(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』21-190(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.1 (The First War) 目次へ  Contents (総目次へ)
* 右写真(Garsington Manor)出典: R. Clark's B. Russell and His World, 1981.
(第一章 第一次世界大戦)

 その間に,私とオットリンとの仲は少し疎遠になりつつあった。1915年,彼女はロンドンを離れ,オックスフォード近郊のガーシントン(Garsington)にあるマナー・ハウス(注:田舎の貴族の館)に移り住んだ。それは,以前農家として使用されていた美しい古い家であり,彼女は可能な限りその家を原形の姿にもどすべく(原状回復・復元に),没頭するようになった(注:日高訳では,「そこで彼女は元気の回復にひたすらつとめていた」となっている。学生に下訳させ,日高氏は原文をよく読まなかったのか?)。私はかなり頻繁にガーシントンに出かけていったが,彼女は以前に比べあまり私に関心を示さなくなっているのがわかった。(ラッセル注:大戦の初期に書かれ,当時の私の心の状態を反映しているレデイ・オットリン宛の手紙のうちの数通は,本章末のpp.58-83に収録されている。) 私は,自分の(心の)不幸を慰めてくれる誰か他の女性を周囲に捜し求めたが,コレットに出会うまでは成功しなかった。'警察裁判所訴訟以後,平和主義者グループの晩餐会の時に,私はコレットと再会した。
の画像
enlarge(拡大する!)
 私は,彼女と(晩餐会に出席した)他の人たちと一緒に(晩餐会が行われた)レストランから彼女が住んでいたラッセル・スクエア近くのバーナード・ストリート43番(43 Bernard Street)まで歩いた。私は彼女の魅力に強く惹きつけられたが,2,3日後に,べイカー・ストリートのポートマン・ルーム(Portman Rooms)で演説をすることになっているということを話しただけで,それ以上のことをする機会はまったくなかった。私が演説しに出かけると,最前列の席に彼女が坐っているのを見つけた。そこで私は,演説会が終わってからレストランに食事に行こうと彼女を誘った。そうして,その後(食事後),彼女と一緒に歩いて帰った。以前(前回)は彼女の家に入らなかったが,この時は彼女の家に入った(?)。彼女は非常に若かったが,オットリンと同じくらいすばらしい,'落ち着いた勇気'をもっていることがわかった。('勇気'は,私が真剣に愛そうとする女性には不可欠な性質である。)私たちは,夜中まで(夜更けまで)語り合った。そして語りあううちに恋人同志になった。分別を持つべきだと言う人たちがいるが,私はそういう人の言うことには同意できない。私たちはお互い相手のことをほとんど知らなかったが,それにもかかわらず,あの瞬間において,二人の間に,きわめて真剣かつ,きわめて重大で,時に幸福で,時に苦痛である関係が始まった。だが,二人の関係は,大戦と結びついた巨大な大衆感情と同列に置く価値がないほど,とるにたらないものでも無価値なものでも決してなかった。事実,第一次大戦は,最初から最後まで,私たち二人の恋愛の織物の中に織り込まれた。
 私が彼女と初めて肉体関係を持った時(私たちが最初に恋人同士となった夜は,話すべきことが多すぎたために肉体関係は持たなかった。),突如として獣のような'勝利の叫び声'が通りから聞こえてきた。私はすぐにベッドから飛び起きた。そして(ドイツの)ツェッペリン飛行船が炎に包まれながら墜落するのを見た(→レッド・ツェッペリン)。勇敢な飛行士が苦悶しながら死につつあるという思いが,群集(←通りの人々)に'勝利の喜び'をもたらした全てであった(それ以外の何物でもなかった。)その瞬間において,コレットの愛(のみ)が私の心の避難所であった。それは,逃れられない残酷さそのものからではなく,人間とはなんであるかということを悟ることによる'魂を切り刻む激しい苦痛'からの避難所であった。私は,ある日曜日,二人でサウス・ダウンズ丘陵を散歩して過ごした時のことを覚えている。夕方,私たちは,ロンドンヘ戻る汽車に乗るためにルイス駅(Lewes Station:ブライトンの近くにある町/「イギリスの街と村」の中のイングランド南部の項目を参照)にやってきた。駅は兵士たちで混雑していた。彼らの大部分は前線(交戦地域)に戻るところであり,ほとんどが酔っばらっていた。半数は酒に酔った売春婦が同伴しており,あとの半分は妻や恋人が付き添っていた。彼らは全て,絶望的で,向こう見ずで,気が狂っていた。戦争世界の冷酷さや恐怖が,私を打ち負かした。しかし,私はコレットにしがみついた。憎悪に満ちた世界において,彼女は愛を,最も普通の愛から最も深い愛まで,この世のあらゆる意味での愛を,堅持していた。しかも彼女は,岩のように不動の性格(気質)をもっており,それは当時非常に貴重なものであった。

の画像
enlarge(拡大する!)
My relations with Ottoline had been in the meantime growing less intimate. In 1915, she left London and went to live at the Manor House at Garsington, near Oxford. It was a beautiful old house which had been used as a farm, and she became absorbed in restoring all its potentialities. I used to go down to Garsington fairly frequently, but found her comparatively indifferent to me.(Some of my letters to Lady Ottoline, written during the early years of the War and reflecting the state of my mind at that time, are to be found on pages 276-282, 285-288 and 293-294). I sought about for some other woman to relieve my unhappiness, but without success until I met Colette. After the police court proceedings I met Colette next at dinner of a group of pacifists. I walked back from the restaurant with her and others to the place where she lived, which was 43 Bernard Street, near Russell Square. I felt strongly attracted, but had no chance to do much about it beyond mentioning that a few days later I was make a speech in the Portman Rooms, Baker Street. When I came to make the speech, I saw her on one of the front seats, so I asked her after the meeting to come to supper at a restaurant, and then walked back with her. This time I came in, which I had not done before. She was very young, but I found her possessed of a degree of calm courage as great as Ottoline's (courage is a quality that I find essential in any woman whom I am to love seriously). We talked half the night, and in the middle of talk became lovers. There are those who say that one should be prudent, but I do not agree with them. We scarcely knew each other, and yet in that moment there began for both of us a relation profoundly serious and profoundly important, sometimes happy, sometimes painful, but never trivial and never unworthy to be placed alongside of the great public emotions connected with the War. Indeed, the War was bound into the texture of this love from first to last. The first time that I was ever in bed with her (we did not go to bed the first time we were lovers, as there was too much to say), we heard suddenly a shout of bestial triumph in the street. I leapt out of bed and saw a Zeppelin falling in flames. The thought of brave men dying in agony was what caused the triumph in the street. Colette's love was in that moment a refuge to me, not from cruelty itself, which was unescapable, but from the agonizing pain of realizing that that is what men are. I remember a Sunday which we spent walking on the South Downs. At evening we came to Lewes Station to take the train back to London. The station was crowded with soldiers, most of them going back to the Front, almost all of them drunk, half of them accompanied by drunken prostitutes, the other half by wives or sweethearts, all despairing, all reckless, all mad. The harshness and horror of the war world overcame me, but I clung to Colette. In a world of hate, she preserved love, love in every sense of the word from the most ordinary to the most profound, and she had a quality of rock-like immovability, which in those days was invaluable.
(掲載日:2006.06.02 更新日:2011.7.13)