(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』21-03(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ v.2,chap.1 (The First War) 目次  Contents (総目次)
(第一章 第一次世界大戦)

 (1914年)8月4日(火曜日)の朝,私は,オットリンと2人で,いまは大学(ロンドン大学)の建物の立ち並ぶ,大英博物館の裏手の人気の無い通りを,行ったり来たりした。私たちは,悲観的な言葉使いで,今後の見透し(将来)について議論した。私たちが予見する災い(害悪)について他の人々に話をすると,私たちは気狂い扱いされた。それでも結局は,(その後明らかになった)事実にくらべれば,私たちはおしゃべり好きな(真剣さの足りない)楽天家であった(事実の方がはるかに悲惨であった)
 4日の夜,ストランド通り(右 Google 衛星写真参照)を端から端まで歩きながら,ジョージ・トレヴェリアンと'口論'した後,グラハム・ウォラスGraham Wallas, 1858-1932が委員長をしていた中立委員会の最後の集会に出席した。会議中に,大きな雷の破裂音が1回轟いた。出席していた年輩の委員たちは皆,それをドイツ軍が投下した爆弾だと受け取った。それが,かろうじて中立に賛成していた躊躇した気持ちを消散させた(吹き飛ばした)
 第一次世界大戦の初期は,私にとって,全く驚くべきことばかりであった。私の最良の友であるホワイトヘッド夫妻でさえ,野蛮なくらい好戦的であった。J.L.ハモンドJohn Lawrence Hammond, 1872-1949:英国のジャーナリスト)のような,欧州戦争への参戦に反対して,長い間書き続けてきた(論陣をはってきた)人々も,ベルギーのこと(注:ドイツによるベルギー占領)で押し流されてしまった(足下をすくわれてしまった)。私は,ベルギーが巻き込まれることは避けられないだろうということを,幕僚大学校(the Staff College)(の軍人)の友人からずっと前から聞いて知っていたので,(J.ハモンドのような)重要な政治評論家(時事評論家)たちが,このような極めて重要な問題について無知であるほどおろかな人間であるとは思ってもいなかった。'ネーション誌'(英国の Nation and Athenaeum のこと/米国の Nation のことではない。)は,毎週火曜日にいつも,編集スタッフの昼食会を行っており,私は,8月4日の昼食会(午餐会)に出席した。その時私は,編集長のマッシンガムHenry Massingham, 1860-1924が英国の参戦に熱烈に反対しているのを知った。'英国参戦反対の趣旨'で Nation 誌に執筆したい(寄稿したい)という私の申し出を,彼は心から歓迎してくれた。(しかし)その翌日,彼から,「今日は昨日ではありません。・・・。」という書き出しで始まり,自分の意見は完全に一変したと述べている手紙が届いた。それにもかかわらず彼は,戦争に反対して抗議する私からの長い手紙を,Nation 誌の次の号に掲載してくれた(ラッセル注:その手紙の全文を本書のp.246〜に(日高氏の訳書のpp.43-46)に掲載)。何が彼の意見を変えさせたのか,私にはわからない。(ただ)私は,彼が8月4日の午後遅く,アスキスHerbert Asquith, 1852-1928/1908-1916の間,英国首相)の娘の一人がドイツ大使館の階段を下りて来る彼(マッシンガム)を見かけた,ということを聞いて知っている。その結果として,彼は世界大戦というような重大危機に際して愛国心に欠けることは愚かであると警告されたのではないかという疑いを私はいくらか持っている。第一次大戦勃発の年の1年そこらは彼は愛国主義的であったが,時が経つにつれて,彼は,かつて愛国主義的だったことを忘れはじめた。少数の平和主義の国会議員たちは,2,3人の共鳴者たちと共に,ベッドフォード広場にあるモレルの自宅で会合をもち始めた。私もいつも出席したが,その集まりから,民主的統制連合Union of Democratic Controlが誕生した。興味深いことに,平和主義の政治家の多くは,実際に戦争に反対する活動を行うよりも,彼らのうちの誰が反戦運動のリーダーになるかという問題の方により関心を持っていることがわかった(観察された)そうではあるが,そこにいた全員は,ともに活動するつもりであったので,私は彼らを善意でとらえ最善を尽くした。
の画像
enlarge(拡大する!)
Source: Google Satelite, c.2011


On the morning of August 4th, I walked with Ottoline up and down the empty streets behind the British Museum, where now there are University buildings. We discussed the future in gloomy terms. When we spoke to others of the evils we foresaw, they thought us mad; yet it turned out that we were twittering optimists compared to the truth. On the evening of the 4th, after quarrelling with George Trevelyan along the whole length of the Strand, I attended the last meeting of a neutrality committee of which Graham Wallas was chairman. During the meeting there was a loud clap of thunder, which all the older members of the committee took to be a German bomb. This dissipated their last lingering feeling in favour of neutrality. The first days of the War were to me utterly amazing. My best friends, such as the Whiteheads, were savagely warlike. Men like J. L. Hammond, who had been writing for years against participation in a European War, were swept off their feet by Belgium. As I had long known from a military friend at the Staff College that Belgium would inevitably be involved, I had not supposed important publicists so frivolous as to be ignorant on this vital matter. The Nation newspaper used to have a staff luncheon every Tuesday, and I attended the luncheon on August 4th. I found Massingham, the editor, vehemently opposed to our participation in the war. He welcomed enthusiastically my offer to write for his newspaper in that sense. Next day I got a letter from him, beginning: 'Today is not yesterday . . .', and stating that his opinion had completely changed. Nevertheless, he printed a long letter from me protesting against the War in his next issue.(The full text is reproduced on page 264-) What changed his opinion I do not know. I know that one of Asquith's daughters saw him descending the steps of the German Embassy late on the afternoon of August 4th, and I have some suspicion that he was consequently warned of the unwisdom of a lack of patriotism in such a crisis. For the first year or so of the War he remained patriotic, but as time went on he began to forget that he had ever been so. A few pacifist MPs, together with two or three sympathisers, began to have meetings at the Morrells' house in Bedford Square. I used to attend these meetings, which gave rise to the Union of Democratic Control. I was interested to observe that many of pacifist politicians were more concerned with the question which of them should lead the anti-war movement than with the actual against the War. Nevertheless, they were all there was to work with, I did my best to think well of them.
(掲載日:2006.03.19/更新日:2011.6.13>