(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part I(Causes of Unhappiness), Chap.2: Byronic unhappiness  Contents(総目次)

* 右カット写真:京都東山「哲学の道」(2004.11.07 撮影)

 私自身はといえば,あまりにも長くヴィクトリア時代に生きていたので,クルーチ氏の基準によれば,現代人にはなれそうにもない。私は決して恋愛を信じなくなったわけではないが,私が信じることのできる恋愛の種類は,ヴィクトリア朝時代の人々が賛美したような性格のものではない。私が信じている恋愛は,冒険心に富み,目を大きく見開き,善(とは何か)についての知識を与える一方で,悪の存在も忘れないし,神聖ぶったり,高徳ぶったりもしない。かつて賛美された恋愛にこのような(神聖・高徳といった)性質が付与されたのは,性的なタブーが原因である。ヴィクトリア朝時代の人々は,大部分の性的な事柄は悪だと確信していたので,自分が認めることができる性(的な事柄)に大げさな形容詞をつけないではいられなかったのである。当時は,現在よりも性的飢餓が強かったので,禁欲主義者たちが常に行ってきたように,人びとは,疑いもなく,性の重要性を誇張するようになったのである。
 今日,私たちは,いささか混乱した時代を通り抜けつつあり,多くの人々は,古い基準を投げ捨ててしまっているが,それに代わる新しい基準はまだ手に入れていない。このために,さまざまな困難に陥るのであり,そして彼らは無意識の世界では,通常いまだ古い基準を信じているため,困難にぶつかると,絶望と後悔と冷笑的な態度を生み出すのである。こういう事態に陥る人びとの数はそんなに多いとは思わないが,彼らは,現代の最も口やかましい連中に属しているのである。
 かりに,現代とヴィクトリア朝時代の裕福な青年たちの平均をとれば,恋愛による幸福も,恋愛の価値に対する純粋な信頼も,今日では60年前とは比べものにならないほど大きいことがわかるだろう,と私は信じている。ある種の人びとに冷笑的な態度をとらせる理由は,古い理想が無意識(の世界)を圧政的に支配していることと,現代人が自分の行為を規制するための合理的な道徳が存在しないことに関係がある。これを救済する道は,現代を嘆き,過去をなつかしむことにあるのではなく,もっと勇気をもって現代的なものの見方を受け入れ,名目上は捨て去ったはずのもろもろの迷信を,その薄暗いすべての隠れ場所から引き出して根だやしにしようと決意することにある。

 

 

 

 


.... I lived too long myself in the Victorian age to be a modern according to Mr. Krutch's standards. I have by no means lost my belief in love, but the kind of love that I can believe in is not the kind that the Victorians admired; it is adventurous and open-eyed, and, while it gives knowledge of good, it does not involve forgetfulness of evil, nor does it pretend to be sanctified or holy. The attribution of these qualities to the kind of love that was admired was an outcome of the sex taboo. The Victorian was profoundly convinced that most sex is evil, and had to attach exaggerated adjectives to the kind of which he could approve. There was more sex hunger than there is now, and this no doubt caused people to exaggerate the importance of sex just as the ascetics have always done. We are at the present day passing through a somewhat confused period, when many people have thrown over the old standards without acquiring new ones. This leads them into various troubles, and as their unconscious usually still believes in the old standards, the troubles, when they come, produce despair, remorse, and cynicism. I do not think the number of people to whom this happens is very large, but they are among the most vocal people of our time. I believe that if one took the average of well-to-do young people in our day and in the Victorian epoch, one would find that there is now a great deal more happiness in connection with love, and a great deal more genuine belief in the value of love than there was sixty years ago. The reasons which lead certain persons to cynicism are connected with the tyranny of the old ideals over the unconscious, and with the absence of a rational ethic by which present-day people can regulate their conduct. The cure lies not in lamentation and nostalgia for the past, but in a more courageous acceptance of the modern outlook and a determination to root out nominally discarded superstitions from all their obscure hiding places.