(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part I(Causes of Unhappiness), Chap.2: Byronic unhappiness  Contents(総目次へ)
右上:金剛輪寺(こんごうりんじ/滋賀県)
2004.11.20 撮影


 人は恋愛をなぜ高く評価するのか,一口で言うのは容易ではない。しかしそれでも試みてみよう。
 恋愛は,まず第一に--恋愛の最大の価値ではないにせよ,残り全ての価値にとって不可欠のものであるが,--それ自体「歓喜の源」として高く評価されなければならない。
ああ恋よ,おまえの甘さが苦いなんて
ずいぶん酷いことを言うやからがいる
おまえの熟した果実より甘美なものは
ほかに何ひとつありはしないのに

 この詩(行)の匿名の作者は,無神論の解決策や,宇宙の謎解きの鍵を探し求めていたわけではなく,ただ(恋愛を)楽しんでいたのである。そして,恋愛は歓喜の源であるばかりではなく,それがなければ苦痛の源にもなる。
 第二に,恋愛は,音楽,山頂の日の出,満月の光を浴びた海といった,すべての最上の喜びの価値を高める(増幅する)がゆえに,高く評価されなければならない。愛する女性とともに美しいものを享受した経験がない男性は,それら(の美しいもの)が可能とする魔術的な力を心ゆくまで経験したことがないのである。
 さらに(第三に),恋愛は,自我の固い殻をこわすことができる。なぜなら,恋愛は生物学的な協力の一つの形であり,お互いの(恋愛)感情が相手の本能的な目的を達成するために不可欠だからである。世界には,いろんな時代に,様々な孤独な哲学があった。あるものは非常に高潔であり,あるものはそれほどでもなかった。ストア学派の哲学者と初期キリスト教徒は,人間は自らの意志のみで--少なくとも(他の)人間の援助なしに,人間生活に可能な最高の善を実現できると信じていた。また,権力(の獲得)こそが人生の目的であるとみなす人たちもいれば,さらに単に個人的な快楽を求める者もいた。こうした哲学は,--「善」というものは,大小の人間社会の中で実現されるだけではなくて,分離された(隔絶された)一人ひとりの人間の中でも実現可能なものであると想定している,という意味で--孤独な哲学である。私見によれば,そうした見解はすべて誤っており,それらは,倫理説としてまちがっているだけではなく,私たちの本能のよりよい部分の表現としても誤っている。人間は,協力に依存している。そして,協力に必要な友情が湧き出る本能的な器官を,事実,いくらか不十分ながら,生まれつき与えられているのである。恋愛は,協力を生み出す感情の,第一のそして最も一般的な形であって,いかなる程度であっても,恋愛を経験したことのある人ならば,自分の最高の幸福(善)が愛する人の幸福(善)とは無関係であるとするような哲学には,満足しないだろう。この点では,親としての感情はさらにより強力であるが,親としての最上(最良)の感情は,夫婦愛(←親同士の愛)から生まれ出るものである。最高の形の愛はありふれている,などというつもりはない。しかし,最高の形の愛は,それがなければ知られないままになっていたに違いない価値をあらわにするものであり,それ自体,懐疑主義に毒されていない価値を持つものである,と私は主張したい。もっとも,愛することのできない懐疑主義者は,おのれの(恋愛)不能を誤って懐疑主義のせいにするかもしれない。
(まこと)の愛はいつまでも燃え続ける火
心の中でいつまでも燃え続けており,
病む(衰える)ことも,死ぬ(消え去る)ことも,冷める(弱まる)こともなく
決して脇道にそれることなくただ真っ直ぐに
To say shortly why one values love is not easy; nevertheless, I will make the attempt. Love is to be valued in the first instance - and this, though not its greatest value, is essential to all the rest - as in itself a source of delight.
Oh Love! they wrong thee much
That say thy sweet is bitter,
When thy rich fruit is such
As nothing can be sweeter.
The anonymous author of these lines was not seeking a solution for atheism, or a key to the universe; he was merely enjoying himself. And not only is love a source of delight, but its absence is a source of pain.
In the second place, love is to be valued because it enhances all the best pleasures, such as music, and sunrise in mountains, and the sea under the full moon. A man who has never enjoyed beautiful things in the company of a woman whom he loved has not experienced to the full the magic power of which such things are capable.

Again, love is able to break down the hard shell of the ego, since it is a form of biological cooperation in which the emotions of each are necessary to the fulfilment of the other's instinctive purposes. There have been in the world at various times various solitary philosophies, some very noble, some less so. The Stoics and the early Christians believed that a man could realise the highest good of which human life is capable by means of his own will alone, or at any rate without human aid; others again have regarded power as the end of life, and yet others mere personal pleasure. All these are solitary philosophies in the sense that the good is supposed to be something realisable in each separate person, not only in a larger or smaller society of persons. All such views, to my mind, are false, and not only in ethical theory, but as expressions of the better part of our instincts. Man depends upon cooperation, and has been provided by nature, somewhat inadequately, it is true, with the instinctive apparatus out of which the friendliness required for cooperation can spring. Love is the first and commonest form of emotion leading to cooperation, and those who have experienced love with any intensity will not be content with a philosophy that supposes their highest good to be independent of that of the person loved. In this respect parental feeling is even more powerful, but parental feeling at its best is the result of love between the parents. I do not pretend that love in its highest form is common, but I do maintain that in its highest form it reveals values which must otherwise remain unknown, and has itself a value which is untouched by scepticism, although sceptics who are incapable of it may falsely attribute their incapacity to their scepticism.
True love is a durable fire,
In the mind ever burning,
Never sick, never dead, never cold,
From itself never turning.