Portal Site for Russellian in Japan


不確実性の時代(現代)(松下彰良・訳)
(1932年6月20日執筆)
On modern uncertainty

* 改訳及びHTML修正をしました。(2010.11.13)
 (2003.3.30 掲載)

 世界の歴史には,以下の4種類の時代があった。即ち,
  1. あらゆることを知っていると誰もが思っていた時代
  2. いかなることも知っていると思っている人がまったくいなかった時代
  3. 賢い人々は物知りで,愚かな人々は知識が乏しいと,それぞれ自覚していた時代
  4. 愚かな人々は物知りで,賢い人々は(確実で価値のある)知識はほとんど持っていないと,それぞれ自覚していた時代
 第1種は'安定の時代',第2種はゆるやかな'衰退の時代',第3種は'進歩の時代',第4種は'破滅の時代'である。
 未開時代は全て,第1種の時代であり,誰一人として部族の宗教,古い慣習に含まれている知恵,あるいは豊作を保証するという呪術の力を疑わない。その結果,たとえば飢餓のような目に見える不幸の原因がないかぎり,皆幸福である。
 第2種の時代のよい例は,キリスト教勃興前の,すでに退廃が始まった後の,古代世界である。ローマ帝国時代において,部族宗教はその排他的な信仰の力を失った。即ち,他民族の宗教にも多少の真理があると人々が考え始めるにつれて,彼らは自分の宗教の中に何らかの誤謬があるかもしれない考え始めた。東方の魔術(降霊術)が半ば信じられ,半ば否定された。ゲルマンの蛮族は,より文明化した民族失った徳目を保持していると想像された。その結果,誰もが全てを疑い始め,この疑念が努力を無力化した。
 18世紀から19世紀初頭にかけて(注:第3種の時代)は,これと正反対のことが起った。科学と科学技術の登場は目新しい一つの事件であり,それらを理解した人々に無限の自信を与えた。科学及び科学技術の勝利は,明らかでありまた驚くべきものだった。中国の皇帝がイエズス会の修道士たちの迫害を決意した時,イエズス会修道士が日触の日時の予知に成功したのに対し,皇帝お抱えの天文学者たちは繰り返し間違ったので,ついには,皇帝はこの種の賢明な人々を支援する価値があるという結論に達した。イギリスにおいては,農業に科学的方法を導入した人々は,古いやり方を固執する人たちと比べてあきらかには大きい収穫を得た。一方,工場でも,蒸気と機械は保守主義者たちを敗走させた。そのようなわけで,教育によって培われた知性(の重要性)についての普遍的信仰がもたらされた。知性を備えていない人々は,知性を備えている人々の指導に従い,そうして急速な進歩の時代が出現した。
 今日の時代注:第4種の時代)は,これと正反対のことが起こっている。エディントンのような科学者は,科学によって本当に何かを知ることができるか多くの疑問を抱いている。経済学者は,世界の商取引についての公認の学説が,全ての人々を貧困にしていると気づいている(注:このエッセイは世界大恐慌後まもなくのものであることに注意)。政治家は国際協力を保証する方策,即ち,新たな戦争を防止する方策を何一つ発見できない。哲学者は人類に指針を与えることがまったくできないでいる。積極的意見の持主は,非常に愚かなために自分の意見が馬鹿らしいものであってもそのことに気づくことのできない愚かな人々だけである。その結果,世界は愚者によって支配され,国際会議でも知性のある者の発言は,何の重みも持たない。
 この状態が今後も継続するならば,世界はますます取り返しのつかない不幸に落ち込むに違いない。インテリ層の懐疑主義は彼らの無力観の原因であり,それ自体は彼らの怠慢の結果である。即ち,行動に価するものがこの世に何も存在しないのであれば,それは'拱手傍観'の口実となる。しかし,破滅が切迫している時には,それでもなお傍観するいかなる口実も正当な根拠を持たない。インテリ層は,彼らの懐疑主義から脱却し,全ての人々が嘆き悲しんでいる悪についての責任を分担しなければならない。そうして,彼らは学術上の不平や,ひねくれた衒学的態度を捨てなければならない。なぜなら,民主主義が正当に評価できる言葉を語る方法を,彼らが学ばないかぎり,彼らが何を言おうとも,何の役にも立たないということを彼らは悟るべきである。
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

There have been four sorts of ages in the world's history. There have been ages when everybody thought they knew everything, ages when nobody thought they knew anything, ages when clever people thought they knew much and stupid people thought they knew little, and ages when stupid people thought they knew much and clever people thought they knew little.
The first sort of age is one of stability, the second of slow decay, the third of progress, and the fourth of disaster.
All primitive ages belong to the first sort: no one has any doubt as to the tribal religion, the wisdom of ancient customs, or the magic by which good crops are to be secured ; consequently everyone is happy in the absence of some tangible reason, such as starvation, for being unhappy.
The second sort of age is exemplified by the ancient world before the rise of Christianity but after decadence had begun. In the Roman Empire, tribal religions lost their exclusiveness and force : in proportion as people came to think that there might be truth in the religions of others, they also came to think that there might be falsehood in their own. Eastern necromancy was half believed, half disbelieved ; the German barbarians were supposed to possess virtues that the more civilised portions of mankind had lost. Consequently everybody doubted everything, and doubt paralysed effort.
In the eighteenth and early nineteenth centuries, exactly the opposite happened. Science and scientific technique were a novelty, and gave immense self-confidence to those who understood them. Their triumphs were obvious and astonishing. Repeatedly, when the Chinese Emperor had decided to persecute the Jesuits, they would turn out to be right about the date of an expected eclipse when the imperial astronomers were wrong, and the Emperor would decide that such clever men, after all, deserved his favours. In England, those who introduced scientific methods in agriculture obtained visibly larger crops than those who adhered to old-time methods, while in manufactures steam and machinery put the conservatives to flight. There came, therefore, to be a general belief in educated intelligence. Those who did not possess it allowed themselves to be guided by those who did, and an era of rapid progress resulted.
の画像 In our age, the exact opposite is the case. Men of science like Eddington are doubtful whether science really knows anything. Economists perceive that the accepted methods of doing the world's business are making everybody poor. Statesmen cannot find any way of securing international co-operation or preventing war. Philosophers have no guidance to offer mankind. The only people left with positive opinions are those who are too stupid to know when their opinions are absurd. Consequently the world is ruled by fools, and the intelligent count for nothing in the councils of the nations.
This state of affairs, if it continues, must plunge the world more and more deeply into misfortune. The scepticism of the intelligent is the cause of their impotence, and is itself the effect of their laziness : if there is nothing worth doing, that gives an excuse for sitting still. But when disaster is impending, no excuse for sitting still can be valid. The intelligent will have to shed their scepticism, or share responsibility for the evils which all deplore. And they will have to abandon academic grumblings and peevish pedantries, for nothing that they may say will be of any use unless they learn to speak a language that the democracy can appreciate.

★3月(前月)の言葉★格言集へ