騒いで死んでしまった。戦争,虐殺,迫害は,すべて退屈からの逃避の一部(→逃避から生まれたもの)であり,隣人とのけんかさえ,何もないよりはましだと感じられてきた(←経験して知る)それゆえ退屈は,人類の罪の少なくとも半分は退屈を恐れることに起因していることから,モラリスト(道徳家)にとってきわめて重要な問題である。

 

 


* From Free animation library
http://www.animationlibrary.com/a-l/



We are less bored than our ancestors were, but we are more afraid of boredom. We have come to know, or rather to believe, that boredom is not part of the natural lot of man, but can be avoided by a sufficiently vigorous pursuit of excitement.
Girls nowadays earn their own living, very largely because this enables them to seek excitement in the evening and to escape 'the happy family time' that their grandmothers had to endure. Everybody who can lives in a town; in America, those who cannot, have a car, or at the least a motor-bicycle, to take them to the movies. And of course they have the radio in their houses. Young men and young women meet each other with much less difficulty than was formerly the case, and every housemaid expects at least once a week as much excitement as would have lasted a Jane Austen heroine throughout a whole novel.
As we rise in the social scale the pursuit of excitement becomes more and more intense. Those who can afford it are perpetually moving from place to place, carrying with them as they go gaiety, dancing and drinking, but for some reason always expecting to enjoy these more in a new place. Those who have to earn a living get their share of boredom, of necessity, in working hours, but those who have enough money to be freed from the need of work have as their ideal a life completely freed from boredom. It is a noble ideal, and far be it from me to decry it, but I am afraid that like other ideals it is more difficult to achievement than the idealists suppose. After all, the mornings are boring in proportion as the previous evenings were amusing. There will be middle age, possibly even old age. At twenty men think that life will be over at thirty.
I, at the age of fifty-eight, can no longer take that view. Perhaps it is as unwise to spend one's vital capital as one's financial capital. Perhaps some element of boredom is a necessary ingredient in life. A wish to escape from boredom is natural; indeed, all races of mankind have displayed it as opportunity occurred. When savages have first tasted liquor at the hands of the white men, they have found at last an escape from age-old tedium, and, except when the Government has interfered, they have drunk themselves into a riotous death. Wars, pogroms, and persecutions have all been part of the flight from boredom; even quarrels with neighbours have been found better than nothing. Boredom is therefore a vital problem for the moralist, since at least half the sins of mankind are caused by the fear of it.