Portal Site for Russellian in Japan



愛情と金銭(松下彰良・訳)
(1932年12月14日執筆)
Love and Money
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

* 改訳及びHTML修正をしました。(2011.12.5)

 今回はコメントを省略します。(2002.03.28)

 浪漫主義運動がいまだ初期の熱狂的段階にあった頃、「我々は、結婚においては愛情を重視すべきか、あるいは金銭を重視すべきか」というのは、世間一般の共通の議論の主題であった。当事者たる若い人々は通常'愛情'を重視し、両親は通常'金銭'を重視した。この時代の小説においては、(愛情か金銭かという)このジレンマは小説の最後のページで、外見上は無一文に見えた女主人公が、実は巨額の'遺産の相続人'であることがわかるという発見で、巧妙に解決されていた。しかし現実の人生においてこの種の大団円(どんでん返し)を期待した若い男は、失望を味わいがちであった。聡明な両親は自分の娘が愛情のある結婚をすべきだと認めつつも、娘が出会う若い男が皆金持ちであるように用心(配慮)した。このやり方は時にはとてもうまくいった。たとえば、私の母方の祖父はこの方式を採用し、大勢のロマンティックな自分の娘たちを全員、金持ちでない男とは結婚させなかった(金持ちと結婚させた)。
 心理学が流行の今日では、事柄はもはや80年前のように単純ではない。今日、我々は金銭がまったく純粋な愛情の原因、あるいは原因の一部になりうることを知っている。即ち、この種の著名な実例は歴史上に存在する。後にビーコンズフィールド卿となったベンジャミン・ディズレーリ(Benjamin Disraeli, 1st Earl of Beaconsfield, 1804-1881:イギリスのヴィクトリア朝期の政治家。1868年及び1874年-1880年に首相を務める。)は若い頃貧乏で苦労するとともに、野心に燃えていた。彼はずっと年上の'裕福な未亡人'と結婚し、そのために世間からはとても愚かな人間であると見なされた。彼は妻の援助によって、政治家として成功することができた。冷笑的な世間は、当然のこととして、彼は妻よりも(彼女が持っている)金銭を愛したのだと想った。しかしこの世間の判断は間違っていた。即ち、彼の結婚生活の全体を通して、彼は妻を深く心から愛し続けた。ディズレーリが最初に彼女に会った時に、もしも彼女が貧乏だったならば、彼は彼女に愛情を感じただろうとは想わない。しかし彼女の彼への親身な関心に恩恵を受けている,彼女の支援に対する彼の深い感謝の念は、容易に深い愛情に発展した。自分の目的達成の上で相手から得られた援助(に対する感謝の念)から多くの愛情が芽生えている。野心が主たる熱情である男性においては、自分の出世の支援をしてくれた女性を愛する傾向があり、それゆえ、愛情が自己の利益への本能に根ざす場合は'本物の'愛情ではないと想定することは、非常に'浅薄な心理学'であろう。
 ディズレーリよりももっと著名な例は、マホメット(ムハンマド、570年頃-632年6月8日:イスラーム教の開祖)である。周知のように、彼は金持ちの未亡人おかかえの'ラクダの乗り手'であり、彼女を愛し、結局は彼女と結婚した。彼の預言者家業の初期の報酬が得られない年月をずっと支えたのは、彼女の資本であった。マホメットは一人の女性を排他的に愛する種類の男でなかったが、その一夫多妻主義の限度内で、この恩人である妻を彼が心から愛したことは疑いない。
 以上、私があげた例は、男が貧しく女が裕福な場合であるが、男が支配的地位にある世界においては、これと逆の例がずっと多いはずであるが、その心理学はほとんど同一である。大金持ちの男性が非常に貧しい女性に結婚をしてくれと頼めば、特に彼女が社会的野心の持主である場合は、きっと一種の感謝の念を抱き、その結果、相手が嫌悪を及ぼすような人間でなければ、彼女は彼を愛するようになるだろう。少くともこの男性は、貧乏な男性に比べれば、その個人的魅力が少なくてもすむはずである。持てる者は、さらに与えられる。富は往々にして愛情の外観のみならず、その実質まで買うことができる。これは不正で望ましくないが、それでも事実であることに変わりはない。

When the Romantic Movement was still in its first fervour(fervor), it was a common matter of debate whether people should marry for love or for money. The young people concerned usually favoured love, and their parents usually favoured money. In the novels of the period the dilemma was felicitously solved by the discovery, on the last page, that the apparently penniless heroine was really a great heiress. But in real life young men who hoped for this denouement were apt to be disappointed. Prudent parents, while admitting that their daughters should marry for love, took care that all the young men they met should be rich. This method was sometimes very successful; it was adopted, for example, by my maternal grandfather, who had a large number of romantic daughters, none of whom married badly.
In these days of psychology the matter no longer looks so simple as it did eighty years ago. We realise now that money may be the cause, or part of the cause, of quite genuine love; of this there are notable examples in history. Benjamin Disraeli, who became Lord Beaconsfield, was, in his youth, poor and struggling and passionately ambitious. He married a rich widow, much older than himself, and considered by the world to be rather silly. Owing to her, he was able to make his career a success. A cynical world naturally assumed that he loved her money better than he loved her, but in this the world was mistaken ; throughout the whole of their married life, he was deeply and genuinely devoted to her. I do not suppose he would have loved her if she had been poor when he first knew her, but the gratitude which he felt for the help which he owed to her kindly interest in him easily developed into a sincere affection. A great deal of affection is based upon the fact that its object is a help in realising the purposes of the person who feels it. Men in whom ambition is the leading passion are likely to love women who assist them in their career, and it would be very shallow psychology to suppose that the love is not real because it has its instinctive root in self-interest.
An even more notable instance than Disraeli is Mohammed. As everyone knows, he was camel-driver to a rich widow whom be loved and ultimately married. It was her capital which supported him throughout the early unremunerative years of the prophet business. Mohammed was not the man to give an exclusive devotion to any one woman, but there is no doubt that, within the limit set by polygamy, he was genuinely fond of his wife and benefactress.
I have taken examples where the man was poor and the woman rich, but in a world dominated by men the opposite is the commoner case. The psychology, however, is much the same. If a very rich man asks a very poor girl to marry him, she is likely, especially if she has social ambitions, to feel a kind of gratitude which will lead her to fall in love with him, provided he is not too repulsive ; at any rate, he will need a smaller degree of personal attractiveness than a poor man would need.
To him that hath shall be given ; wealth can often purchase not only the semblance of love but its reality. This is unjust and undesirable but nonetheless a fact.
★2002年3月の言葉★格言集へ