(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB30-160.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.1 (Return to England) 目次  Contents (総目次)

第3巻第1章 英国への帰国

 あらゆる戦争が悪であると考える人々に加えて,自分たちが戦うように求められている特定の戦争に反対する人々がいる。このことは,朝鮮戦争の時に多くの人々に,また後にヴェトナム戦争の時に多くの人々に,起こった。そのような人々は,もし戦うことを拒否すれば処罰される。法律は,あらゆる戦争を非難する人々を罰するだけでなく,個々のいかなる戦争を非難する人々も −いかなる戦争も,少なくともある面では邪悪を助長することが明らかであっても− 罰するのである。ある特定の戦争や特定の法律や特定の政府の行為に反対するという立場をとる人々は,彼ら(の行為)が正当化されないということは非常に疑わしいので,正当化されると考えられるかもしれない。そのように考えると,−彼らは被疑者(想定された悪人)を処罰することを非難するので− 刑法全体に疑問を投げかける(投げかけてしまう),と言われるだろう。私はその通りだと思う。そうして全ての有罪を宣告された犯罪者について,− 時によって大きかったり,小さかったりするけれども− (その有罪性について)ある程度の疑問が生ずる,と私は考える。このことは,ニュールンベルグ軍事裁判の時のように'裁かれる者が敵側である場合'は特にそうである。ニュールンベルグ裁判の刑事被告人も,もし彼らがドイツ人によって裁かれていたら,有罪の宣告を受けるようなことはなかったであろうと広く一般に認められた。ドイツ政府の敵側(注:連合国側)は,ドイツ人の間で政府に対する不服従行為をしなかったことを(ドイツ人に)有罪の宣告をする理由(弁解)として申し立てたが,もしそのような不服従行為をする兵士が自分たちの側(味方)にいたとしたらその者を(軍法会議にかけて)死刑にしてしまったことだろう。彼らが有罪の宣告をした多くのドイツ人は,そのような犯罪行為はただ上官の命令で行ったに過ぎないと抗弁したが,彼らはその抗弁を受けつけようとしなかった。ニュールンベルグ裁判の判事たちは,ドイツ人たちはドイツ政府に対する不服従行為を人間の品位と人道の名において行うべきであったという信念をもっていた。しかしもし彼らが,自分の国の者を裁いているのであって,敵国人を裁いているのではなかったとしたら,そういうふうには考えなかったであろう。。しかし私は,味方であろうと敵であろうと,そのこと(敵には厳しく、味方には優しいこと)は真理であると信ずる。私の信ずるところによれば,政府に対する不服従行為でも,それが認められるべき行為であるか,認められない行為であるかは,いかなる理由で行なわれたかのその理由によって ,即ち,それが行なわれたその目的の重大さ及びその行為の必要性に対する信念の深さによって,決まるのである。

v.3,chap.1: Return to England

In addition to those who consider all war wrong, there are those who object to the particular war that they are asked to fight. This happened with many people at the time of the Korean War and later in regard to the Vietnam War. Such people are punished if they refuse to fight. The law not only punishes those who condemn all war, but also those who condemn any particular war although it must be obvious that in any war one side, at least, is encouraging evil. Those who take this position of objecting to a certain war or a certain law or to certain actions of governments may be held justified because it is so doubtful that they are not justified. Such considerations, it will be said, since they condemn the punishment of supposed malefactors, throw doubt upon the whole criminal law. I believe this is true and I hold that every condemned criminal incurs a certain measure of doubt, sometimes great and sometimes small. This is admitted when it is an enemy who is tried, as in the Nuremberg Trials. It was widely admitted that the Nuremberg prisoners would not have been condemned if they had been tried by Germans. The enemies of the German Government would have punished with death any soldier among themselves who had practised the sort of civil disobedience the lack of which among Germans they pleaded as an excuse for condemning Germans. They refused to accept the plea made by many of those whom they condemned that they had committed criminal acts only under command of those in superior authority. The judges of Nuremberg believed that the Germans should have committed civil disobedience in the name of decency and humanity. This is little likely to have been their view if they had been judging their own countrymen and not their enemies . But I believe it is true of friend as well as foe. The line between proper acceptable civil disobedience and inacceptable civil disobediance comes, I believe, with the reason for it being committed - the seriousness of the object for which it is committed and the profundity of the belief in its necessity.

(掲載日:2009.06.21/更新日:2011.12.25)