Portal Site for Russellian in Japan


時代の進歩に歩調をあわせる(松下彰良・訳)
(1931年12月23日執筆)
Keeping pace?
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]
* 改訳及びHTML修正をしました。(2010.9.22)


 平成13年最初のラッセルの言葉は、"Keeping pace?" です。時代の変化が早すぎると感じる場合と、遅く感じる場合があります。早く変わってほしいものは遅すぎると思いますが、考えや感情がついていけないと思うものが多いと時代の変化が早すぎると思うのが一般的だと思われます。早く変わりすぎる、と思うものがふえてくるとそれは「老化」の始まりでもありますが、皆さんどうでしょうか?(2000.12.28: 松下)

 石器時代から今日まで、人類はしだいに進歩のペースを早めてきた。もし穴居人(a cave man)が紀元前4000年頃のエジプト近辺で生活することになったなら、当時の多忙な'近代的'生活には耐えられないと感じたことだろう。(当時)人類は生活習慣を変え、狩猟生活をやめ、農業を始め、彼らの先祖が使っていた火打石に満足せず、金属について新規の試み(金属加工)を行いつつあった。穴居人は、「そのようなことはやめなさい。最近の若いやつはまったく生意気だ」と言ったかもしれない。
 だが、時代の流れは止まらなかった。それどころか、中世の暗黒時代の'回復'の一時期を除き、人類は進歩し続けただけでなく、そのスピードをより早めて前進を続けた。
 この(進歩の)プロセスには、当然の限界はないだろうか。多分その限界は、人間の神経組織のなかに見いだされるだろうと私は思っている。現代の子供も、石器時代の子供と本質的に同じ神経組織を持って生まれてくる。そして今も昔も変わらないこの神経組織は、おおざっぱにいって、時々起こる戦争と私的な争いを別にして、不変の習慣と変わり映えしない日常に適している。
 疑いもなく、現代人が生きているこの常に変化する環境は、神経をすり減らすものである。さらにこのような環境では、いかなる世代も、以前とは異なり、老人たちからの手助けをほとんど受けずに、自分自身の習慣(形成)と将来の予想を考え出さなければならない。若者が間違いを犯すのは当然であるが、老人たちが若者のためを思っていろいろやってみても、さらに大きなあやまちを犯すはめになる。思考習慣は、生活の機械技術(的側面)とは違い、そう急には変わらないゆえに、老人たちの習慣と考え方は若者には古くさく思える。
 7,8世紀のビザンチン帝国の最初の宣教師が伝えた教理をそのまま信じる父親を持つ、ロシアの小作人を考えてみよう。彼が共産主義理論やフォードのトラクターや、映画の宣伝や、近代生活の各種の装置に接する時の彼の反応を想像してみよう。彼の態度は、畏敬か恐怖か、その気質にもよって異なるが、困惑状態に陥りやすい。中国の近代的な考え方を持つ個人が埋めなければならない新旧世代の隔たりはさらに大きい。彼の父親は紀元前6世紀の孔子の教えを忠実に守っていたが、近代教育を受けた若者にとっては、共産主義かそれともアメリカ式の大企業以外は考慮に値しない。このような状況におかれると、神経が緊張し、ヒステリー状態に向かっていく。
 今後世界の進歩の度合いが現在のロシアや中国並あるいはそれ以上になれば、世界で何が起こっているかなどわからない無感動な少数の人々は別として、全人類はヒステリー状態に陥いることもありそうである。このような状況は、-道標がなく、揺るぎない習慣も確固たる信念もなく、しかし破壊へとつながる興奮への絶えざる熱中の増大が伴う-、不安定で正常でない世界を生み出しそうであり、また実際すでに生み出しつつある。そのような集団ヒステリー状態が、人類の進歩の今後の速度に自然な限界をもたらすこともなきにしもあらずと、私は考えている。
 私が予測できる唯一の別の可能性は、人間の知的水準が次第に低くなり、したがって発明の数も少なくなるという事態である。もしそのような事態が実際に起これば、人間の進歩を人間の神経が耐えられる程度の落ち着いたペースに押さえることができるかもしれない。私は、世界の教育制度がこの有益な結末をもたらしてくれるだろうと、ほのかな期待を抱いている。(注:もちろん半分冗談です。)
From the Stone Age to the present day, the rapidity of human progress has been gradually increasing. If a cave man could have returned to Egypt somewhere about the year 4000 BC he would have felt that the hurry of modern life had become almost unbearable. Men were altering their habits, taking to agriculture instead of hunting, and doing strange things with metals instead of being content with flints like their ancestors. This sort of thing, he would have said, must stop; the younger generation is becoming altogether too uppish.
Nevertheless it did not stop; on the contrary, except for the interval for recuperation during the Dark Ages, men have not merely continued to progress, but have progressed with continually increasing speed.
Is there any natural limit to this process? I think probably that the limit is to be found in the human nervous system. Children are born with essentially the same nervous system as belonged to children in the Stone Age, and this system is adapted, broadly speaking, to a life of settled habits and unchanging routine, alternating only with occasional outbursts of war or private vengeance.
There can be no doubt that the continually changing environment in which the modern man lives is fatiguing. Moreover, it means that each generation has to think out its own habits and its own expectations with very much less help from the old than was formerly the rule. The young, no doubt, make mistakes; but the old, when they try to think for them, make even greater mistakes. Habits of thought do not change so quickly in the individual as does the mechanical technique of life, so that the habits and opinions of the old seem archaic to the young.
Consider the Russian peasant whose father's ideas were those inherited from the original Byzantine missionaries of the seventh or eighth centuries. Imagine this man confronted with the doctrines of Communism, with Ford tractors, film propaganda, and all the apparatus of modern life. His attitude is likely to be one of bewilderment, either admiring or horrified according to his temperament. In China the gulf covered by an individual who becomes modern is even greater. His father held piously to the doctrines of Confucius, who lived in the sixth century before Christ, while he, if he has had a modern education, considers Communism and American big business the only alternatives worthy of consideration. This sort of thing produces a state of nervous tension tending toward hysteria.
When the rate of progress in the whole world has become as great as it now is in Russia and China, and perhaps even greater, it is to be feared that the whole human race will become hysterical, with the exception of a few stolid individuals too stupid to notice what is happening. This state of affairs is likely to produce and is indeed already tending to produce a world of instability and insanity without landmarks, without unquestioned habits, without settled convictions, but with increasingly passionate devotion to excitement offering destruction. I think it not unlikely that the natural limit to the possible rapidity of human progress will be set by some such collective hysteria.
The only alternative that I can see is that man may grow less intelligent and therefore make fewer inventions. If this should happen, it may be possible to maintain a steady rate of progress not too rapid for the human organism to endure. I have some hope that the educational systems of the world may produce this beneficial result.
★12月(前月)の言葉★格言集へ