(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB26-010(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.6 (America, 1938-1944) 目次  Contents (総目次)

第2巻第6章 アメリカ(1938〜1944)

 1938年8月,私たちはキドリントンの家を売った。買い手は,私たちがただちに引き払うという条件でのみ購入したいとのことであったので,8月の2週間をなんとかしなければならなかった。私たちはキャラバン・カーを賃借りし,その2週間の間,ペムブロークシャーの海岸(注:ペンブロークシャー・コースト国立公園の一部。海岸線は約300kmもある。)で過ごした。そこで過ごしたのは,ピーターと私,ジョンとケイトとコンラッド,それとわが家の大型犬シェリーであった。
 海岸では,ほぼ全期間を通してどしゃ降りの雨で,私たちは全員キャラバン・カーの中にずっと押し込められた。それは今でも思い出すことのできるほど不愉快な時であった。ピーターは食事の用意をしなければならなかったが,それは彼女にとってとても嫌なことであった。ついにはジョンとケイトはダーティントンに戻っていき,ピーターとコンラッドと私はアメリカに向かって船出した。
 私はシカゴ大学で規模の大きなゼミを持ち,オックスフォード大学の時と同じテーマ,即ち「言語と事実」について講義を続けた。しかし,「言語と事実」(Words and Facts)といったような単音節語を用いると,アメリカ人は私の講義をあまり重視しないだろうということを聞かされていたので,私はその名称を「口述と身体の運動習性の相関関係」(The Correlation between Oral and Somatic Motor Habits)といったようなものに改めた。この名称のもと,あるいはこれに似た名称のもと,ゼミの開設が認められた。
 それはとても楽しいゼミであった。そのゼミにはカルナップとチャールズ・モリスがいつも出席しており,また三人の飛びぬけて優秀な学生,ダルキー(Norman Dalkey)とカプラン(Kaplan)とコピロウィッシュ(Copilowish)が出席していた。われわれはいつも行きつ戻りつしながら充実した議論を続けた。そうして,そういうことは哲学上の議論においてはごくまれなことであるが,お互いに満足のいくまで問題点を整理することに成功した。このゼミを別にすれば,シカゴ時代は不愉快なものであった。町は不潔であり,気候はひどかった。
 シカゴ大学の総長ロバート・ハッチンスRobert M. Hutchins, 1899- May 17, 1977/1929年〜1945までシカゴ大学総長)は,「必読書百冊」の推薦と,大学の哲学科に新トマス主義を強制しようと没頭していたので,当然のこと,私のことをたいしてよく思っていなかった。それで,私が契約していた年限がきれたときは,私がシカゴ大学を離れることを喜んでいたように思われる。

v.2,chap.6: America

In August 1938, we sold our house at Kidlington. The purchasers would only buy it if we evacuated it at once, which left us a fortnight in August to fill in somehow. We hired a caravan, and spent the time on the coast of Pembrokeshire. There were Peter and me, John and Kate and Conrad, and our big dog Sherry. It poured with rain practically the whole time and we were all squashed up together. It was about as uncomfortable a time as I can remember. Peter had to prepare the meals, which she hated doing. Finally, John and Kate went back to Dartington, and Peter and Conrad and I sailed for America.
In Chicago I had a large seminar, where I continued to lecture on the same subject as at Oxford, namely, 'Words and Facts.' But I was told that Americans would not respect my lectures if I used monosyllables, so I altered the title to something like 'The Correlation between Oral and Somatic Motor Habits.' Under this title, or something of the sort, the seminar was approved. It was an extraordinarily delightful seminar. Carnap and Charles Morris used to come to it, and I had three pupils of quite outstanding ability Dalkey, Kaplan, and Copilowish. We used to have close arguments back and forth, and succeeded in genuinely clarifying points to our mutual satisfaction, which is rare in philosophical argument. Apart from this seminar, the time in Chicago was disagreeable. The town is beastly and the weather was vile. President Hutchins, who was occupied with the Hundred Best Books, and with the attempt to force neo-Thomism on the philosophical faculty, naturally did not much like me, and when the year for which I had been engaged came to an end was, I think, glad to see me go.
(掲載日:2009.04.30/更新日:2011.11.6)