(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』13-26(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第3章(ケンブリッジ大学時代)累積版  総目次

 私は1892年の始め頃 使徒会(The Apostles)の会員に選ばれた。次はお祝いの手紙であるが,手紙の中の,ドイツ形而上学をからかうために,使徒会('The Society') の中で(=仲間内で)使われた(採用された)いくつかのフレーズについては,説明が必要である。使徒会 は(使徒会のみが)「実在の世界」であるとされた。つまり,その他一切のものは「仮象」(Appearance)である(にすぎない)とされた。使徒会の会員以外の人々は,「現象」(Phenomena/松下注:Appearance も Phenomena もほぼ同じ意味に使われている)と呼ばれた。形而上学者たちは「空間」と「時間」は実在しないと主張していたから,使徒会 に加入している人間は,空間と時間の束縛から免れているとされた。
チャールズ・エリオット卿(KCSI*)/インド・ベンガル州副総督(気付)
クロムプトン・レーウェリン・デーヴィス
*1 Knight Commander of the Star of India の略称。Knight Commanderは3つある叙勲位の第二位。いずれも,植民地インドの宗主国であった大英帝国から授与された称号
*2 日高氏は,Ll. D.=Llewelyn Davis を法学博士 Legum Doctor と勘違いして誤訳されている。
1892年3月9日(水曜)

拝啓ラッセル様,
 私はあなたが我々の仲間に加わったことをたった今朝着いた郵便で知りました−−万歳! 本当に良いニュースです。私は,どんなに嬉しく思っているか,また私が今ケンブリッジにいてあなたと友情を込めた握手ができないこと非常に残念に思っていることを,郵便を無視して何も言わないでこの午後を過ごすわけにはいきません。これからあなたは,当然のこと,あなた自身の感想をもたれることでしょうが,しかし私にとっては(私が会員に選ばれた時は),それは新しい人生の幕開けであり,ケンブリッジ(大学)とは本当のところどういうものであるかについての啓示(発見)でした。
 もうすぐ郵便の集配の時間ですので,残念ながら私が選ばれた時の経験について今書くことはできません。私がどんな暮らしをしているかはセオドール(セオドール・レーウェリン・デービス)が伝えてくれるでしょう。あなたが体調が良くなかったことを聞き,大変お気の毒に思いました。早くよくなってください。ウェッブ(ラッセル注:私の数学教師)に殺されてはなりません。
 走り書きですみません。厚かましくも私たちを現在分離していると主張している'空間と時間'(時間と空間)という不合理な'いんちき'を破ってください。それに対し,私たちは,それら(時間及び空間)は,私が最初から・現在でも・また今後も結びつけられている'真の実在'とは無関係であることを,理解しています。

兄弟の親愛の情を込めて

追伸 私はサンガーにまともな手紙を書いている時間がありません。同封した'走り書き'を彼に渡していただけないでしょうか。時間の余裕があればお手紙をください。



ニュージーランド・タラナキ,ニュープリマウス,デヴォン・ストリート
(署名)エリス・マクタガート
 1892年5月17日
* McTaggart, John McTaggart Ellis, 1866-1925(右下写真)

拝啓ラッセル様,

2月のうれしいニュース,大変おめでとうございます。そのニュースは,−使徒会の諸問題のなかではまったく不可解な'時間と空間'に束縛されて− たった今,インド経由で,到着しました。
  私はこの上なく嬉しく思います。われらの兄弟であるホワイトヘッドの洞察力について −あなたとサンガーの使徒的性質を大学入学奨学金請求論文から発見し,あなたがたに注目するようにと我々に言ったホワイトヘッドの洞察力について− あなたたちは聞かされていると思います。
 私は,土曜の夜(の 使徒会の集会)かそこらに戻ることができればよいと思います。そうして,キリスト教 (Xianity = Christianity)が愛の宗教であるかどうか −それはちがうというのが私が主張したい事の1つですが− について,テオドールと議論して結着をつけたいと思います。人格神と真の愛という観念とが,いかにして活力を持って両立可能か,私には理解できません。
 '胎児'たち(ラッセル注/胎児:使徒会に入会させようと考慮中の人たちの呼称)についての情報はいかがですか。私は,トレヴェリアンの弟(ボブ)がたいへん有望であり,彼は'未熟な大器'(Green of Kings の意味がわかる方は,掲示板かメールでご教授ください。)であると聞いています。
 書かなければならない手紙がまだ数え切れないほどあります。来年1月の中頃にお目にかかりたいと思います。

親愛の情を込めて
の画像
拡大する!(enlarge)
I was elected to 'The Society' early in 1892. The following letters of congratulation require an explanation of some phrases which were adopted in 'The Society' by way of making fun of German metaphysics. The Society was supposed to be The World of Reality; everything else was Appearance. People who were not members of The Society were called 'phenomena'. Since the metaphysicians maintained that Space and Time are unreal, it was assumed that those who were in The Society were exempted from bondage to Space and Time.
c/ Hon. Sir Charles Elliott, KCSI,
Lieut. Gov. of Bengal, India
Weds. March 9, 1892

Dear Russell
l have just heard by this morning's mail that you have joined us - Hurrah. It is good news indeed. I mustn't let the mail go off this afternoon without a few words to say how glad I am, and how sorry not to be at Cambridge now to give you a fraternal handshake. You will of course get your own impressions, but it was certainly a true new life to me, and a revelation of what Cambridge really was.
It is just time for letters to go, so I'm afraid I can't write just now to tell you of my experiences. Theodore will tell you how I am getting on. l was very sorry to hear that you had not been well. Get all right quick. Don't let Webb (*My mathematical coach.)kill you.
Excuse these hurried lines. Confound those absurd humbugs, space and time, which have the impudence to pretend that they are now separating us. Whereas we know that they have nothing to do with that true existence in the bonds of which I was in the beginning am now and ever shall be.

fraternally and affectionately yours
Crompton Ll. D.

I haven't time to write to Sanger a proper letter, so would you mind handing him the enclosed scrawl?
Do write to me if you have time.


Devon St., New Plymouth, 17th May, 1892
Taranaki, New Zealand.

Dear Russell

Many congratulations on the delightful news of last February, which - with a bondage to space and time perfectly inexplicable in apostolic matters - has only just reached me via India.
I am most awfully glad. I hope you have been told of our brother Whitehead's penetration, who detected the apostolic nature of yourself and Sanger by your entrance scholarship essays, and put us on the watch for you.
I wish I could get back for a Saturday night or so, and have it out with Theodore about Xtianity being the religion of love - just the one thing which it isn't I should say. I don't see how the ideas of a personal God and real love can coexist with any vigour.
How about the Embryos?(* Our name for people we were thinking of electing) I hear that the younger Trevelyan (Bob) is very promising, and Green of Kings.
I have innumerable more letters for the mail. I hope to see you in the middle of next January.

Yours fraternally,
(Sgd.) Ellis McTaggart