Portal Site for Russellian in Japan


希望と恐怖 (松下彰良・訳)
(1931年10月7日執筆)
Hope and Fear
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]
改訳+HTML修正しました。(2010.08.03)

 個人の社会的地位や経済状態は不安定であり,変動がはげしい現代,変動するものは希望と恐怖の源泉となる。拝金主義(金銭崇拝)の生まれる土壌ともなる。「諸悪の根源」といわれる拝金主義をなくしたいのならば,その第一歩として,だれもが十分に持ち,持ちすぎた人間がいない社会組織をつくり出さなけれならない」というラッセルの主張。(2002.05.01)
 われわれの生活には,実際には変更不可能な要素と,幸か不幸か,変動を被りやすい要素がある。生活における変更不可能な要素は,われわれの心を動かさないが,変動する要素は希望と恐怖を生みだす。それゆえ,人間の感情生活の性格は,その人が住んでいる社会組織の影響を直接受けて決まる。人間の感情は確かなものよりも不確かなものに向けられるからである。 収入が変動しなければ,人間は金銭についてあまり考えないだろうし,社会的地位が変らなければ家柄を鼻にかける俗物などにならないだろうし,自国の偉大さが(他国から見ても)議論の余地がなければ,熱狂的な愛国者にならないであろう。
 別の価値体系(set of values)を取り上げてみよう。人間は,もし自分がどうしようもなく愚かと信ずるならば知的野心(訳注:中野氏は「知的向上心」としている。)を持たないであろうし,自分が美的センスを持ち合わせていないと知れば芸術の世界で名をあげようと思わないだろうし,自分がどうしようもなく平凡な人間だと自覚しているならば名声など追い求めないであろう。
 ソヴィエト・ロシアは別として,現代世界では,収入と社会的地位が概して今までのどの時代よりも変動しやすい。
 今日では,ある年に投機で巨額の金を手に入れても,翌年にはそれを失なうかもしれない。巨額の富を持っている間は立派な社会的地位を有するが,富を失えば社会的地位を失ってしまう。そのような極端な例をあげなくても,西欧世界では大多数の人が,現在(1931年)では2年前(1929年の世界大恐慌前)にくらべるとずっと貧乏になっている。逆に,景気の良い時期には,ほとんどの人はもっと豊かになる。(松下注:1929年10月24日,ニューヨーク株式市場で株価大暴落→世界大恐慌(Great Depression)に発展)
 世の中がこのように不安定である結果,人々は,以前よりも金のことにより心を奪われている。以前はこのような現象はごく一部の人に限定されていたが,今ではほとんど世間一般のことになっている。経済的不安定の当然の結果として,先陣争い(奪い合い)における成功(の度合い)によって人は賞賛されるようになってきた。先陣争いから逃げるものはごく少なく,逃げる者は尊敬されない。なぜなら,先陣争いから逃げる者は,富よりもほかのものを尊んでいるのではなく,臆病なために逃げていると解釈されるからである。
 若者の精神を形成する影響力のある大部分のもの(媒体)によって,金銭面での成功の理想像が若者の前に示される。映画では,若者たちは贅沢を表現したものを見る。金持ちは大理石の大広間を持っており,大広間には華麗な衣装をまとった美女が集まっている。映画の主人公は,たいてい,最後には成功した階級の仲間入りを成就する。芸術家でさえ,稼いだ金額で判断されるようになる。金銭で計れない価値は,見下されるようになる。あらゆる感受性は,競争におけるハンディキャップであるため,失敗の烙印(焼印)と見なされる。
 百年前までは,金持ちは,ある程度の教育と教養を身につけていた。それなしには,彼らは尊敬されなかった。今(1930年前後の米国)では,教育や教養はしだいに,貧乏であるために軽蔑されている学校の先生や大学教師だけのものとなりつつある。それゆえ,金持ち階級の教養のレベルは最近かなり低下している。
 こういった文化面での損失は,我々の社会制度の変更なしには是正できそうもない。しかし現にこのような損失があるということを認識することは重要である。なぜなら,そのような損失は,今日の世界がまだ完全でないと思える理由の一つであるからである。人が自分の財政状況(懐具合)をあやうくする危険性もまた財政状況を容易に高めることもできない世界は,金銭以外のものが重きをなす世界である。
 したがって,もし諸悪の根源と言われている拝金主義を減らしたいと思うならば,第一歩として,誰もが十分に持ち,持ちすぎた人間がいない社会組織を創り出さなければならない。

In the life of every man there are some elements that are practically inalterable while there are others which are subject to fluctuations, fortunate or unfortunate. The inalterable elements are taken for granted while those that fluctuate are matters for hope and fear. The character of a man's emotional life is therefore intimately dependent upon the social system under which he lives, since his emotions will be directed toward what is doubtful rather than toward what is certain. If a man's income is fixed, he will not think much about money; if his social position is inalterable, he will not be a snob; if he believes his country's greatness to be unassailable, he will not be a vehement nationalist.
To take another set of values : if a man believes himself incurably stupid, he will not have intellectual ambitions; if he knows that he has no aesthetic sense, he will not seek artistic distinction; if he is aware of being incurably commonplace, he will not live for fame.
In the modern world (outside Russia) income and social position are more fluctuating, on the average, than they have ever previously been. A man may make a million by speculation one year and lose it all in the following year. While he possesses his million he has a good social position; when he loses it, he has none. Without taking such an extreme case, most people, throughout the Western world, are considerably poorer now than they were two years ago; in good times, conversely, most people grow richer. The result of this uncertainty is that men are more preoccupied about money than they ever were. In former days, this preoccupation was confined to a small minority, whereas now it is almost universal. As a natural conscqucnce of the economic uncertainty, men have come to be admired in proportion to their success in the scramble. Few stand aside, and those who do are not respected, since it is thought that they do so from timorousness, not because they value other things more than much money.
 The ideal of financial success is set before the young by most of the influences that form their minds. In the cinema they see representations of luxury, where plutocrats own marble halls and beautiful ladies in splendid dresses. The hero generally succeeds, in the end, in belonging to this successful class. Even artists come to be judged by the amount of money they make. Merit not measured in money comes to be despised. Every kind of sensitiveness, being a handicap in the struggle, is regarded as a stigma of failure.
 A hundred years ago the rich arrived at the possession of a certain amount of education and culture, without which they could not be respected. Nowadays education and culture are becoming more and more confined to teachers and professors, who are despised for being poor. The level of the rich in this respect has therefore very greatly deteriorated in recent times.
 It is unlikely that this loss to civilisation can be made good I without a change in our social system. But it is important that the loss should be realised, since its existence is one of the reasons for thinking our present world not wholly perfect. A world in which a man is unlikely to lose his financial standing and cannot easily improve it will be a world where other than monetary : values will have weight. If, therefore, we wish to diminish the love of money which, we are told, is the root of all evil, the first step must be the creation of a system in which everyone has enough and no one has too much.
 
★2002年4月の言葉★格言集へ